わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

活動の記録 ― 『ドン・キホーテ』 ―

 

女子会の友人からチケットを頂き、P1160771.JPG

演劇の鑑賞に行って来ました!

 

ここは山口情報芸術センターです。

演劇を観るのは本当に久しぶり・・・

ワクワク。

 

 

 

 

カンパニーデラシネラ

   『 ドン・キホーテ 』

 

  原作 : ミゲル・デ・セルバンテス

  テキスト : 山口 茜

  演出 : 小野寺 修二

 

 

 

P1160767.JPG

  

   作品はコロナ禍の影響を受けて、

   台詞を完全カット!

 

   美しい身体表現と、最小限の小道具と音響、

   そして印象的な照明のみで、

  『ドン・キホーテ』 の不思議な世界観を

   見事に演出しておられました。

 

   

 

 

 

 

 

公演後、演出の小野寺氏曰く・・・、

「今回は表現者として、コロナ禍の中で何が出来るのか?

様々な試行錯誤を繰り返しつつ、スタッフの皆で懸命に創り上げた演目」

・・・と言う事でした。

 

 

 

作品自体の完成度の高さはもとより、表現者としての使命感や

意気込みまでもが伝わってくる、そんな清々しい舞台でした。

 

 

誘ってくれた友人Mや、同行してくれた友人Kちゃんにも

心から感謝します。本当にいつもありがとう!

 

月別 アーカイブ