わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2016年11月アーカイブ

 

 

県下で最も有名なアーティストの一人でいらっしゃる、P1140016.JPG

T 先生のアトリエを、

画廊 as やY-FATI の仲間達と一緒に

訪問させて頂きました!

 

 

車 1 台がやっと通るくらいの山道を

登る事数分、T 先生のアトリエに到着!

 

外観は倉庫?と思われるシンプルな造りでしたが、

中に入ると・・・、

 

壮大で美しく、圧倒的な存在感のある作品が数点、

展示されていました。

 

※ アトリエ敷地内の紅葉

 

 

 

ステンレス素材の作品に映り込む人々と私、そして、

生身?の私達が交錯する、奇妙で不可思議な感覚を楽しみました。

 

非公開の為、作品画像の掲載は出来ませんが、

またいつかご紹介させて頂けたら・・・、と思っています。

 

 

 

P1140019.JPG

 

 

 

 

 

貴重なアトリエへご案内下さり、ありがとうございました。

 

今回の作品見学会のコーディネーターでもある、

画廊 as it is のオーナーに心から感謝致します。

 

AH ! ― 垂直庭園 初冬 ―

 

P1130991.JPG

 

今日は、所用2件で小郡方面へ・・・。

その帰路、新山口駅へ寄り道をして

「垂直庭園」を見学。

 

 

 

 

 

 

 

 

P1140001.JPGこの「垂直庭園」、

今年3月に見た時よりも、植物がかなり茂っており、

初冬にも関わらず、緑豊かな空間が続きます。

 

(きゃ~、こんなに伸びてる~)

         

 

P1130985.JPG

 

 

 

 

 

 

    

     しかも・・・、

     手入れがキチンと行われていて、

     実に清々しい空気が漂っていました。

     

     

 

 

 

 

 

 

 

この庭園・・・、部分的によく見ると、

 

 

P1130989.JPGP1130993.JPGP1130995.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数えきれないくらい沢山の種類の植物で構成されています。

 

※ 植物の詳細を知りたい方は、解説のパネルもご覧頂けます。

(新幹線入口付近)

 

 

 

P1130999.JPG

 

 

 

P1130998.JPG

 

 

 

 

新山口駅にお立ちよりの際は、是非この「垂直庭園」をお楽しみください。

 

AH ! ― パール柑 ―

 

ウチの畑のパール柑が、今年は大豊作です!

 

 

 

 

P1130983.JPG   この夏初め頃、

   かなり摘果したのですが・・・、

 

   いつの間にか、このような鈴生り状態に

   なっていました。

 

 

 

P1130981.JPG

 

 

 

 

 

 

それとは対照的に、昨年、大豊作だったライムの木には

実がひとつも生りませんでした。 (;_;)/~~~

 

ライムとパール柑・・・、どうやら、豊作の年が交互に来るようです。

(今年のライムを楽しみにしておられた方々・・・、申訳ありません)

 

 

 

P1130979.JPG

 

 

 

パール柑は12月に収穫後、納屋で一か月くらい熟成?させてから、

皆様におすそ分け致しますね。それまで今しばらくお待ちください。

 

 

 

 

今年は紅葉をたくさん楽しんだ年でした。

最後に、ウチのキッチンから見た紅葉です。

 

 

 

P1130977.JPG     

 

     周防国分寺さんの

     敷地内にいらっしゃる、

     お地蔵さんの側の紅葉です。

 

     借景・・・。

     有難い事です。

 

 

 

 

 

 

裏口に出ると・・・この様に見えます。

 

 

P1130973-001.JPG

 

 

 

 

今日は雨の日曜日でした。

久し振りに終日わが家で過ごす、静かな一日でした。

 

つづく

 

 

 

ぬか味噌の匂ひが過り母がゐつ 夏の終はりの厨の暗し

浅田陽子

『青潮』 (2016年11月号)より

 

 

 

 

 

※「母がゐつ」の「つ」は完了の助動詞「つ」の終止形。

「母がいた!」というニュアンスで遣っています。

 

 

嗅覚や聴覚、触覚や味覚など・・・、

視覚以外の感覚も大切にしたい、と思うこの頃です。

 

 

 

 

AH ! ― 重源の郷 初冬 ―

 

ようやく風邪の治った母を連れて、P1130961.JPG

毎年恒例の「重源の郷 紅葉見物」へ行ってきました。

 

 

 

ところが・・・!!! 既に、

紅葉のほとんどが散っており、

とっても残念な事に・・・!

 

 

P1130954.JPG

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館と館をつなぐ小道にも、こんなに落ち葉が積もっています。

 

私:「見事に散っちょるねぇ~」

母:「そうじゃねぇ~」

 

 

P1130956.JPG

 

 

この里の入口の、公孫樹もこのような風情。

 

 

P1130964.JPG

 

 

 

「紅葉はなかったけれど楽しかったよ、」

と言ってくれた母へ、今年の紅葉を見せたく・・・、

 

 

P1130966-001.JPG

 

 

 

帰路に少し遠回りして、毛利邸の紅葉を塀の外側から

少しだけ楽しみました。

 

 

 

秋の京都でミニ同窓会を行いました!

先ずは、キャンパスのある東山七条近辺を散策・・・。

 

 

 

P1130911.JPG   ここは「女坂」と呼ばれる通学路です。

 

   当時は、友人たちとおしゃべりしながら

   このゆるやかな坂道を通って、

   キャンパスへ向かったものでした。

 

 

P1130914.JPG

 

 

 

 

現在は、京都駅や四条河原町から大学を結ぶ路線バス

「プリンセス ライン」が、頻繁に往復しており、

交通の便は、かなり良くなっていました。

 

※料金制(片道230円)で、一般の方々も利用できるそうです。

 

 

 

 

 

P1130917.JPG

ここはB・C・E校舎正門の前です。→

しばし、学生時代の話で盛り上がり・・・、

 

その後、側の坂道を下って、

下宿していたマンションを探しました。

 

 

 

メゾンはどこだ!.JPG

 

 

 

 

   

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  私達 : 「確かこの辺だったよねぇ~」

イ ヌ : 「ナニゴトデスカ?」

   

 

 

P1130922.JPG

 

 

 

 

 

 

やがて、レディスマンション無時発見!建物の建て増しや、周辺の民家の建て替え等で

当時の景とは随分と変わっていましたが、様々な場面が思い出されました。

 

 

 

次に向かった場所は、一年目を過ごした学生寮(現在は改築中でした)。

そして、寮の近辺である馬町を散策・・・。

 

 

 

P1130937.JPG

 

 

 

 

 

お世話になったお店屋さんの数件は、残念ながら店仕舞いしておられましたが、

当時と変わらず営業されている所もあり、皆、大興奮・・・?

 

 

35年前のキラキラとした時間が蘇ってきた、「思い出めぐり」のひと時でした。

 

 

つづく

 

「思い出めぐり」の途中で、紅葉も一緒に楽しみました。

 

 

先ずは、智積院へ・・・

 

P1130909.JPG

 

 

 

三十三間堂前(東大路側)

 

P1130924.JPG

 

 

 

 

再び、智積院正面

 

P1130926.JPG

 

 

 

※Yさんから提供された画像を含みます。

 

P1130929.JPGP1130928.JPGP1130930.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女坂から見た智積院の紅葉

 

P1130932.JPGユキーマより.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後のやわらかな日差しを受けて、紅葉した葉は一層鮮明になり、

この美しい景と共に、同窓会の思い出めぐりは終わりました。

 

 

つづく

 

 

ここは同窓会でお世話になったお宿です。

近くに錦市場もあり、主婦には有難い・・・!

 

 

 

 

P1130938.JPG

 

 

 

 まずはお土産の交換会

(お心遣いに感謝!)

 

P1130948.JPG

 

 

 

 

 

 

その後ゆっくりと時間を過ごし、上げ膳据え膳の夕食!

これが一番贅沢よねぇ~。

 

 

P1130942.JPG

 

 

 

 

そして・・・、37年前に巡り逢えた不思議なご縁と、

素敵に歳を重ねてきた友人たちとの再会に、

心から感謝しました。

 

これからもみんな元気で頑張ろうね~。再会に乾杯!

 

つづく

 

AH ! ― 京うちわ ―

 

同窓会の2日目は、宿の近辺を散策。

ここ柳馬場通りは比較的静かで、品の良いお店が点在しています。

中でも、アサダ一押しのお店はこちら・・・。

 

 

 

 

創業元禄二年 有職京団扇本舗

「阿以波」さん

 

 

 

P1130945.JPG     京都の様々な伝統工芸の技

     (手描き、木版、染め、はり絵、等)が

     見事に融合された逸品がずらり・・・。

 

 

P1130946-001.JPG

 

 

 

※この画像は、お店の方の許可を得て掲載しています。

 

 

 

今回アサダが頂いた品はこちら・・・、柄は、

有名な木版工房にて制作されたモノだそうです。

 

 

P1130951.JPG

 

 

シンプルで凛とした形と、涼しげで美しい柄が気に入り購入しました。

 

 

他にも、ここ柳馬場通りには・・・、

友禅の技法をプロダクトデザインに落とし込んで

商品化された和紙のお店や、紅茶専門店、ワインバーなど、

お洒落で興味深いスポットがたくさんありました。

 

 

またいつかゆっくりと訪ねてみたい通りでした。

 

Tanka Tanka 「 疑惑 」 vol.152

 

かの時の疑惑のごとくひたひたと這ひ来し蔦は壁をおほひぬ

浅田陽子

『青潮』 (1999年3月号)より

 

 

 

 

P1130877.JPG    短歌を習い始めた頃の作品。 

 

    稚拙な歌ですが・・・、

    蔦の這っている建物を見ると、

    この歌を思い出します。

 

 

 

    当時、歌会にて、

    師匠であるN先生が

    添削して下さったのが、こちら・・・。

 

 

 

 

 

 

かの時の疑惑のごとく白壁を覆ひて蔦の蔓は伸びたり

 

 

 

 

先生  : 『一応添削してみましたが、「ごとく」と言わずに

          この心境を詠えるよう、もっともっと勉強して下さい!』

 

その時の先生のご助言が、独特の口調と共に思い出されました。

 

AH ! ― 焚火 ―

 

この夏、高校美術部OB会を開催した際に、作品展の展示用品をお借りした画廊へ、

お礼を兼ねてお邪魔して来ました。

 

 

 

現在ここで開催されている展覧会は・・・、

 

小田さんDN.JPG小田善朗 作品展

2016.11.19(土)~11.23(水)

11:00~17:00

画廊 as it is (山口市鋳銭司)

 

独特の世界で表現された油彩画と銅版画が、

画廊 as の空間に、素敵に展示されていました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

展覧会の開催中は、画廊の庭にオーナーがたき火を準備して下さり、

温かな空間を楽しむ事が出来ます。

 

 

P1130881.JPG    今日は、私と野良猫の銀ちゃんの

    二人?で、焚火を楽しみました。

 

 

 

 

P1130883-001.JPG

 

 

 

 

 

 

 

時折り、百舌鳥(もず)が隣の茂みから、鋭い鳴き声と共に飛び立つので、

銀ちゃんはその都度、アタフタしていましたが・・・、とても静かな時間でした。

 

 

ご都合宜しければ、

素敵な展覧会と共に、画廊 as it is の初冬をお楽しみ下さい。

 

 

AH ! ― 紅葉 ―

 

3週間近くアトリエにこもっていた反動で、今週はとっても・・・Active!

 

今日は所用で、防府市毛利邸内のギャラリーへ行き、

ついでにちょっとだけ、紅葉見物もしてきました。

 

 

 

 

P1130890.JPG  現在の紅葉はこんなカンジです。

 

    「今年は紅葉が遅いねぇ~」等と、

     観光のお客様方の声を聞きつつ、

     御門付近を散策。

 

P1130893.JPG

 

 

 

 

 

 

 

既に紅葉した葉と、これから紅葉する葉の

色彩のコントラストが美しく・・・、

 

 

P1130885.JPGP1130887.JPGP1130897.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作為の無い自然の美には、やっぱり勝てんわぁ~・・・と感じた次第。

今年はたくさんの紅葉を楽しむ事が出来そうです。(ワクワク)

 

良いお天気が続きます様に・・・。

 

 

FUMIO YAMADA WORKSP1130873.JPG

「SCENES OF SOMETHING」

と、題された展覧会の案内状をよく見ると・・・、

ナント!今日までの開催とあり、

午後から大急ぎで行ってきましたよ!

 

 

 

ここは、防府市天神町にあるウミネコ酒店です。

 

P1130872.JPG

    1階は個性的な設えのスタンドバー、

    (お酒の販売もしておられます)

    2階と3階は多目的なアートスペースとして

    活用されているそうです。

 

    P1130856.JPG

 

 

 

 

2階に上ると、ここはまさに異空間! 

経年変化した建物と、洋画作家 山田史生さんの抽象作品が美しく融合して、

摩訶不思議な世界が広がっていました。

 

 

 

P1130864.JPG

 

 

 

 

 

※作品の画像は、山田さんの了解を頂き掲載しています。

 

P1130874.JPG   ここは3階の展示スペースです。

 

   2階とは趣が全く異なり、

   天井の低い、隠れ部屋的な

   怪しい?空間が実に魅力的。    

 

    

 

 

 

 

 

P1130871.JPG 今回の山田さんの作品は、

 漁港を題材とされた抽象画や、

 この建物からインスパイヤ―された

 作品など、とても多彩で・・・、

 

 十分楽しませて頂きました。

 感謝!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、2階から望む3階です。

 

この混沌とした空間に刺激されて、私自身の

クリエーター脳?が覚醒したような気がします。

 

 

 

P1130862.JPG   

 

 

 

 

 

防府にまた一つ、魅力的な場所を発見しました!

素敵な展覧会と素敵な会場へご案内頂き、ありがとうございました。

 

 

AH ! ― 月輪寺薬師堂 ―

 

今日は久しぶりの休息日です。

気分転換に近場をぐる~っと、ドライブする事になりました。

 

 

 

 

P1130793.JPG   ここは山口市徳地にある、

   「月輪寺(がちりんじ)」薬師堂。   

 

   静かなたたずまいが、来る者を奥へ奥へと

   誘います。

 

   石段を上り山門をくぐると・・・、AH !

   珍しい茅葺屋根のお堂が現れましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

P1130778.JPG   簡素でありながら、その堂々とした姿に

   鎌倉時代の思想が重なります。

 

   この建物は、山口県下最古の木造建築で、

   国の重要文化財にも指定されている

   との事・・・。 

 

    

 

P1130779.JPG

 

 

 

  

 

 

 

P1130780.JPG

  またお堂の側には、一本のもみじがあり、

  ここの景に華やかさを添えていました。

 

  まさに徳地の秋を凝縮したような?

  空間です。

 

 

P1130781.JPG

 

 

 

 

 

偶然立ち寄った薬師堂でしたが、静かな時間を過ごさせて頂きました。

 

 

 

 

P1130791.JPG

 

 

 

 

 

 

 

石段を下ると・・・、

敷地内の池の面に秋の陽が反射した、神々しい瞬間に遭遇!

今日の不思議な一期一会に心から感謝しました。

 

 

つづく

 

 

AH ! ― 永源山公園 秋 ―

 

国道376号線からP1130795.JPG

国道489号線を経由して周南市へ・・・。

 

ここは永源山公園です。

 

足腰の鍛錬と、心の浄化の為、

秋の公園を散歩する事にしました。

 

 

 

P1130798.JPG

 

 

 

P1130845.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1130809.JPG       美しく整備された遊歩道を

       ひたすら上ってゆくと・・・、

 

 

 

P1130805.JPG

 

 

 

 

 

ゆめ風車 & 撮影日和 lucky!

 

P1130818.JPG

 

 

 

 

起こしても起こしても起きない野良猫 

肝の据わったヤツ・・・。

 

P1130824.JPG

 

 

 

 

 

木漏れ日の中、再び下山・・・。

 

 

P1130828.JPG

 

 

 

 

森のエネルギーをたくさん頂戴しました。いとありがたし・・・。

 

 

 

P1130841.JPG

 

 

 

 

計画性のないドライブでしたが、お天気にも恵まれてlucky!

今年の秋を十分満喫できました。感謝・・・。

 

 

 

白き馬を描き続けたる画家の名を思ひ出しつつ森を歩めり

 

 

浅田陽子

『青潮』 (2016年11月号)より

 

 

 

P1050712.JPG

※ イメージ画像

( 撮影時期は初夏でした。)

 

P1050706.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒髪のややに湿りて森を行く 森の匂ひの真ん中へ行く

浅田陽子

『青潮』 (2016年11月号)より

 

 

 

P1050715.JPG

 

 

 

 

 

 

エネルギー不足の日々が続いています。

森の力に頼りたくなるこの頃です。

 

 

 

 

 

山小屋のそばの小さき切り株に椅子かと問へばさうだと言へり

浅田陽子

『青潮』 (2016年11月号)より

 

 

※ イメージ画像

P1110580.JPG   この歌は、左の椅子?から触発されて

   創りました。

 

   この椅子を見ていると・・・、

   様々なストーリーが浮かんでくるから

   不思議です。

 

   

   

 

 

 

 

 

 

今号の『青潮』では、森を旅してきたような雰囲気の連作にしよう!と

試みましたが、結局、作品不足の為、色々な歌(同窓会での歌、母の歌)の

寄せ集めとなってしまいました。(;_;)/~~~

 

 

その中から森の歌を二首、ご紹介します。

 

つづく

 

 

今日は、山口県立厚狭高校で行われる学習成果発表会(ファッションショー)を拝見する為、

午後から山陽小野田市まで行って来ました。 

 

 

 

    ※ 厚狭高校さんでは、総合家庭科という学科があり、

      その中で服飾を専攻された生徒さん方の3年間の集大成として、

      ファッションショーが毎年この時期に開催されています。

 

 

 

 

 

P1130768.JPG  今回作品を発表されたのは、昨冬、

  ウチのアトリエにお越しいただいた

  生徒さん方でした。

  今年のテーマは・・・「わ」。

 

  ショーでは、「和」の精神世界を基本に、

  様々な視点から創り上げられた、見事な作品群が

  紹介されてゆきました。

  

 

 

登場順に・・・、

 

☆ 自然との共生をテーマに、花、水、生き物を美しく表現された 「つながり」(3点)

☆ 輪廻転生から、再生の華やかさを蓮の花に重ね合わせて優美に表現された 「ri n n e」(2点)

☆ 生命の神秘と大切さを、キュートなシルエットで、しかも斬新に表現された 「たまご」(2点)

☆ 郷愁あふれるコンセプトで、シーグラスを彩豊かに表現された 「Memory~Sae Glass」(3点)

☆ 女性の華やかさと哀しさを、全く異なる印象のデザインで見事に表現された 「変貌」(2点)

☆ 日本の伝統技術の素晴しさを、各パーツに取り込んで素敵に表現された 「テ・カラ・テ」(2点)

☆ 斬新なデザインと大胆なステージパフォーマンスが見事に融合された 「提灯」(4点)

☆ カラフルな布をつなぎ合わせて、キュートでお洒落なドレスに仕上げられた 「自由」(2点)

☆ デザインバランスが絶妙、強いメッセージと共に独特の感性で仕上げられた 「Crow」(2点)

☆ 観賞用の金魚を細やかに観察し、その儚さと美しさを表現された 「金魚~人工美~」(4点)

 

 

・・・と、どの作品も、コンセプト、表現力、技法、演出、等・・・、

超高校生級のレベルの高さと思われました。

 

 

さらに、和菓子からインスパイヤ―されてデザインされた、繊細で優美なドレスや

ウエディングドレスなど、それはモウ、力作揃い! 

華やかなフィナーレへと続き・・・、

 

そして最後のメッセージでは、先生方、先輩や友人、家族、等々・・・、

これまで関わって来られた、全ての方々への感謝の言葉で締めくくられて、

感動のうちにショーは終了。

 

 

 

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

 

 

ステージの幕が降りるまで、横一列に並んで深々とお辞儀をしておられた生徒さん方の姿が

とても清々しく、会場からは、彼女らを称える拍手が鳴り止みませんでした。

 

何か、会場全体が感動の渦で一つになった様な・・・、

そんな素晴らしい瞬間を共有できた事に、心から感謝しました。

 

また、モノづくりを通して素敵なレディーに成長された生徒さん方の

輝かしい未来に心からエールを送りました。

 

 

ご案内頂き本当にありがとうございました!

厚狭高校の皆様の、今後の益々のご繁栄を、心からお祈りいたします。

 

 

 

 

 

今年も周防国分寺、P1130701.JPG

秋のライトアップが始まりました!

春と秋に行われるこのイベントですが、

秋には行燈も並べられて、実に華やかです。

 

 

 

 

 

P1130711.JPG

 

 

 

 

 

 

この行燈の灯りは、今流行りのLEDではなく、

担当の方が、ひとつひとつ蠟燭へ点火していかれます。

 

 

炎の揺らめきが幻想的な夜を演出していました。

 

 

 

P1130708.JPG

 

 

 

 

 

また、山門や本堂のライトアップも見事です。

 

 

 

P1130691.JPG     特に軒下の木組みは美しく、

     夜の闇に金色に浮かびあります。

 

 

 

 

P1130705.JPG

 

 

 

 

 

 

 

このライトアップは、11月4日(金)まで行われています。

※行燈のインスタレーションは、3日(木)までです。 

(18:00 ~ 21:00)

 

宜しかったら、どうぞお参り下さい。

 

 

月別 アーカイブ