わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

活動の記録の最近のブログ記事

 

春の展覧会にて使用する、ボディーをお借りしてきました。

 

今回も、株式会社 京屋様に依頼。

希望通りの品々を、揃えて頂きました。感謝!

 

 

 

P1170714.JPG

   展覧会では、この 6 点と、

   アトリエの 1 点を合わせて、

   計 7 点を使用します。

  

   アトリエの応接間が、

   一気に賑やかになりましたよっ!

 

   

 

 

 

 

 

先ずは、むき出しになった鉄製の支柱や台座、等を、市販の和紙で覆って、

「帰森」作品との調和を図ります。

 

また、野外で使用する為、お借りしたモノが傷まないように

様々な細工を施していきます。

 

展覧会まであと20日・・・。素敵な空間をイメージしつつ

楽しんで準備を行っています!

 

 

展覧会のリーフレット配布の続きです。

P1170683-001.JPG

 

 

 

 

周南市は・・・、

「周南市美術博物館」 に置かせて頂きました。

 

中庭の、池と新緑の取り合わせが

清々しく、気持が和みます。

※許可を得て撮影しています。

 

P1170678.JPG

 

 

 

 

    桜並木に点在する街灯は、

    この街のセンスの良さ

    象徴している様でした。

 

 

 

 

 

その後、下松市にある、祖父母の菩提寺に、

展覧会の報告を兼ねてお参りもしてきました。

 

米泉湖にて

 

P1170691.JPG

 

 

肌寒い雨の日曜日でしたが、出合った人々の温かさが心に残る一日でした。

 

 

 

尚、先日訪れた山口市は、以下の場所に置かせて頂いています。

山口県立美術館、山口県立図書館、YCAM、

クリエーティブスペース赤れんが、ラ・セーヌ(Gallery)

 

 

どうか、素敵なご縁があります様に・・・。

 

 

 

春の展覧会のリーフレットを、先ずは周防国分寺さんへ100部 お渡しし、そして本日・・・、

アトリエのお客様方や友人達へ郵送した後、防府市内の主な施設に配布して来ました!

 

 

配布先は以下の通りです。

 

P1170670.JPG

   防府市役所、

   防府市地域交流センター アスピラート、

   ルルサス防府、

   防府市まちの駅 うめてらす、

   幸せますステーション スマイル防府、

   毛利ミュージアムショップ

             ギャラリー舞衣、

 

 

 

 

 

尚、山頭火ふるさと館は休館だった為、明日以降に配布を予定しています。

 

気持ちを込めて、丁寧に作成したので、

たくさんの方々にお読み頂きたいと思っています。

 

どうぞ宜しくお願い致します!

 

 

 

 

女子会の友人からチケットを頂き、P1160771.JPG

演劇の鑑賞に行って来ました!

 

ここは山口情報芸術センターです。

演劇を観るのは本当に久しぶり・・・

ワクワク。

 

 

 

 

カンパニーデラシネラ

   『 ドン・キホーテ 』

 

  原作 : ミゲル・デ・セルバンテス

  テキスト : 山口 茜

  演出 : 小野寺 修二

 

 

 

P1160767.JPG

  

   作品はコロナ禍の影響を受けて、

   台詞を完全カット!

 

   美しい身体表現と、最小限の小道具と音響、

   そして印象的な照明のみで、

  『ドン・キホーテ』 の不思議な世界観を

   見事に演出しておられました。

 

   

 

 

 

 

 

公演後、演出の小野寺氏曰く・・・、

「今回は表現者として、コロナ禍の中で何が出来るのか?

様々な試行錯誤を繰り返しつつ、スタッフの皆で懸命に創り上げた演目」

・・・と言う事でした。

 

 

 

作品自体の完成度の高さはもとより、表現者としての使命感や

意気込みまでもが伝わってくる、そんな清々しい舞台でした。

 

 

誘ってくれた友人Mや、同行してくれた友人Kちゃんにも

心から感謝します。本当にいつもありがとう!

 

活動の記録 ― 写真展 ―

 

以前、様々なイベントでお世話になった、

倶楽部SEI の方々による写真展が、山口市で開催されています。

 

 

 

P1160718.JPG  写真楽園 Club SEI

  第2回 山口フォトゼミナール展

 

    「 13の言の葉 」

 

 

     日時 : 9月2日 (水) ~  9月6日 (日)

           9:00 ~ 17:00 

     場所 : クリエーティブスペース 赤れんが

 

 

 

 

 

 

会場には、個性豊かな13名の写真家の方々の作品がズラリ・・・!

添えられている「言の葉」と、展示空間の美しさが、特に印象的でした。

 

 

今週の日曜日まで開催しておられますので、

お近くの方は、宜しかったら是非お出かけください!

 

 

素敵な絵画展のお知らせです!

 

P1160634-001.JPG

 

     守 山 幸 伸 展

 

日時 : 8月19日(水)~ 24日(月)

     10:00 ~ 17:30

場所 : ふじた画房 2Fギャラリー

     宇部市 朝日町 2-25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

守山さんならではの、不思議な世界が広がっていきます。

今の世の中を背景に鑑賞されると、また一層、興味深い事でしょう。

 

お近くの方は、是非どうぞ!

 

ご盛会をお祈り致します。

 

活動の記録 ― 七夕 ―

 

先日、防府天満宮の 「七夕まつり」 に行って来ました!

 

 

 

P1160581.JPG  昨年までは、願い事を書き込んだ短冊を、

  天満宮さんへ郵送する方法で

  祈願していたのですが、

  今年は直接の参拝となりました。

 

  

 

  この 「七夕まつり」 では、数年前から

  参道の 「傘玉アート」 が話題になっており、

  今回はその見学も兼ねています。

 

 

 

 

 

 

6本のビニール傘で形成された球に、LEDライトが内蔵され、

その数、十数個! 雨の参道に幻想的な景が拡がります。

 

 

P1160575.JPG

 

 

 

 

 

毎年、ライティングに様々な工夫がなされており、P1160576.JPG

今年はライトの色が数秒ごとに、一斉に変化します。

 

         amazing!

 

色による空間の変容が、人々を飽きさせない様でした。

 

 

 

 

 

 

 

P1160577.JPG

 

 

 

 

 

     さらに、このインスタレーションは、

     傘を生産している地元企業とも

     コラボレーションしており、

     地域産業の活性化という点からしても、

     とても良く考えられた企画だと思いました。

 

 

 

 

 

行事 + 空間構成 + 持続性 + 地域産業とのコラボレーション ・・・ets.

色々と参考になりました!

 

 

 

 

 

『羊と鋼の森』( 著者:宮下奈都 ) の原作を購入。

装丁の絵は、「サフォーク」 という品種の羊たち。

 

 

 

 

P1160019.JPG  肉用種で、

  この本のテーマを考えると、

  若干異なる様に思いましたが?

  頭の黒い部分が、ポチポチと

  アクセントになっていて、

  可愛いデザインに

  仕上がっています。

 

 

 

 

 

文面の所々では、美しく描写された「 森 」が登場し、感激!

自らの森の記憶を呼び起こしつつ、読み進めています。

 

 

「 帰森 」 シリーズのコンセプトと重なる部分もあり、

制作上の参考文献としても、貴重な一冊となりそうです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

※「 帰森 」シリーズの詳細は、この HP の Works ページをご覧下さい。

 

 

下記の通り、公開シンポジウムが開催されます。

 

 

 

P1150994.JPG文化コーディネート論 公開シンポジウム

文化維新 from やまぐち

 

     日時 2018.7.23

     開場・展示 18:00 ~

     開演     18:30 ~ 20:00

     場所 菜香亭     入場無料

     

 

 

 

 

パネラー

岡田 実  (山口県立美術館長)

片山 涼子 (アトリエa.p.r 主宰、服飾デザイナー)

大和 保男 (陶芸家、山口県立大学特別栄誉教授)

文化コーディネート論受講生

 

コーディネーター

水谷 由美子 (山口県立大学大学院国際文化学研究科教授)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

明治維新150年に当たる今年、文化維新をテーマとしたシンポジウムが開催されます。

今回は、Y-FATI メンバーの片山さんがパネラーとして参加し、

服飾を通して行ってきた、これまでの地域活動を紹介する予定です。

 

お近くの方は、是非ご来場くださいます様、お願い致します。

 

 

 

 

 

 

調律師鍵 (けん) 打つたびに目瞑 (つむ) りて木深 (こぶか) き音を聴きゐる如し

久葉 堯

『海上銀河』 昭和62年

 

 

 

※ 久葉 堯(くば たかし) 本名、重村 弘之

山口県生まれ (コスモス短歌会)

 

 

 

 

イメージ画像

 

20年以上も前に出合った短歌作品です。P1050715.JPG

静謐な時間が美しく凝縮されている・・・と、

感銘を受けた記憶が在ります。

 

この世界観を小説で表現した様な作品が、

2016年、第13回本屋大賞を受賞しました。

『羊と鋼の森』 (宮下 奈都)

出版社 :  文藝春秋  (2015/9/11)

 

原作を未だ読まないうちに、

映画が出来てしまい、この作品だけは、

見逃してはタイヘン・・・!と、

数年ぶりにイオンシネマに行って来ました。

 

 

 

 

 

 

P1050732.JPG

 

 

 

 

映像、音楽、言葉、ets ・・・、

全てに於いて、本当に美しい映画でした。

 

五感の全てが、清らかな水で濯がれてゆく感覚・・・。

 

 

 

P1050735.JPG

 

 

 

 

ご自身がお持ちの、森の記憶と重ね合わせつつ、

どうぞご鑑賞下さい。

 

 

 

 

月別 アーカイブ