浅田 陽子(あさだ ようこ)

編み表現による無限の可能性 の追求と、「編み」の普及に努めて参りました。
海外から伝わってきた「編み」の技法に、日本人ならではの感性を加えた、「独自のニット世界」を確立させる為に、個展形式での制作活動を続けています。

アトリエ 「イマジネーション」

1994年、自宅を兼ねた仕事場をアトリエ「イマジネーション」として作家活動を始めました。
一貫したスタイルとしては・・・その時々に抱いた感情をテーマに、自然界の様々なものからヒントを得、独自の想像世界を「編み技法」で表現しています。
また、アトリエ オリジナルの販売作品は、デザインから仕上げまでを全て浅田が担当し、細部にまでこだわった一点物を手掛けています。 アトリエは通常非公開ですが、予約制にて販売やスクール等で使用することもあります。

作家略歴

  1961年 山口県防府市に生まれる
  1982年 京都女子大学短期大学部卒業
  1984年 幼稚園教諭の傍ら、趣味の1つとしての編物を習い始める
  1988年 編物に専念するために幼稚園を退職
その後、数々の編物免許を取得 ニットコンクール等の入賞
  1994年 アトリエ「イマジネーション」として作家活動開始
山口県毛利邸内「ギャラリー 舞衣」にて初の個展開催
  1998年 大阪、梅田「ギャラリー ま・たんと」にて個展
  2000年 (財)全日本編物教育協会主催
全国編物コンクールにて文部大臣奨励賞(1位)受賞
愛媛、松山「ギャラリー タナカ」にて個展
  2002年 福岡、天神「ギャラリー おいし」にて個展
  2004年 東京、京橋「千疋屋ギャラリー」にて
アトリエの10周年を記念する個展「たまきはる…」を開催
  2005年 山口県毛利邸内「ギャラリー 舞衣」にて「たまきはる…in山口」を開催
  2008年 京都、四条河原町「ギャラリー マロニエ」にて
「Knit Art展」 ―脱ぎ捨ててきし衣のごとしも― を開催
  2010年 山口、一の坂川沿い「ギャラリー ラ・セーヌ」にて個展
  2011年 4月 山口県立大学大学院 国際文化学研究科に入学
8月 フィンランドのラップランド大学とアールト大学にて作品発表
  2012年 8月 台湾高雄市にて行われた国際服飾学術会議 「Art-to-Wear」 にて作品発表
11月 フィンランドのラップランド大学にて行われた合同研究であるワークショップに参加
  2013年 1月 山口市クリエーティブスペース赤れんがで開催された修士制作展にて作品を発表
3月 山口県立大学大学院 国際文化学研究科 修士課程修了

現在、(財)全日本編物教育協会審査員会員  山口県防府市在住

アトリエのご紹介

  アトリエ アトリエ「イマジネーション」 浅田 陽子
  所在地 〒747-0021 山口県防府市国分寺2-6
  TEL・FAX 0835-22-5407
  E-Mail こちらのフォームメールよりご連絡ください。