わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2017年7月アーカイブ

Y-FATI ― お礼 ―

P1090111.JPG

 

Y-FATI からのお知らせとお礼を申しあげます。

 

山口ファッション&テキスタイル研究所、

略して「 Y-FATI (ワイファティ)」の

所長職(事務局)を、H25年の発足以降、

2期4年間、私方、務めて参りましたが、

この度、諸々の事情により、

退任させて頂く事になりました。

 

今思えば、多くの素敵なイベントに

関わらせて頂いたり、

企画運営を担当させて頂いたり・・・、と

大変、充実した4年間でした。 

 

先ずは、ご協力下さいました多くの方々、

応援して下さった、当アトリエのお客様方、友人達に、心からお礼を申し上げます。

 

またY-FATI 発足時、この大役をアサダにお任せ下さいました、

Y-FATI 会長の M 先生にも心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

 

 

 

P1140855.JPG

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ここで、この4年間のY-FATIの、

   主なイベントをご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

2013年

・ Y-FATI (山口ファッション&テキスタイル研究所) (7月) 発足

・ 山口県立大学大学院オープンキャンパス 作品展示 [山口県立大学](9月)参加・運営協力

・ クリスマスエキシビション 2013  [山口県立美術館](12月) 参加・運営協力

 

2014年

・ Y-FATI発足1周年記念講演会 「美の追求と伝達」&作品展  [山口市民会館] (5月)主催 

・ 山口県立大学大学院オープンキャンパス 作品展示 [山口県立大学](9月)参加・運営協力 

・ クリスマスエキシビション 2014  [山口県立美術館]

 「地域の宝もの-徳地手漉き和紙と生活の装い-」展  (12月) 企画・運営・参加・協力 

 

2015年

・「山口TOKUJI WASHI 展2015」 [東京渋谷 CASE Gallery]  (3月) 参加・協力

・ ねんりんピックおいでませ ! 山口2015 F.S[ きららドーム] (10月) 参加・協力

 

2016年

・「水谷ゼミ+の会2016」[ホテル ニュータナカ]  (9月) 企画・運営・参加・協力

・ アグリアート・フェスティバル 2016  ロビー展 [ルネッサ長門] (10月) 参加・協力

 

その他諸々・・・   

 

 

※ Y-FATI発足1周年記念講演会 &作品展(2014年)

 

IMG_0193.jpgIMG_0185.jpg

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

今後は、自身のアトリエの活動に重きを置きつつ、Y-FATI の研究員としても

出来る範囲で、地域貢献のお手伝いをしていけたら、と考えております。

 

今後とも、どうぞ Y-FATI を、宜しくお願い致します。

 

 

AH ! ― 夏の海? ―

 

夏の海?と思うくらいガスのかかった

今日の秋穂荘からの眺めです。

 

母:「水平線が見えんねぇ~」

 

 

 

P1140840.JPG

 

 

 

 

 

色鮮やかなカンナの花が、辛うじて・・・、

夏の気配を醸し出していました。

 

母:「でもここは、いつ来てもいい眺めじゃねぇ~」

 

 

P1140833.JPG

 

 

 

 

今日は朝から、母の定期外来に付き添い、

2件目が午前中の診療に間に合わず、(-_-)/~~~

昼食も兼ねて、午後の診察までの時間を、

ここ秋穂荘で過ごしました。

 

 

カーンと晴れた夏空が恋しいこの頃です。

 

 

AH ! ― パークロード ―

 

仕事で山口市へ・・・、久しぶりのパークロードです。

 

 

 

P1140817.JPG     立ち並ぶ樹木は、

     強烈な夏の陽ざしを遮り、

     涼やかな木陰を作り出していました。

 

 

 

   P1140818.JPG

   

 

 

 

 

現在、「ランス美術館展」が開催中。

少し時間があったので、ちょっと寄ってみる事にしました。

 

 

 

 

★ そういえば、オモシロイCMでこの展覧会が紹介されていたなぁ~。

★ コロ―の絵だ!中学生の頃はコロ―の絵が好きだったなぁ~、シミジミ・・・。

★ すっごーい!藤田嗣治のコーナーがあるぞっ!

 

 

 

思っていた以上にバラエティに富み、ワクワク感たっぷりの展覧会に大満足。

 

また要所要所で、不思議なキャッチコピーが作品の背景として掲げられており、

新しい時代の絵画の見せ方はこんなカンジ・・・?と、色々参考になった展覧会でした。

 

 

 

8月27日まで開催されているので、次回は母と一緒にモウ一度、

訪れてみたいと思いました。

 

つづく

 

        

AH ! ― La Plume Bleue ―

 

そう言えば、朝から何も食べてなかった!と気づき、

美術館内のカフェレストランで、かなり遅いランチ?を頂く事に・・・。

 

 

 

※こちらの画像は、お店の方から許可を頂き、

撮影&掲載させて頂いています。

 

P1140823.JPG  ここは、「La Plume Bleue 」さんです。

  お洒落なロゴが、お店の至る所に配置され、

  とてもハイセンスな空間を演出していました。

 

  ※「La Plume Bleue」(ラ プリュム ブルー)とは、

  フランス語で「青い羽根」だそうです。

  

  このお店では、県美の森を楽しみつつ、

  美味しいランチやお茶を楽しむ事ができ、   

  女子には大人気のお洒落スポットです。

  

 

 

 

 

 

 

 

本日のメニューは、キノコのキッシュと野菜サラダ。

こってり&さっぱりの、味のバランスもよく考えられていました。

 

 

 

P1140822.JPG

 

 

 

 

 

朝から仕事を頑張った自分への褒美として、

展覧会&ランチを満喫した、猛暑の午後の2時間半でした。 

 

   

  

AH ! ― おもちゃばこ ―

 

現在、防府市アスピラートで、素敵な展覧会が行われています。

 

 

 

 

「 絵本作家  田頭よしたかの おもちゃばこ 」

2017.7.15 - 8.6

 

 

P1140850.JPG

 

 

 

 

画業45年を迎えられた田頭さんの作品、約250点が展示されていました。

思わず、にっこり、してしまう展覧会です。

 

 

小さなお子さんも、大きなお子さんも・・・、

若い大人の方(かた)も、若くない大人の方(かた)も・・・、

みんな子どもの頃に戻って、夏休みを一緒に楽しみましょう!

 

AH ! ― 大観楼 ―

 

こちらは、英雲荘の大観楼です。

昨日のシンポジウムはここで行われました。

 

先ず、館内のガイドの方(かた)から・・・、

英雲荘内の建物の中では最も古く、歴史的にも

重要な役割を持った棟であったと、紹介されました。

 

 

 

英雲荘3.JPG  英雲荘はこの他に、

  玄関棟、奥座敷棟、台所棟、等から

  構成されており、これらは、

  建設された時代が異なる為・・・、

 

  それぞれの棟が放つ、独特の気配の

  微妙な違いを楽しみつつ、

  鑑賞して回る事ができます。

 

 

 

 

 

 

 

各時代に、この場所に居たであろう人々に思いを巡らせ、

夕刻の涼やかな風に吹かれて、心地良い時間を過ごしました。

 

 

 

ここ英雲荘の、通常の開館時間は、9:30~16:30(入場は16:00まで)

休館日は、月曜日(祝日の場合は翌日)と12月29日~1月3日 です。

 

 

 

多くの方々にお越しいただければ・・・しあわせます!

 

明治維新150周年プレイベントとして、国の史跡である

「英雲荘」(防府市重要文化財)を会場に、

下記の通り、シンポジウムが開催されます。

 

 

 

 

P1140775.JPG

 

 

 

英雲荘を活かす!英雲荘に活かされる!

日時:7月24日(月) (開場 17:30 開演 18:00)
会場:英雲荘(三田尻御茶屋)大観楼棟

      (山口県防府市お茶屋町10-21)

入場無料

コーディネーター:
水谷 由美子 (山口県立大学大学院国際文化学研究科教授)

パネラー:
井生 文隆   (山口県立大学名誉教授)
大東和 武司  (関東学院大学経営学部教授・広島市立大学名誉教授)
岡田 実    (山口県立美術館長)
重見 武男   (山口ケーブルビジョン株式会社 顧問)

 

 

主催:山口県立大学大学院国際文化学研究科

協力:防府市 

   英雲荘(国指定史跡萩往還関連遺跡 三田尻御茶屋)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

パネラーの先生方は・・・、

「地域×デザインへのアプローチ」(重見 武男氏)

「文化とデザイン」(井生文隆氏)

「地域の伝統文化における企業の役割」(大東和 武司氏)

「地域文化行政と地域活性化」(岡田 実氏)

                ・・・と題されたお話を、

 

 

また大学院生は、調査班と制作班に分かれて、

「塩田」と「英雲荘」をテーマに発表されるそうです。

 

 

 

 

P1140773.JPG

 

 

 

 

「英雲荘」の中でも、最も古い建物である「大観楼」で

古(いにしえ)の人々の営みを感じつつ、

実り豊かな時間を過ごしてみませんか?

 

 

興味のある方は是非、どうぞ!

 

AH ! ― 百日紅 ―

 

当アトリエの隣、周防国分寺さんの百日紅が、

今年も咲き始めました!

 

 

 

 

P1140786.JPG  

     夏の青空に映えて、とても美しい景です。

 

 

  

 

 P1140799.JPG

 

 

 

 

 

おっ!イヌ・・・?

 

P1140783.JPG

 

 

 

 

塀から、ウチの家をうかがっている、

白い犬の顔の様にも見えますが・・・ 白い百日紅の花でした。

 

 

 

 

 

 

オマケで、わが家の桔梗もご紹介。

庭の一角に、涼やかな空間ができました。いと有難し・・・。

 

 

P1140789.JPGP1140788.JPGP1140792.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年々暑さが厳しくなりますが、

皆様、どうぞお体に気を付けて、今年の夏をお過ごし下さい。

 

 

 

山口県立大学大学院国際文化学研究科主催による、

「英雲荘を活かす!英雲荘に活かされる!」と題された公開シンポジウムが

防府市の英雲荘(三田尻御茶屋)大観楼棟で7月24日(月)に行われます。

 

その関連イベントとして今週末、英雲荘内の花月楼にて

展覧会とお茶会が開催されますので、以下の通りご案内いたします。

 

 

 

 

~ 塩田迫る三田尻御茶屋にて、防府市の今昔を眺める茶会 ~
 

 

 

展覧会


  ■ 日 時

    7月8日(土) 13:00~16:30
    7月9日(日)   9:30~16:30P1140773.JPG


  ■ 作品展示  

    大井 正則  (陶芸家)
    大井 美智子 (陶芸家)

  ■ 会 場   

    英雲荘構内 花月楼

 

 

 

※塀越しに臨む英雲荘大観楼

 

 

茶会


  ■ 日 時

    7月9日(日) 13:00~、 14:00~

  ■ 会 場

    英雲荘構内 花月楼


   ※各回先着15名まで、茶菓子・抹茶無料

   ※英雲荘本棟の拝観を希望される場合は、別途観覧料がかかります。

    (大人300円・小中学生150円)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

個人的には、花月楼の静かな空間に、大井正則様、美智子様ご夫妻の

陶芸作品がどのように展示されるのか・・・ 今からとても楽しみです。

 

ご都合宜しければ是非、防府市 英雲荘 花月楼へお越し下さい!

 

※ 尚、シンポジウムの詳細は、また後日お知らせ致します。

 

 

 

磨りガラスはめ込まれたる戸の奥に文英堂はほのぼの暗し

砂消しゴム在りし昔を想はしめ文英堂にそが売られをり

浅田陽子

『青潮』 (2017年7月号)より

 

 

 

 

P1140377.JPG   『青潮』の7月号が届きました。

 

   今回は、今年3月に訪れた

   金子みすゞ記念館に関連した

   連作です。

   上記の二首は、文英堂での歌。

 

 

 

 

 

 

以下三首は、再現されたみすゞの部屋(二階)にて詠んだものです。

 

 

 

 

四畳半のみすゞの部屋に置かれたる入室禁止の記号の赤し

文机の下に小さく置かれたる座布団につと冬陽の差せり

窓覆ふ格子の幅の切れ切れの空の青しも 鳶鳴き続く

 

浅田陽子

『青潮』 (2017年7月号)より

 

 

 

P1140382.JPG

 

 

 

 

 

零れ来るみすゞの言葉掬はんと映写機の位置確かめて立つ

浅田陽子

『青潮』 (2017年7月号)より

 

 

 

最後の一首は、展示コーナーにて詠んだ作品です。

 

 

 

 

以上、『青潮』提出作品十首のうちの六首でした。

 

 

月別 アーカイブ