「Kishin」

“Kishin” is a word coined to mean “to return to the forest” as if going back to one’s hometown looking for warmth.
Since the Great East Japan Earthquake on March 11, 2011, the harmony between nature and humans has increasingly come into focus. I have been close to nature since childhood, and the wondrous power of forests particularly attracts my attention, and supports and heals me.
The artworks of the Returning to Forests series are based on the concepts of “return to nature” and “regeneration of the soul” and are made entirely of plant fiber materials, including cotton and linen, as well as paper mulberry and oriental paper bush, materials used to make Japanese paper. The artworks represent various phenomena and anecdotes associated with forests. I would feel honored if an intrinsic way of life, respecting and living nestled close to nature, can be found in these works.

「帰森(きしん)」

「帰森」とは、“人々が温もりを求めて帰郷する様に、森に帰っていく”という意味の造語です。

2011年3月11日に起こった東日本大震災以降、急速に自然と人間との調和が重視されてきましたが、作者は幼い頃より自然に親しみ、特に、森の持つ不思議な力に引き寄せられ、支えられ、癒されてきました。

この「帰森」シリーズの作品は、「自然回帰」や「魂の再生」をコンセプトとし、綿や麻、また和紙の原材料である、楮(コウゾ)や三椏(ミツマタ)等、すべて植物繊維を使用し、森に関わる様々な事象や逸話などを編み技法で表現しています。

これらの作品から、「自然を敬い、
自然に寄り添って生きる」という
人間本来のライフスタイルに注
目して頂けたら幸です。

            淺田陽子








■ 山口県立大学大学院 修士制作展
          山口市 クリエーティブスペース赤れんが 2013.1.31~2.3

「帰森(きしん)」
― 地域資源と植物素材を用いたニットによる服飾造形と空間構成 ―

photo : A.Kawai

「帰森Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」

  • 「帰森Ⅴ・Ⅵ・インテリア作品」

※これらの展示作品は全て徳地手すき和紙を用い、ニットとの融合を図り仕上げています。 

■ クリスマス ファッションショー vol.8
              山口県立大学講堂 桜圃会館 2011.12.18

photo : A.Kawai

model : Tatjana Sevi & JinsoL

「帰森Ⅰ・Ⅱ」

Christmas fashion show vol.8

※これらの作品画像のコピーを禁止します。