わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2018年8月アーカイブ

 

 

 

しばらくの間、ブログの更新はお休みさせて頂きます。

継続してご覧頂いた皆様、長い間、ありがとうございました。

 

尚、アトリエの活動は、出来る範囲で行っておりますので、

引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

 

                                               淺田陽子

 

 

P1160090-001.JPG

 

 

ライスペーパー日々貼り付けてゆくやうに母の躰は自由を失くす

浅田陽子

『青潮』 (2017年9月号)より

 

 

 

 

 

P1160088.JPG

 

 

 

 

 

 

「 お母さまは、『人間の老い』  というモノを、

身をもってあなたに知らせておられるのです。

ですから目を逸らさずに、しっかりと見届けてあげなさい。」

 

 

これは、人生の大先輩からの助言です。    感謝!

 

 

 

ここは、JR 防府駅の天神口東側にある「 アスピラート 」です。

現在ここで、素晴らしい展覧会が開催されています!

 

 

 

P1160083.JPG2018 

山口自由美術展

 

 日程 8月23日(木)~ 8月26日(日)

 時間 10:00 ~ 17:00

    ( 26日は16:30まで )

 場所 防府市地域交流センター アスピラート

 

 

 

 

 

 

 

2階の展示スペースには、平面や立体など、

独特の世界観で表現された作品がズラリ!

 

勢力的に活動しておられる作家さん方の、

エネルギッシュな大作の作品群で構成されていました。

 

 

刺激的な時間を過ごさせて頂きました。

ありがとうございました!

 

 

メンバーの方々の、益々のご活躍を心からお祈り致します。

 

AH ! ― 夏の海 ⅱ ―

 

今日は久しぶりに、ゆっくりとした時間がとれたので、

周南市戸田にある桑原漁港へ立ち寄ってみました。

 

 

 

 

P1160076.JPG

 

 

 

 

 

P1160077.JPG

 

 

 

 

 

 

 

P1160070.JPG  生き物を探してみましたが、

  何もおらず(見えず)、

 

  しばし、水の光のゆらぎを

  楽みました。

  

 

  

 

 

 

 

 

揺るる枝、揺れざる枝をひと本に収め欅の巨木は立てり

生還者、戦死者分くる薄き紙 今年の夏の黙祷をする (戦死告知書)

浅田陽子

『青潮』 (2017年11月号)より

 

 

 

 

   P1160057.JPG

 

 

 

 

   樹齢800年の欅 (けやき)は

   全てを内包する存在のように

   思われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 P1160061.JPG

 

 

 

 

 

今日は 「 平成 」 最後の 「 全国戦没者追悼式 」 が行われました。

戦没者の方々のご冥福を心からお祈り致します。

 

 

 

 

百日紅 ( くすぐり ) の重き花房塀の上に斬首のやうに乗りて収まる

銃剣を立ててその上に顎を乗せ眠るは父か 雨を隔てて

浅田陽子

『青潮』 (2017年11月号)より

 

 

 

 

P1140783.JPG   こちらも、百日紅の実景と

   戦時中の父の姿とを

   重ね合わせて詠んだ二首です。

 

   雨の中に見た、まぼろし・・・。

 

   

   

 

 

 

 

 

 

 

 

終戦の日を前に、テレビでは戦争関連の様々な作品が放映されています。

 

我々の世代に出来る事は、

当時の人々の生き様に思いを馳せる事と、語り継ぐ事・・・?

 

 

 

 

つづく

 

 

かの夏のサイダーの泡想はしめ白き百日紅 ( くすぐり ) しはしはと咲く

若き日の父の喉骨尖らせてサイダー瓶は耀いてゐつ

浅田陽子

『青潮』 (2017年11月号)より

 

 

 

 

 

P1160035.JPG   昨年夏に詠んだ

   連作十首の中の二首。

   ※この十首は、5つのテーマが

   二首一組で構成されています。

 

   上記の二首は・・・、

   目の前に在る百日紅(実景)から

   インスパイアされた情景と、

   学徒動員された頃の父の姿とを

   重ね合わせつつ詠んでます。

   

 

   

 

 

 

百日紅 (さるすべり) は九州地方の方言で、

「くすぐり」 とも読むそうです。

 

 

つづく

AH ! ― お盆 ―

 

朝早く方丈様にお参りして頂き、今年のお盆が始まりました。

 

 

 

P1160054.JPG    「迎え火」としての盆提灯に

    灯りを入れると・・・、

 

    華やかでありながら

    静謐な空間が現れます。

 

      

 

 

 

 

 

    

 

 

 

P1160046.JPG

     お仏壇の線香立ては、

     祖父が焼いた陶器で出来ており、

     カタチがぐにゃっとしているのが特徴。

 

     祖父のおおらかな性格が表れている、

     のだそうです。(母曰く)

 

 

 

 

 

   今年の御霊供膳はこちら・・・。

 

 

P1160036.JPG今年のメニュー

 ・ ごはん

 ・ 豆腐、大根、キャベツの味噌汁

 ・ 南瓜、人参、しめじの煮物

 ・ 胡瓜、胡麻の和え物

 ・ トマト

 

 

 

 

 

 

 今年も無事に、ご先祖様方をお迎えする事ができました。感謝!

 

 

 

 

AH ! ― 百日紅 ―

 

今年も、周防国分寺さんの百日紅の花がP1160025.JPG

見頃となりました。

 

ここの百日紅は、紅色の花と白色の花が、

交互に植えられているのが特徴です。

 

 

P1160029.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年、紅色の開花後、少し遅れて白色の花が咲き始めますが、

今年は場所によって、両方満開の樹々もありました。

 

 

 

P1160030.JPG

 

 

 

災いや厄を “滑り落とす” という意味を込めて植えられた百日紅。

どうぞ酷暑に気を付けて、お参り下さい。

 

 

AH ! ― 花火大会 ―

 

今日は防府天満宮 御誕辰祭の最終日で、花火大会の日です。

  ※ 御誕辰祭とは、菅原道真公の誕生日を祝う祭りです。

 

ここの花火は、毎年、わが家の仏間から見るのが恒例でしたが、

今年は母を車椅子に乗せて、近所の広場から見る事にしました。

 

 

★ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ★

 

午後8時30分。

様々な曲に合わせて、二方向から次々上がる花火に、母は大興奮!

ヒュ~・・・、ドーン! バリバリバリバリ! という様々な音、

風に乗って運ばれてくる火薬の匂い、

欅大樹を吹き抜けてくる清々しい夜風、等々・・・、

五感で楽しんだ今年の花火大会でした。

 

 

 

個人的には、時折鳴る、母のパタパタという拍手が印象に残っています。

今年も家族が元気で花火を見られた事に、心から感謝しました。

 

 

月別 アーカイブ