わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

台湾!の最近のブログ記事

 

國際服飾學術會議

International Costume Congress Art-to-Wear Exhibition  の開幕です。

國立科学工藝博物館 北館 宇宙之星廣場にて・・・

 

 

 

P1060119.JPG

 

P1060117.JPG

 

 

 

             「帰森」

―和紙と植物素材を用いたニットによる服飾造形― 

 

 

P1060151.JPG  

 

       徳地の手すき和紙を、

       しっかりと台湾の方々にご紹介してきました。

 

P1060127.JPG 

 

 

 

 

※プロの方に撮っていただいた画像を掲載しますね。

 

 

 Photo : A.Kawai

 

 

 Front

 

帰森 Front.jpg

 

 

 

 

 Back

 

帰森 Back.jpg 

 

 

 

 

 KISHINreturning to the forest

― Knit Garment Design Emplying Japanese Paper and Plant Material ― 

 

 

 

 

 

制作はタイヘンでしたが、またひとつ宝物が増えました。

 

 

 

P1060298.JPG

 

 

 

 

暑い暑い台湾での6日間が終わりました。

旅の間中、私の健康を気遣ってくださった皆様、

本当にありがとうございました。

 

また、この素晴らしい学会にお誘いくださいました、

ゼミのM先生に心よりお礼申し上げます。感謝! 

 

 

國際服飾學術會議はここ、

國立科学工藝博物館 南館 で行われました。

P1060274.JPG 

 

 

P1060271.JPG 

 

 

 

 

 

華やかな飾り付けが、とても印象的です。

 

 

P1060275.JPG

 

P1060272-001.JPG

 

 

 

 

会場の入口正面には、美しい民族服がずらり・・・

細かい金細工が文化の豊かさを物語っています。

 

 

 

P1060276.JPG

 

 

 

 

 

P1060208.JPGティータイムでは、

ボランティアの学生さんたちが大活躍!

美味しいお菓子をありがとうございました。

 

トイレにはカワイイマークが・・・

 

P1060270.JPG

 

 

 

 

口頭発表では・・・

様々な角度からファッションについての研究が紹介され、

実に興味深い2日間でした。

 

また、韓国の発表者の方々のセンスの良いパワーポイントの使い方が、

とてもいい勉強になりました。

 

感謝!

 

 

 

午後から、衣装展の準備をする為に、

國立科学工藝博物館北館の宇宙之星廣場へ・・・

 

 

 

 

 

P1060183.JPG先ずは会場の素晴らしい空間にびっくり!

地球をイメージした球のオブジェが

圧倒的な存在感を示しています。

 

このロケーションを利用して、

作品「帰森Ⅲ」を展示。(ナンカ、ええかんじ~)

 

 

P1060098.JPG

 

 

 

P1060099.JPG

 

 

 

P1060150.JPG

 

 

 

 

 

 

他の国の方々の作品も揃い、準備完了です!

 

 

 

今日の午前中は、

仏光山の中にある「仏陀記念館」の見学が予定されていました。

 

P1060086.JPG

 

 

 

 

P1060089.JPG 

 

P1060091.JPGP1060090.JPG日本でいう狛犬・・・?

 

左にライオンの親子

右に象の親子

 

 

 

 

P1060093.JPG 広大な敷地内をめぐり、

 様々な展示物を見物するハズでしたが、

 

 アサダ、3日目にしてダウン・・・!

 ここでは入口近くのスターバックスで

 休んでいました。(残念)

 

 

 

 

 

しかし、昼食で頂いた薬膳料理の効き目があったのでしょうか?

午後から再び元気を取り戻すことが出来ました。感謝!

 

台湾! 2012.8.20 高雄へ

 

夕方、新幹線にて台北から高雄へ向かいます。

 

P1060077.JPG

    台湾の新幹線は、

    日本のものとほぼ同じ形をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

P1060078.JPG 台湾の夕陽です。一期一会・・・

 

P1060079.JPG

 

 

 

 

高雄のホテルは福華大飯店、

30階建てで、私の部屋は26階でした。絶景・・・!

 

 

P1060083.JPG

 

 

 

 

 

P1060104.JPG 

 

 

ここのホテルで、4日間楽しむことになります。(わーい) 

 

台湾! 2012.8.20 龍山寺

 

台北市内でひときわ目立つ建物がありました。

龍山寺です。

 

 

 

 

P1060066.JPG 華やかな色彩の門を入ると・・・これまた、

 華やかな回廊が続きます。

 

 

P1060070.JPG 

 

 

 

 

拝殿前には、多くの人々が体を地面に押し付けて、熱心に拝んでおられ、

その一心不乱な姿がとても感動的でした。

 

 

 

P1060068.JPG

 

 

 

P1060075-001.JPG

 

 

 

 

体が溶けてしまいそうなくらい暑い夏の午後、

人々の手向けた線香の煙の乳白色が印象的な、龍山寺でした。

 

 

山道をズンズン下って、再び台北市内へ・・・

近代的なビル群が続きます。

P1060042.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食後、中正紀念堂へ・・・

今回は、建物の装飾を中心に見学してきました。

 

 

 

P1060045.JPG

 

 

 

空の青に白い装飾がよく映え、実に美しい景を成しています。

 

 

P1060049.JPG 

 

 

P1060047.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根のそりの美しい建物の中は・・・

 

 

P1060052.JPG

 

 

 

 

やはり美しい装飾の天井空間が広がっています。

中心部分の藍色がとても印象的でした。

 

 

 

 

 

次は・・・お茶セミナー

 

 

P1060063.JPG大山茶藝教室にて

お茶のセミナーを楽しみました。

 

 

P1060065.JPG 

 

 

落ち着いたお茶の香りと、まろやかな味を堪能し、

次の場所へ向かいます。

 

 

ツアー2日目は、先住民族タイアル族の町、烏来(ウーライ)見学です。

バスで、ドンドン山道を登ってゆくと・・・

 

 

P1060035.JPG

     白滝の流れる

     美しい景色が現れてきました。

 

 

 

P1060034.JPG

 

 

 

 

先ずは、白滝を真向かいに臨む建物で、

タイアル族の民族舞踊鑑賞を楽しみました。

 

 

 

P1060036.JPG     

     建物の装飾が、

     独特の雰囲気を醸し出しています。

 

 

P1060041.JPG

 

 

 

 

 

 

山々に囲まれた烏来の町はどこか神秘的で、

舞踊に用いられた「ムックリ」に似た楽器の音色が、

いつまでも耳底に流れていました。

 

 

台湾! 2012.8.19 夜市

 

「台湾に行ったら、小籠包がおいしいよ~」・・・と

友人たちから何度もアドバイスを頂いていました。

 

 

 

 

P1060027.JPG今回のツアーでは、

小籠包の名店 「鼎泰豊」 での会食が

組み込まれています! (ワ~イ・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

P1060026.JPG

 

 

 

 

 

湯気のモアモア上がる蒸篭から、おいしそうなにおいが・・・

 

様々な具の小籠包が次々に運び込まれ、

卓上は、幸せのかたまり?状態です。(ワクワク)

 

千切りの生姜をたっぷりのせて頂くのが、新鮮な食感でした。

 

 

 

 

 

P1060028.JPG     異国の食文化を堪能した後は、

     士林夜市へ・・・

 

 

 

 

P1060030.JPG

 

 

 

 

 

様々な露天の店が並ぶ中、

カラフルな色彩の屋台に近づくと・・・フルーツのお店でした。

 

 

 

1日目は、台湾の雄大な歴史と、混沌とした大衆文化に触れる旅でした。

 

 

 

 

ここは、順益台湾原住民博物館です。

 

 

 

 

P1060017.JPG3Fの「服飾と文化」のコーナーでは、

伝統的な織物の衣装が、とても魅力的でした。

 

特に、各部族により

色彩や形式や文様が異なるところが、実に興味深く、

当時の息吹を肌で感じることが出来ました。

 

 

P1060018.JPG 

 

 

 

次に訪れたところは、今回のツアーで一番のお楽しみ・・・

國立故宮博物院です。

 

 

P1060019.JPG 

 

 

 

 

特に 「翠玉白菜」が有名ですが、他にも

気の遠くなるような精緻な技法の、彫刻作品群が圧巻!

展示会場は、不思議なエネルギーに満ち溢れていました。 

 

 

 

そして、その興奮を抱えたまま、ひとまずホテルへ・・・

 

P1060022.JPG 

 

 

 

台北のホテルは国賓大飯店です。

 

広々とした個室は大理石のインテリアが美しく、

落ち着いた雰囲気を醸し出していました。