わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2022年2月アーカイブ

 

ゆふぐれの茜の雲を粉々に揺さぶり楠の巨木は立てリ

浅田陽子

『青潮』2017年1月号

 

 

 

 

P1190313-001.JPG

  

   今日は温かな一日でした。

   

   国分寺様を訪れる方(かた)も多く、

   春の訪れを感じました。

 

 

 

   しかし、視点を国外に向けると・・・、

   極めて残念で悲しい方向へと

   事態は向かっている様です。

  

 

   

 

 

 

 

不安や恐怖に怯えつつ暮らしておられる人々に、

平穏な日常が一刻も早く訪れる様、切に願うばかりです。

 

 

 

「道真忌」  である 2月25日(昨日) 美しい詩集がポストに届きました!

 

 

 

 

         『境域と牧歌』

 

P1190357.JPG

         

           著者 : 岡田  隆

           装丁 : 西田優子

           発行 : 港の人

 

 

     本来のカバーは上部が数センチ

     カットされていて、表紙との堺は

     まるで結界のようにも見えます。

 

 

 

 

 

 

 

おもむろに帯を剥がすと、

AH!フリードリヒの虹が・・・ Beautiful!

 

 

P1190370.JPG

 

 

 

言葉は勿論、調べやリズムを大切に詠われた作品の数々・・・、

黙読ではなく声に出して読み上げ、その響きを楽しみたいと思います。

 

大切な一冊をお分け頂き、本当に有難うございました!

ゆっくりと丁寧に読ませて頂きます。

 

 

 

昨夏の断捨離の際に発見した、涅槃図の修復が完了しました!

 

 

             Amazing!

 

P1190362.JPG

  

 

  今回の修復は・・・、

  天地(総縁)の箇所を新しくし、

  全体の補強もお願いしています。

 

  新たな天地の生地は、

  一文字、中廻しとの色彩の

  バランスも見事で、

  とても美しい軸に甦りました!

 

  

 

 

 

 

 

 

きっと、描いた祖父も喜んでいる事でしょう。

※ この涅槃図を完成させた6年後に、祖父は他界しています。

 

P1190367.JPG

P1190366.JPG

 

 

 

 

当分の間は仏間に飾って、祖父母や父母に修復の報告をしたいと思っています。

 

 

いつも丁寧に仕上げて頂き、ありがとうございます!

井上表具店  井上翠峰様 (表具一級技能士・京表具師) に心から感謝致します。

 

 

山口県内に発令されていた、まん延防止等重点措置の解除に伴い、

アトリエの公開を通常どおり、予約制にて行う事になりました。

 

 

 

P1190341.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁度、北庭の梅も咲き始めましたので、ご都合宜しければ、

どうぞお越しください。お待ちしています。

 

 

P1190346.JPG

 

 

 

尚、未だ収まらないコロナ禍を考慮して、

4名様以内でお越し頂けます様、ご協力をお願い致します。

 

AH! ― お雛様 ―

 

 

P1190333.JPG

   わが家のお雛様です。

   今年もフルメンバーが登場!

   賑やかな床の間になりました。

 

 

   掛け軸は桃?ではなくて梅。

   

   画家の K ちゃん曰く・・・、

 

   桃の枝ぶりは真っ直ぐで、

   絵になり難いからねぇ~。(納得)

   

 

 

 

 

 

 

P1190334.JPG

 

 

 

こちらは脇役の方々・・・。各々がお持ちの細かい道具類にも注目です!

(よう作っちゃるねぇ~)

 

 

P1190339.JPG

P1190337.JPG

P1190338.JPG

P1190336.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは母のお雛様。昭和初期の頃のモノ・・・。

今年は仏間に飾って楽しんで頂いています。

 

 

 

P1190323.JPG

 

 

 

 

春の気配を感じつつ、今年もわが家のお雛様に会えた事に感謝しました。

 

 

AH! ― 手作りジャム ―

 

朝食のジャムは手作りを心掛けています。

いつもはイチゴかリンゴを使用しますが・・・、

 

 

 

P1190350.JPG

  今日はリンゴとキウイの

  ミックスジャムを作ってみました!

 

  煮詰めていくと・・・、

  キッチンには

  甘酸っぱい香りがひろがり

  食欲をそそります。

 

 

 

 

 

 

寒い日のジャム作りは、体感温度が上がるだけでなく気持ちも温かくなります。

まだまだ寒い日が続きますが、どうぞ皆様、お体を大切にお過ごし下さい。

 

 

 

AH! ― 晩冬の山口 ―

 

今日はお天気も良く、久しぶりの散策を楽しみました。

ここは山口市 一の坂川、風情のある町並みが続きます。

 

 

 

P1190295.JPG

  晩冬の空を映して、

  静かに流れてゆく川の水を眺めつつ、

  平穏だった頃の日常を想いました。

  

  

 

 

 

 

P1190299.JPG

 

  

  

 

 

 

 

    こちらはパークロード。⇒

    通常であれば、

    美術館に立ち寄るところですが・・・、

    時勢を鑑みて遠慮。

 

 

 

 

 

 

P1190303.JPG

 

 

 

晩冬の空を仰ぎつつ、穏やかな春が訪れます様に・・・、と祈りました。

 

 

 

山口県立大学大学院 合同研究発表会が、

山口市 「クリエーティブスペース 赤れんが」 に於いて開催されています。

 

 

 

P1190292.JPG

   現在のコロナ禍を鑑みて・・・、

   一般公開は中止との事でしたが、

   私達、修了生は入場可能! Lucky!

 

   お世話になった院生の T さんにも

   丁度お会い出来たので、

   作品の解説をして頂きました。

 

   

   

 

 

T さんご本人から、このブログ掲載の許可を頂きましたので、

以下の通り、素晴しい研究の成果をご紹介をさせて頂きます!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「体に優しい、草木染めのある衣服とサスティナビリティの研究」 

国際文化学研究科 修了課程 田村 奈美

 

 

 

★ 藍染めの工程パネルと、藍染めの服飾作品

P1190286.JPGP1190285.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 茜染めの工程パネルと、草木染めの作品

P1190281.JPG

P1190283.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 研究要旨パネル

P1190287.JPG

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

草木染めならではのナチュラルな色彩と、美しいシルエットが印象的な作品群で、

「体に優しい衣服を・・・」 という作者の優しい思いが伝わってくる

清々しい展覧会でした。

 

 

ご発表おめでとうございます! そして3年間・・・、本当にお疲れ様でした!

田村さんの益々のご活躍を心からお祈りいたします!

 

 

AH! ― 栄養満点? ―

 

以前、消化器系を患った関係で食べられない食材が多く、献立に困る事もありましたが・・・、

今では色々と工夫して食事を楽しんでいます。

 

 

 

P1190308.JPG

  ★ 本日のメニュー

 

   ・ 野菜煮込みハンバーグ

   ・ オレンジカリフラワーと

        ブロッコリーのサラダ

   ・ 刻み梅干入りご飯

 

 

 

 

 

 

ご心配頂き、ありがとうございます。

お蔭様で元気に暮らしています。

 

毎年この時期に開催されるイベント、「山口県立大学 大学院 合同研究発表会 」 は、

現在の新型コロナウイルス感染状況を鑑みて、一般公開の中止が発表されました。

 

日時 : 2月11日(金・祝)~13日(日)    一般公開 中止!

場所 : クリエーティブスペース 赤れんが

 

 

 

P1040625.JPG

   今回は 、色々とお世話になった

   M ゼミの院生の方もおられるので、

   是非お祝いに・・・、と思っていただけに、

   とても残念です。(T_T)

 

 

   多分、

   発表を予定しておられた方々は

   もっと落胆されたでしょうし・・・、

 

 

 

 

 

 

その方々をサポートしてこられたご家族、ご友人達も、きっとガッカリされた事と胸が痛みます。

 

 

 

 

予定や計画、期待や希望が、コロナ禍によって失われてしまう事が

日常化してしまった現在に於いて、どのように暮らしていくべきか?

 

ナカナカ ムツカシイ所です。

 

P1160777.JPG

 

コロナ・・・収まり給え!

 

 

月別 アーカイブ