わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2022年1月アーカイブ

 

逆光に松林あり 黒きその塊の果て海の輝く

 

浅田陽子

『青潮』2017年5月号

 

 

 

 

P1140179.JPG

 こちらも山口県 光市、

 2017年1月の海です。 

 

 冬の海は何となく・・・、

 金属の様な硬質な印象があります。

 

 

 

 

 

 

この作品は・・・、画像の砂浜の手前に松林があり、

その中に在るカフェレストランから見た景を詠んだものです。

 

古いストーブが一台だけある店内に他のお客さんはおらず・・・、

いかにも夏季仕様のお店、といったカンジでしたが、

松林越しに見える切れ切れの海が美しかった事を憶えています。

 

 

 

 

 

 

 

砂浜の砂の張り付く窓白しカフェレストラン 「ボートハウス」 は

浅田陽子

『青潮』2017年5月号

 

 

 

 

かつて、光市を訪れた時の一連の作品より、

VOL.186 と合わせて・・・、三首をご紹介しました。

 

※このほか、VOL.159  でも三首、この光市の海岸で詠んだ作品を掲載しています。

 

 

 

瀬戸の海を見下ろす丘に 「さきがけ」 と呼ばれて咲きぬ一月の梅

浅田陽子

『青潮』2017年5月号

 

 

 

 

P1140192.JPG

 山口県光市の 「冠梅園 」から臨む

 瀬戸内海です。

    ※ 2017年1月の画像より

 

 この 「さきがけ」 と呼ばれていた梅は

 確か紅梅だった様な・・・?

 

 

 

 

 

和歌で「花」と言えば「桜」を指しますが、私は梅の花をよく詠みます。

母曰く 「生まれて最初に見た花が、ウチの北庭の梅だったからカモよ~」

 

確かに・・・。

 

 

新型コロナウイルス感染者急増に伴い、防府市でも

不要不急の外出自粛が呼びかけられるようになりました。

※現在、市内の全小学校は一斉臨時休校です。

 

 

 

この様な時勢を鑑みてしばらくの間、当アトリエ訪問を希望される、

新規ご予約の受付は見合わせたいと思います。

大変申し訳ございませんが、どうぞご了承下さいます様お願い致します。

 

 

申し訳・・・.JPG

 

 

 

 

尚、既にご予約を頂いておりますお客様方の今月のご訪問は、

感染対策をしっかりと整えてお待ちしておりますので、

ご都合宜しければどうぞお越しください。

 

AH! ― 春の庭ⅰ ―

 

寒い日が続いていますが、わが家の庭には既に春の花が咲き始めています。

 

 

北庭にて・・・

 

P1190255.JPG

  大寒以降、日に日に蕾がふくらみ、

  今週あたりからポツポツと・・・、

  小さな灯りをともす様に

  紅梅が咲き始めました!

 

 

It's very cute!

 

P1190275.JPG

 

 

 

 

畑では・・・、二種類の水仙が咲き始めました。

オーソドックスな水仙 & 八重咲きの水仙

 

P1190263.JPG

P1190260.JPG

  

   

  どちらも

  とても良い香りです ❤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水仙の花は、ギリシャ神話の 「ナルシス」 (美少年) が由来している為、

花言葉は  『自己愛』   『うぬぼれ』  等・・・。

 

あまり良い印象ではありませんが、美少年が自己陶酔の果てに化した花、と思えば

何となく哀しい美しさが漂ってきます。 mysterious!

 

 

モウすぐ2月・・・、寒さはまだまだ続きそうです。

 

AH! ― 自然栽培! ―

 

こちらは無農薬、無肥料で育てられた大根です。

自然農法にこだわって畑作をしている友人から頂きました!

 

 

 

 

P1190252.JPG

  通常の大根と比べると、

  かなり小さめのサイズですが、

  お味はビックリするくらい濃厚!

 

  大根本来の旨味がギュッと

  凝縮されている様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風味を損ねないように、今日はシンプルに調理しました。

 

 

P1190270-001.JPG

 

 

貴重なお野菜をありがとうございました。 

美味しくいただきました。ごちそうさまでした!

 

 

AH! ― 初詣 ―

 

遅ればせながら・・・、初詣に行って来ました!

ここは、防府天満宮です。

 

 

P1190223.JPG

 お正月の飾りと、

 昨年のお守りを

 お納めして・・・、 

 

 今年の無事を祈願しました。

 

 

 

 

 

 

 

P1190225.JPG

 

 

 

 

 

  3年前(コロナ禍前)ですが・・・、

  三が日にはこの階段に人が溢れ、

  身動きできない状況だったと

  記憶しています。

  

 

 

 

 

 

今日は参拝のお客様も少なく、ゆっくりとお参りをする事が出来ました。Lucky!

※ 天満宮のサイトで、「現在の混雑状況」を確認できます。

 

 

P1190230.JPG

 

 

 

境内には、約16種類、1100本の梅の木が植えられているそうです。

2月20日から開催される 「梅まつり」 も、今から楽みですね。

 

制作の記録 ― ハート ―

 

あるプロジェクトに於いて、メンバー各々が、

赤いハートマークを 1 点づつ、提出する事になりました。

描く材料は、クレヨン、絵具、色紙、等・・・、特に限定はなく、極めて自由。Lucky!

 

 

ならば淺田は、

P1190213.JPG

ニットで・・・という事で、

押し入れから、赤い糸をチョイス。

絹糸、木綿糸、ラメ糸の 3 種類です。→

 

 

P1190187.JPG

 

 

 

 

  先ず、木綿糸を3本どりにして、

  ハート型を編み・・・、ピン打ちをして・・・、

  アイロン掛けを行います。

 

 

 

 

 

 

絹糸で編んだ縄編みのパーツと、ラメ糸を用いた玉編みを取り付けたら、完成!

 

ジャーン!

 

P1190198.JPG

 

 

 

最近、ダークで渋~い色彩の糸しか使用していなかったので、

赤色使用&ポップなデザインはとても楽しく・・・、気付けば明け方。 (◎_◎;)

 

 

 

このハートが、どのように活用されるのか?今からとても楽しみです。

企画して下さった M ちゃん、どうぞ宜しくお願い致します!

 

尚、このプロジェクトの完成は、3 月中旬頃を予定していますので、

またその頃に、ご紹介させて頂きます。

 

 

 

今年の春に、周防国分寺様のライトアップ期間を活用して、

素敵なイベントが開催される予定です。

 

 

仮タイトル : 音楽と詩の夕べ 

~ 「帰森」その後 ~

 

コンセプトは、「 新緑との交響 」

 

 

 

P1190185-001.JPG

 

   当アトリエでは、

   連絡係や企画運営など・・・、

   昨年の経験を活かして

   諸々のサポートをさせて頂きます。

 

 

   このライトアップ期間が、毎年

   文化的な空間へと展開されていく様、

   祈念致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

尚、新型コロナウイルス感染状況によっては、来年に延期される場合もあります。

どうぞご了承下さい。

 

 

詳細はまた、このブログでもご紹介させて頂きますので、

今後共、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

年末年始を慌しく過ごし、やっと自由な時間がとれたので、

久し振りにBSシネマを楽しみました。

 

 

「ブレードランナー 2049」(1月4日放映)

近未来を描いたSF映画です。

 

※ 画像はイメージです

 

1H5A0034-001.jpg

  製作国 : アメリカ

  制作年 : 2017年

  監 督 : ドゥニ・ヴィルヌーヴ

  主 演 : ライアン・ゴズリング、

         ハリソン・フォード、他

 

  ※ アカデミー撮影賞、

      視覚効果賞、受賞

 

 

 

 

 

冒頭から終盤までほとんどが、無機質な色彩の映像で構成され、

現在の社会が抱えている様々な問題を暗喩したストーリー設定は、

本当の未来を予知しているかのようで、とても不気味でした。

 

 

そんな中で・・・、

地面に供えられた橙色の小さな花や、

バーチャルではあるものの緑豊かな森の映像はとても美しく、

ささやかな希望を象徴しているようにも思えました。

 

私はモウ存在していませんが、100年後、200年後の未来が

色彩豊かであります様に・・・❤・・・と、 祈りました。

 

 

 

 

P1020919.JPG

新緑(院棟入口.JPG

P1070022.JPG

P1090440.JPG

 

 

 

 

 

※画像はイメージです。

 

皆様、あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

P1190183.JPG

  新年を迎え、これまでの活動を振り返ると、

  正に、 「起承転結」 という言葉が、

  ピタリと当てはまりました。

 

 

 

  「起」・・・ 三十代で作家活動を開始し、

  「承」・・・ 四十代で活動を全国展開していき、

  「転」・・・ 五十代で大学院へ入学、

  「結」・・・ そして今年から六十代・・・?

  

 

 

 

 

 

周防国分寺様 山門前の門松

 

 

P1190172.JPG

  

   「結」 ・・・、即ち、これまでの活動を

   いかにして締め括るのか?

 

   ナカナカ ムツカシイ所です。

 

 

   とりあえず、この10年間、手掛けてきた

   「帰森」 シリーズを、キチンとした文章、

   「研究報告書」 としてまとめ、

   どこかで発表させて頂く事を目標に、

   頑張ってみようかなぁ~等と、思っています。

 

 

 

 

 

 

★ 尚、「帰森」シリーズの詳細を更新しましたので、宜しければ・・・、

このサイトの  Works ページ をご参照下さい。

 

 

 

月別 アーカイブ