わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

制作の記録 ― 帰森Ⅷ(パーツ)―

 

ニット部分のパーツです。

和紙の質感との相性の良さを重視して、今回も鹿の子編みと、縄編みを使用しました。

作品が大きいので、それぞれ膨大な量のパーツが必要となってきます。

 

縄編み

P1160314.JPGP1160353.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿の子編み

P1160300.JPGP1160302.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和紙部分のパーツです。

中心となる渦巻き状の和紙の他にも、波紋状のパーツを和紙で作成。

製図に合わせて形を固定させたら、魚の干物のようにして、陰干しをします。

 

P1160585.JPGP1160312.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、和紙にニットを縫い付けたパーツも作成。

強度の極めて高い「十文字漉き和紙」なら、細かい針目の縫製も可能です。

 

P1160498.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらのパーツを用いて、空白部分が波紋の様に、次第に埋まっていきます。

和紙に伸縮性がない分、ニットで 「ゆとり」 を持たせます。

 

 

つづく

 

 

 

月別 アーカイブ