わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2020年8月アーカイブ

 

裾から床面に拡がっていく箇所の布部分です。

 

P1160690.JPG

この布の縁を処理した後、

しわ加工させた和紙を縫い付けて、

支柱となるニット部分と縫合していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

P1160693.JPG

 

 

 

  

   それぞれのパーツを型紙上にて、

   パズルのように配置しながら、

   形成していきます。

 

 

 

 

 

 

 

今回の作品の見頃と袖は、「帰森Ⅲ」を、

裾から床面に拡がる部分は、「帰森Ⅶ」の技法を応用しています。

 

 

「帰森シリーズ」の集大成である「帰森Ⅷ」、

イメージ通りに仕上がるといいのですが・・・。

 

※この作品は、来年春の野外展覧会にて、展示を予定しています。

 

 

AH ! ― 『 ガス灯 』 ―

 

この春から、外出をあまりしない代わりに、

月に1回だけ、NHKのBSシネマを鑑賞して、気分転換をしています。

 

 

 

 

 

P1160672.JPG  今月(8月)選んだ作品は、こちら・・・、

  亡くなった父が大好きだった1本です。

 

  『 ガス灯 』 (1944年 アメリカ)

     監督 ジョージ・キューカー

     主演 イングリッド・バーグマン

         (アカデミー主演女優賞受賞)

 

 

 

 

 

 

 

ガス灯が使われていた頃のヨーロッパを舞台とした、サスペンス映画。

 

クールでモダンな雰囲気を醸し出す映像は、どの場面を切り取っても美しく、

ストーリー終盤に見せる、イングリッド・バーグマンの演技は圧巻!

当時のブルジョア階級の衣装や、室内装飾の華やかさは、目を見張るほどでした。

                             (アカデミー美術賞も受賞)

 

 

 

P1160676.JPG

 

 

 

 

※画像は、近所の美観地区の街灯。

ガス灯の様な趣(おもむき)はありませんが、

これはこれでとても美しい空間です。

 

Y-FATI ― R2年度 総会 ―

 

毎年、女子力が完全開放?される Y-FATI総会ですが・・・、

今年度はコロナ禍での影響を考慮して、リモートで開催されました。

 

 

 

 

P1160669.JPG   リモートミーティングは、何となく味気ない、

   といった印象がある反面、

   遠隔地のメンバーとも容易に繋がるという

   メリットもあります。

 

   これから始まる 「新たな生活様式」 に

   少しづつ移行していく、

   今年度の Y-FATI総会でした。

 

 

 

 

 

 

 

尚、Y-FATIは今年の冬、あるイベントの展覧会に参加させて頂く予定です。

※アサダは、展示担当者のサポート役を務めます。

 

詳しい内容は、このブログでもご紹介させて頂きますので、引き続きどうぞご覧下さい。

 

 

 

 

素敵な絵画展のお知らせです!

 

P1160634-001.JPG

 

     守 山 幸 伸 展

 

日時 : 8月19日(水)~ 24日(月)

     10:00 ~ 17:30

場所 : ふじた画房 2Fギャラリー

     宇部市 朝日町 2-25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

守山さんならではの、不思議な世界が広がっていきます。

今の世の中を背景に鑑賞されると、また一層、興味深い事でしょう。

 

お近くの方は、是非どうぞ!

 

ご盛会をお祈り致します。

 

AH ! ― 送り盆 ―

 

今日は送り盆の日です。

 

周防国分寺さんでは、P1160666.JPG

施餓鬼供養会が執り行われました。

 

 

例年であれば・・・、

本堂にてお参りさせて頂くのですが、

今年はコロナ禍の影響で、

参拝は不可、

仕方のない事です。

 

 

 

 

 

 

しばし、参道前の広場にて手を合わせて、お参り・・・。

酷暑の中、参道沿いの桜青葉の木陰が、とても有難かったです。

 

 

P1160665.JPG

 

 

 

 

 

今年は、境内の酔芙蓉も咲き始めており、

百日紅と同時に楽しむ事が出来ます。Amazing!

 

 

P1160658.JPG

 

 

 

P1160662.JPG

 

 

 

 

今日の御霊供膳はこちら・・・。

 

P1160651.JPG 本日のメニュー

 

 ・梅干しご飯

 ・南瓜と椎茸の味噌汁

 ・豆腐の白和え 枝豆入り

 ・じゃが芋と人参と厚揚げの煮物 

    ( ブロッコリー添え )

 ・湯剥きしたミニトマト

 

 

 

 

 

 

あっという間に、今年のお盆が終わってしまいました。

色々とお心遣いを頂き、ありがとうございました!

 

 

AH ! ― お盆 ―

 

朝早く、方丈様にお参りして頂き、P1160645.JPG

今年のお盆が始まりました。

 

 

 

 

 

北庭からの爽やかな空気と

清々しい 「おりん 」の音色が

清浄な空間を創り出してくれます。

 

 

P1160647.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御霊供膳はこちら・・・。

 

 

 P1160638.JPG〇 本日のメニュー 

  ・ ご飯

  ・ じゃが芋、人参、油揚げの味噌汁

  ・ キャベツとブロッコリーの酢の物

          (黒酢リンゴ使用)

  ・ 南瓜、厚揚げ、干し椎茸、枝豆の煮物

  ・ キウイのミント添え

 

 

 

 

 

たくさんお召し上がり下さい・・・。

AH ! ― 桔梗 ―

 

わが家の桔梗です。毎年この時期に、美しい花を咲かせてくれます。

 

 

 

そう言えば、昨年の夏は・・・、P1160606.JPG

 

寝たきりでもう動けなくなった母に、

鏡を利用して、わが家の庭を

時々、見てもらっていました。

 

 

亡くなる数日前の母は・・・、

鏡をのぞき込んで懸命に、

この白い桔梗を探していました。

 

 

 

 

 

 

十数年前、父が突然、逝ってしまった朝、この花が咲いていた事などを

母は思い出していたのでしょうか?

 

 

「見える?」と私が問うと、母は微かに頷いていたので、

この白い桔梗は、母がこの世で最後に見た花、と言う事になります。

 

 

 

 

P1160605-001.JPG

 

 

 

 

あれから1年、世の中もわが家のあり様も

随分と変わってしまいました。

 

 

現在制作中の「帰森Ⅷ」の作品は、「帰森Ⅶ」と、ほぼ同じ素材を使用していますが、

新たに追加した糸もあります。

 

 

 

☆「 スキーコットンリネン ~夏衣~ 」P1160628.JPG

 

こちらは、綿と麻(リネン)の混紡糸でシャリ感があり、

撚りが強くかかっている為、光沢があります。

今回は、ベージュ系の3色を数多購入。

 

3本どりにして鹿の子編みにしたり、

他のコットンと2本どりにして、縄編みにしたりして、

使用しています。

 

 

 

 

 

 

 

☆「 マスターシードコットン 」P1160627.JPG

   (ダイヤ毛糸株式会社)

 

マスターシードコットンとは・・・、

綿花の女王といわれる

「海島綿」の遺伝子をベースにした新品種で、

繊維長が極めて長く、また繊維1本1本が細い為、

ソフトでやさしい風合い、

さらにノーブルな光沢に優れています。

(商品ラベルの解説より)

 

 

 

 

 

 

P1160630.JPGP1160631.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、新たに追加した2種類の糸で、作品に静かな光沢と

色彩の広がりを、演出させています。

 

 

 

AH ! ― 初夏の剪定 ―

 

南庭の剪定を行って頂きました。

もじゃもじゃだった皐月(さつき)が、この通り!

 

Before ⇒ After

 

P1160593.JPGP1160603.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1160594.JPGP1160601.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1160597.JPGP1160602.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 夏の剪定は毎年、北庭の梅の木と南庭のサツキだけをお願いしています。

今年の梅の木の剪定は、春の自粛期間中に私が頑張りました!

 

 

 

 

P1160604.JPG

 

 

 

お盆の準備が少しづつ整っていきます。

 

 

まるまりて眠る母より聞こえ来ぬ母がはは呼ぶ声はマシュマロ

浅田陽子 (2019年夏)

 

 

 

 

P1160615.JPG    マシュマロの様に輪郭がフワフワとした、母の声。

 

    母: 「おかあちゃん・・・」 

 

    まるで幼い子供が母親に甘えるような・・・、

    ミルクの香りがするような・・・。

 

    その夜の、母のひと言が、

    今でも私の耳底に、流れて止まないのです。

 

  

 

 

 

 

  丁度、昨年の今頃の出来事でした。

 

月別 アーカイブ