わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2018年4月アーカイブ

 

P1150783.JPG   私が所属している編物の協会、

   「 一般財団法人 全日本編物教育協会 」

   略して 「 全編 」 山口支部の総会が、

   防府市で開催されました。

 

   今回の議題で特に、

   皆様にご紹介させて頂きたい事項が

   2点ありましたので、

   下記の通り、お知らせいたします。

 

 

 

 

 

■ コンクール作品募集のお知らせ

 

  今年も、手編み、機会編み作品の全国コンクールが行われます。

 

   ※ 募集期間 平成30年4月15日 ~ 6月30日 (支部締切)

     作品締切 平成30年7月12日  (全編事務局 必着) 

 

  最も優れた作品や優秀な作品には、文部科学大臣賞 や優秀賞 などが与えられ、

  H30年9月8日、東京 お茶の水「ガーデンパレス」に於ける表彰式にて

  授与されます。    

 

  全編会員の他、一般の方々も応募できますので、宜しければご参加下さい。

  尚、この HP のお問合せから「全編コンクール」というタイトルでお送り頂ければ、

  詳細を折り返しご連絡させて頂きます。

 

 

 

■ 全国一斉編物試験 及び 手編免許状申請について

 

  全編では、様々な資格や免許状を発行しています。 

  編物を正式に基礎から学びたい・・・、という方がおられましたら、

  こちらも、この HP のお問合せフォームからご連絡下さい。

 

 

 

以上です。

 

 

 

「 たかが、編物 」ですが、蘊奥を極めると・・・、

なかなかオモシロイ世界です。

 

 

 

AH ! ― 幸せます ♡ ―

 

あるお願い事で、防府天満宮へ・・・。

現在、大石段では毎年恒例の「 花回廊 」が開催されていました。

 

 

 

P1150777.JPG 今年の 「 幸せます 」 の花文字は、

 赤 ~ 黄色 ~ 赤 という

 グラデーションになっており、

 何となく、" スペイン風 " な色彩?

 

 

     また、その下段のハートマークは、

     赤系と白で構成された、

     " アブストラクト風 " ?

 

 P1150778.JPG

 

 

 

 

どちらも 「 希望の赤 」 をテーマにデザインされたそうです。

 

 

さらに今年は、この制作に携われた山口大学大学院の学生さんの考案により、

踊り場に万華鏡が設置され、そこを覗くと・・・、

 

AH! 無数の 「 幸せます 」が・・・!

 

年々、お客様も増え、内容もバージョンアップされてゆく

このイベントのスゴさを実感した、今年の 「 花回廊 」 でした。

 

 

 

周防国分寺さんの、春のライトアップが始まりました!P1150760.JPG

 

日程 4月28日 (土) ~ 5月6日 (日)

 開催時間 18:30 ~ 21:00

 

 

 

 

P1150763.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は十四夜、待宵の月(まつよいのつき)で、

ライトアップされた大樹との取り合わせも、実に幻想的。

 

 

 

 

P1150764.JPG

 

 

 

 

 

今年も金堂付近から癒しの音楽が流れ、

それがかえって、静寂な空間を際立たせていました。

 

また、タイミングが良ければ・・・、

アオバズクの鳴き声も間近で聞く事ができます。

 

 

 

P1150769.JPG

 

 

 

 

秋のライトアップの様な華やかさはありませんが、

若葉の香りと、爽やかな初夏の夜風を楽しみつつ、

素敵な時間をお過ごしください。

 

 

AH ! ― 張り替え ―

 

「帰森」シリーズにて、和紙の取り扱いに慣れてきた為、

今年は障子の張り替えにも、初挑戦してみました!

 

先ずは、母の寝室の4枚で練習?

 

 

P1150745.JPG    コツがわからず、四苦八苦し・・・、

 

    初日は、和紙を剥がす作業、

    それも2枚だけでギブアップ。

 

 P1150743.JPG

 

 

 

 

 

翌日も2枚だけ和紙を剥がし、桟を磨き・・・、

翌々日に和紙を張り替えて、やっと終了!

 

 

 

 

P1150750.JPG

 

 

 

 

 

真新しい和紙を透かして見る、初夏のやわらかな光は、

穏やかな日常を象徴している様にも思えました。

 

母 : 「初めてなのに、陽子はスゴイねぇ~」 ( 多分お世辞 )

 

 

P1150775.JPG

 

 

あと大小合わせて20枚近くありますが、(T_T)・・・

ひとまず、お疲れ様でした!

 

AH ! ― 留守番ランチ ―

 

北庭の新緑が美しい頃となりました。そこで久しぶりに、

若葉を愛でつつランチする事にしました!

 

 

 

P1150781.JPG  炒飯は、冷蔵庫の残り物を刻んで

  ちゃちゃっとこしらえたものでしたが・・・、

  結構美味。

 

  付け合わせは、

  胡瓜とアボカドのさっぱりサラダ、

  トマトのマリネ。

 

 

 

 

 

健康番組で体に良いと言われている食材を、何となく毎日摂っており、

そのおかげでしょうか? 今年の冬は、風邪をひきませんでした。

 

  

 

そう言えば最近・・・、

急に暑くなったり、肌寒くなったり、の毎日ですが、

どうぞ皆様、体調に気を付けてお過ごし下さい。

 

 

 

いつもお世話になっている、山口市鋳銭司の画廊 「  as it is  」 の

10周年記念企画 「 SM 展 」 に行って来ました。

 

 

 

P1150731.JPG   最終日のこの日は、

   あいにくの雨、

   しかも強風注意報発令中。

 

 

   画廊へと続く茂みを下ると、

   薄暗いテラス (物置?)  に吊るされた

   裸電球の強烈な灯かりが、

   来る者を迎えてくれます。

 

   いかにも  as  (アズ) らしいと苦笑・・・。

 

  

 

 

 

画廊の入口正面は、オーナーの作品。

こちらも激しい赤が印象的。

 

 

 

 

P1150733-001.JPG

 

 

 

 

 

今回は地元の作家さんと、東京・横浜方面の作家さん、

総勢15名の方々の作品 が展示されていました。

 

 

 

※ 画廊玄関前のスロープ ↓ 

強風で常に落ち葉が舞う中、次々と来客アリ!

 

 

P1150737.JPG

 

 

 

 

決して広くはない画廊空間に展示された作品群 は、

作家さん毎に数点の SM サイズ作品で構成されており・・・、

 

各々の個性が互いに殺し?あう事なく、またヘンに共鳴もしておらず、

誠に良いバランスで、見事に収まっていました。

( さずがやなぁ~、べんきょうになるわぁ~ )

 

 

2011年に初めてこの画廊にお邪魔させて頂いて以来、

オーナーをはじめ、ここに集われるアーティストの方々には

公私ともに、大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

 

10周年 おめでとうございます! 

画廊  「 as it is 」  の益々のご繁栄と、

メンバーの方々の益々のご活躍を、心からお祈り致します。

 

 

 

※尚、 画像は、オーナーの許可を得て掲載させて頂いています。

AH ! ― 中也×YICA ―

 

昨日は仕事の打ち合わせで、山口市へ・・・。

P1150715.JPG

 

丁度、現在開催されている、

中原中也記念館の企画展がオモシロイ!

という話題で盛り上がったので、

帰路、早速、鑑賞して来ました。

 

 

 

P1150717.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企画展Ⅱ (コラボレーション企画 後期)

中原中也記念館 × YICA (山口現代芸術研究所)

 

山口盆地考 2018

・・・・・・ 吹き来る風が・・・・・・

 

 

P1150725.JPG

 

※ フライヤー部分より

 

 

 

中原中也の代表作 「帰郷」 をテーマに、19名のアーティスト達がそれぞれ、

斬新かつ個性的な捉え方で、様々な作品を発表しておられます。

 

特に、この記念館の様々な空間(気配)を取り込み展示された

下記の作品が印象的でした。

 

《白い慟哭》 藤木律子

《F/F/S 水の記憶》 中野良壽

《増幅された植物》 白川美幸

《アリシヒ・ノ・ウタ》 澤登恭子 

 

 

 

この週末は、中也の作品をまたゆっくりと読み直したい・・・、と思いました。

 

※ この日曜日(4月15日)までの開催です。

まだご覧になられてない方は、どうぞお急ぎください!

 

 

 

 

うすぺらな使ひ古しは新品にくつつけられて石鹸太る

浅田陽子

 

 

 

 

P1150710.JPG    大昔、若い頃に詠んだ歌です。

 

    読み方によっては、

    世代交代の歌ともとられる様で・・・、  

 

    もしも、そうであれば、

    上句の表現がまことに失礼!

 

 

 

 

 

 

様々な解釈を想定してから、歌会で発表すべきであった、と

深く深く後悔した記憶があります。

 

 

新年度が始まったこの時期に思い出す、苦い苦い作品です。  

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

※ 「くつつけられて」 について・・・。

 

私の短歌作品は、 旧仮名遣いで詠んでいるので、

促音の 「っ」 は 「つ」 と表記されます。

 

 従って、現代表記の 「くっつけられて」 (付着させられて) は、

「くつつけられて」 となります。

 

AH ! ― 春の庭 ―

 

わが家の今年の春の花壇です。

 

 

P1150689.JPG 手前は 、富貴草(ふっきそう)別名、吉祥草。

 茶事の時に用いる花として、大昔、母が植えたもの。

 

 奥が、擬宝珠(ぎぼうし)の葉。

 斑入りの葉なので、それ自体とても美しいです。

 

 下はフリージア。数年前に植えたものが

 野生化?してしまい、至る所に群生しています。

 

 

P1150672.JPG

 

 

 

P1150702.JPG今年はチューリップを二種類植えてみました!

 

      白い花は、花びらに黄緑色が混ざり、

      とてもシンプルで私好み。

 

      赤い花は、「色と形が素敵!」と、

      母が気に入ってくれています。

 

 

 

      

P1150705.JPG

 

 

 

 

    こちらは、西洋ツツジ。数年前に、

    頂きものの鉢植えを地植えしてみたのですが、

    今年やっと花が付きました! lucky!

 

 

P1150707-002.JPG

 

 

 

 

 

シックな茶花から、色鮮やかなチューリップ、等々・・・、

統一感の全くない庭ですが、家族で愛でつつ、今年の春を楽しんでいます。

 

 

 

 

   素敵な絵画展のお知らせです。

 

 

 

P1150671.JPG 守山 幸伸 展

  ラブ ゼネレーション

 

 日時:

  4月4日(水)~8日(日)

  10:00~18:00

   (最終日 17:00まで)

 

 場所:

  宇部市文化会館

 

 

 

 

 

 

少女? or  少年?の、あの刺すような視線・・・、

作品の背景に流れている静謐な時間・・・、

画面の不思議な質感から放たれる、不思議な「気」・・・、

 

 

 

独特の世界観で観るものを魅了してきた画家、

守山幸伸さんの展覧会です。

 

会場全体がどのような空間に仕上げられているのか?今から

とても楽しみにしています。ご案内をありがとうございました。

 

 

 

月別 アーカイブ