わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2018年2月アーカイブ

 

情報通の友人(MCAM) から、素敵な映画のお知らせを頂きました。

 

 『YARN 人生を彩る糸』

   監督:ウナ・ローレンツェン Una Lorenzen

 

   糸を用いて創作活動を続けている4人のアーティスト達に密着取材した

   ドキュメンタリー映画で、編み物の常識が覆される予感アリ! ドキドキ・・・。

 

 

P1110696.JPG■ 場所:

  YCAM 山口情報芸術センター

  (山口市中園町)

 

■ 日時: 

  3月 9日(金) 11:00~12:16

  3月10日(土) 17:30~18:46

  3月11日(日) 13:30~14:46

 

 

 

 

 

実は、この作品で取り上げられているニットアーティスト達は、以前から私が

とても興味を抱いていた方々なので、モウ大興奮!(MCAM、本当にありがと!)

 

 

山口県では、ここYCAMの3日間限定ですが、全国各地で上映されているようです。

詳細は、『YARN 人生を彩る糸』の公式サイトで検索できますので、

ニットやテキスタイルに興味のある方は、是非、是非、ご覧ください。

 

ワクワク・・・!

 

 

今年流行のアイティムの一つに、巾着バッグが挙げられています。

 

 

当アトリエでは、ニットウエアーだけではなく、

巾着袋などのオリジナル小物のオーダーもお受けしていますので、

春の装いの一つとして、宜しかったらどうぞ・・・!

 

 

 

P1020721.JPG  オリジナルのニットバッグには、

  全てニット用の裏袋が

  縫い付けてありますので、

  編地が伸びてしまったり、

  中の物が透けたりする事は

  ありません。

  

  価格 : 10,000円~

 

 

 

 

 

 

尚、ご希望の大きさや色彩、素材などをお聞きしてから制作に入りますので、

仕上がりに数日を要します。どうぞご了承下さい。

 

 

 

 

いちめんに落ちし椿の鮮らけし銃乱射後の静けさに似て

浅田陽子

『青潮』 (2005年1月号)より

 

 

 

P1150511-001.JPG   地面を覆いつくす様に散った椿から、

   鮮血を連想した作品。

 

 

 

 

   ※ 画像の花は、

     永源山公園内の山茶花で、

     歌を詠んだ時の落椿と比べると・・・、

     花の散り方や色彩に

     若干の違いがあります。

   

 

 

 

 

 

 

「テロ」という言葉が、頻繁に言われるようになった頃の作品です。  

 

   

 

「 コドモドコ 」というP1150497.JPG

不思議なサブタイトルの絵画展、

「 小田善朗作品展 」に

行って来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは周南市にある永源山公園です。 今日は・・・、

春を思わせる陽気に、多くの家族連れで賑わっていました。

 

 

P1150501.JPG

 

 

 

P1150499.JPG

 

 

 

 

 

この広々とした公園内に、展覧会の会場である

周南市郷土美術資料館・尾崎正章記念館が在ります。

 

 

P1150503.JPGここは、やわらかな曲線で構成された建物で、

周囲の樹木と融合した、とても美しい美術館です。

 

 

 

P1150506.JPG

 

 

 

 

まず、ロビーに続く展示室(中)には、大作がズラリ!

小田先生独特の世界に、一気に引き込まれ・・・、

続く、展示室 A・Bの作品群・・・、

 

ナントも表現しがたい、これまでに感じた事のない

摩訶不思議な世界が広がっていました。Amazing!

 

 

小田作品の子ども達は、

前世の様々な記憶が未だ鮮明に残っているから、

こんなに複雑な表情をしているのかなぁ~・・・?

などと空想しつつ、会場をゆっくりと廻りました。

 

 

※ 常設展である尾崎正章の作品は、

赤が印象的な作品群で構成されていました。

 

 

 

P1150509.JPG

 

 

 

 

水の底の様な異界?から、現実世界に戻るように階段を上ると・・・、

永源山公園の広々とした芝生が拡がっていました。

 

 

今日は、長い長い不思議な旅をした感覚で、展覧会を拝見させて頂きました。

ご案内状を、ありがとうございました。

 

小田先生の益々のご活躍を、心からお祈り致します。

 

AH ! ― 旧日下医院 ―

 

美術館を堪能した後、

すぐ近くの旧日下医院へ立ち寄りました。

 

 

P1150519.JPG   ここは、昭和初期に建てられた病院が

   登録有形文化財としてリノベーションされ、

   お洒落なショップが数件入った

   複合施設となっています。

 

   レトロな雰囲気が多くの人々から支持され、

   今日も、若者たちで賑わっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

P1150520.JPG

 

 

 

     ただ、オープン当初から

     営業をしてこられたお店の2件が

     この3月から移転されるとの事!

 

     ここの建物に

     しっくりと馴染んでいただけに、

     とても残念でなりません。(T_T)

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 ★ 生花のお店 CHA CHA DO さん

 

 今日は「紫式部」という名前のスイトピーと

 不思議な黒い花を頂きました。

 キッチンに飾って楽しんでいます!

 

P1150532.JPG    

 

★コーヒーボーイ・ ナギサ店さん

 

今日はおススメのコーヒー豆2種と

美味しいマフィン2個を頂きました。

友人とのお茶タイムで使わせて頂きます!

 

P1150530.JPG

 

 

 

 

 

チャ・チャ・ドゥーさんのオーナー曰く・・・、

「また新しい店舗が素敵に展開されると思いますので、

楽しみにしていて下さい。」

 

 

次回は、どのような空間が提供されるのか?とても楽しみです。

また春に、お邪魔させていただきます!

 

 

AH ! ― 先駆け ―

 

温かな日が続き、やっと北庭の梅が咲き始めました!

この紅梅の二輪が今年の梅の先駆け?です。

 

 

 

P1150494-001.JPG  少しうつむいた角度で咲いたので、

  キレイに写す事は

  出来ませんでしたが・・・、

 

  近くによると、

  とても甘い香りがします。

 

 

     Very cute!

 

 

 

 

 

 

 

 

紅梅の全景はこんなカンジ・・・。

蕾の赤いポチポチがナントも愛らしい。

 

 

 

P1150487.JPG

 

 

P1150485.JPG

 

 

 

 

 

今年の冬はとびきり寒くて、家族の健康管理に神経を遣いましたが、

やっと春が来そう・・・、 もうひと頑張りです。

 

 

 

 

繰り返し氷上に転ぶ選手へと木洩れ日のやうな拍手湧き来る

浅田陽子

 

 

 

P1000259.JPG   連日、冬季オリンピックでの

   日本選手たちの活躍が

   伝えられています。

 

   そんな中、今日の

   羽生選手、宇野選手の演技は

   本当に感動的でした。

   Congratulation!

 

 

 

 

 

 

上記の短歌は、力を出し切れず、何度も転倒を繰り返す選手への励ましの歌。

※即興で詠んだ為、推敲不足です。m(__)m

 

 

祖国の期待に圧し潰されたか否か・・・?は不明ですが、小国の選手。

 

何度も何度も立ち上がって演技を続けるその青年へ、

会場から静かに湧き上がった温かな拍手・・・。Go for it!

 

 

 

様々なストーリーと共に、平昌オリンピックも後半戦に入りました。

 

 

Y⁻FATI の活動に於いて、お世話になった3名の方々の研究発表会が、

2月9日(金)から11日(日)まで、

山口市のクリエイティブ・スペース赤れんが で行われ、

先週末の10日(土)に、お祝を兼ねてお伺いして来ました!

 

 

 

 

平成29年度山口県立大学大学院修士制作展

 

P1070310.JPG※当日は雨の為、

 建物の撮影出来ませんでした。

 

 左の画像は、

 2013年のモノです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

長年のボランティア活動で得られた人脈を活かし、

新様式野点(のだて)の一式を創作された、H さん、

 

フィンランド研修や留学などで培われた北欧センスを活かし、

染織の商品開発に取り組まれた、K さん、

 

サービスデザインを服飾に落とし込み、

新しい分野の研究者として歩み出された、A さん、

 

それぞれ独自の研究を披露され、本当に素晴らしい発表会でした。

 

 

 

 

また、過去一緒に行った様々なイベントも思い出され、感無量・・・。 

※長門市油谷の夕焼け (大変だったけど楽しかったね!)

 

P1080711.JPG

 

 

 

 H さん、K さん、A さん、それぞれの、

輝かしい未来に、心からエールを送ります。

 

がんばれ~!

AH ! ― 大雪ⅱ ―

 

こちらはウチのアトリエのお隣、周防国分寺さんの雪景色です。

墨絵の様な美しい景の中、威風堂々とした金堂がとても印象的・・・。

 

 

 

 

P1150469-002.JPG

 

 

 

こちらは、山門です。

参道脇の木々との取り合わせが、実に美しい景を成していました。

 

 

 

P1150470.JPG

 

 

 

 

雑務に忙殺される日々、この美しい非日常の世界は、

自身の思考に潤いを与えてくれます。

 

ありがたい事です。

  

AH ! ― 大雪ⅰ ―

 

昨夜からの雪はずんずんと積もり、

大雪の朝となりました!

 

 

玄関前はこんなカンジ・・・。

 

   P1150478.JPGこちらは北庭です。

 

P1150476.JPG

 

 

 

 

 

雪景色を楽しむどころではない雪の量に、慌てて南庭へ・・・。

 

南庭の松は、樹齢百年を超している老木の為、

この様な状況であれば、枝の雪下ろしをしなければいけません。

 

 

P1150480.JPG

 

 

ガンゼキ(熊手)を使っての雪下ろしは、

久し振りで楽しくもありましたが、

先日打撲したした脛が、とにかく痛い・・・。

 

 

 

P1150484.JPG

 

 

 

 

 

ヘロヘロの状態で、約1時間かけて雪下ろし完了!ふっ~。

 

 

タイヘンな作業ですが、雪を払った後、枝の下から見上げる景は、

心が空へと抜けてゆく、ナントも言えない開放感があります。

 

 

つづく

 

月別 アーカイブ