わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2016年8月アーカイブ

 

こちらは、むかしむかし制作した編みぐるみで、

様々な編地を用いて仕上げた、サンプルベアーです。

 

 

 

 

P1130520.JPG これまでは、私の車の後部座席に乗せて、

 小さな子供たちのおもちゃとして

 活躍してしてくれていたのですが、

 

 今年の夏は、私が

 2つのパーティーの司会をした時の、

 癒しグッズとして、タイヘン重宝しました。

 

 ニット展で販売している Xmasベアーは

 きっちりと中に綿を入れますが、

 このベアーは、柔らかく仕上げています。

 

 

 

 

 

その柔らかさが良かったのか?

抱いた時のホワッとした感触が、エエ感じ~・・・と大人からも好評!

 

パーティーでは、たくさんの方々から、抱いて?頂きました。

 

 

 

可愛がっていただき、ありがとうございました!

アトリエオリジナルの「Xmasベアー」も宜しくお願いします!

 

 

 

 

庭土を草ごと掬ひ裏返す さう初めから何もなかつた

浅田陽子

『青潮』 (2016年9月号)より

 

 

 

P1130554.JPG  下の句がこの歌のポイント。 

 

  何もかも・・・、

  何もなかった、と思いたい時もあるのです。

 

 

 

 

  

  モウ一首は、野良猫との歌です。

 

 

 

 

 

 

 

野良猫と保ちたる間(ま)を唐突に壊してしまふ吾のくさめは

浅田陽子

『青潮』 (2016年9月号)より

 

 

 

 

※「くさめ」は「くしゃみ」の事。

 

 

 

アサダの大きなくしゃみ以来、この野良猫はどこかに行ってしまいました。 

 

 

 

 

コロ付きの草抜き用の小さき椅子草抜く吾の尻に付き来る

浅田陽子

『青潮』 (2016年9月号)より

 

 

 

P1130544.JPG    数年前に、草取りのし過ぎで

    膝を痛めてしまってから、

    この椅子を愛用しています。

 

    毎日、酷使しているにも関わらず、

    こんなに丈夫!

 

 

 

 

 

 

吾が影の中に生えゐる草のみを抜いてをるなり夕べの庭に

浅田陽子

『青潮』 (2016年9月号)より

 

 

 

※「抜いてをるなり」は、「抜いていますよっ!」というニュアンス

 

 

 

 

夏場は夕方、暗くて草が見えなくなるまで、草取りの作業をしていました。

この夏の草は、とびきり元気でした。

 

つづく

 

AH ! ― 青潮 9月号―

 

私が所属している、短歌結社『青潮』の9月号が届きました。

 

 

 

 

 

P1130537.JPG   ここ数か月、

   デスクワークと草取りの日々の連続で、

   歌材は必然的に、草取りの歌・・・。

 

   何となくパッとしない作品群でしたが、

   次ページの Tanka Tanka で、

   数首、ご紹介いたしますね。

 

 

 

つづく

 

 

 

AH ! ― 絵葉書! ―

 

高校時代の美術部の大先輩で、現在、絵本作家として活躍しておられる

田頭よしたか様から、「OB会、ご苦労様でした・・・。」の手紙と共に

素敵な絵葉書がナント10枚も!!!・・・届きました。

 

 

 

P1130538.JPG  私一人で頂くわけにもいかず、

  田頭先輩のファンの女子達で

  山分けして、一件落着!

 

  今回のOB会の幹事役を

  頑張った事への

  ゛神様からのご褒美"として、

  現在、宝箱に収めています。

 

 

 

 

 

 

細やかなお心遣いをありがとうございました!

田頭様の益々のご活躍をお祈りいたします。

 

 

 

皆様へのお礼状と記念写真をお送りして・・・、

一つ目のイベントが無事に終了しました。

 

 

 

 

 

IMG_0081.jpg  多くのOBの方々の

  ご支援とご協力を頂きました事に、

  心から感謝しています。

 

 

 

  Photo:H-C

 

 

 

 

 

酷暑の中お越しいただき、本当にありがとうございました。

皆様の益々のご活躍とご健康をお祈りいたします。

 

AH ! ― 器 ―

 

先日ご紹介した作陶家、小川浩延さんの作品をGet!

 

 

 

 

P1130518.JPG    力強い形と、美しい色合いに惹かれて

    頂きました。

 

 

 

 P1130515.JPG

 

 

 

 

 

一見、ゴツゴツとした印象のこの器ですが、

手の中に納めると、驚く程しっとりと掌に馴染むから本当に不思議!

 

 

 

P1130512.JPG

 

 

 

コーヒーをゆっくりと味わったり・・・、

特別なおもてなし料理の小鉢として・・・、etc とても重宝しそうです。

 

大切に使わせて頂きます。

ありがとうございました!

 

 

現在、山口井筒屋5階 美術ギャラリーにて

萩焼 室生窯 小川浩延 作陶展 が開催されています。

 

 

 

P1130503.JPG

 

 

 

 

会期:平成28年8月10日(水)~16日(火)(最終日は午後4時閉場)

 

 

 

小川さんは、画廊「as it is」の大切な仲間で、

いつも、誠実にモノづくりに取り組んでおられる作陶家さんです。

 

 

宜しければ、是非、ご高覧下さい。

 

 

昨日の美術部OB会では、ホテル会場の一角をお借りして

出席者有志の作品や、事務局所蔵作品を展示した、

ミニ作品展も行いました。

 

 

 

Photo : H-C A.Kawai

美術部OB会.jpg   私は、「帰森Ⅲ」の

   ポスターを出展!

 

   額に収められたアクリル板に

   色々なものが写り込んでいますが、

   実際のポスター画像はコレです。

           ↓

 

 

Photo&Design : H-C A.Kawai

「帰森」.jpg

 

 

会場では、

OBの先輩方や同期の仲間から

作品のコンセプトや素材、等を突っ込んで質問され、

まるで、修士発表の時の様な緊張感を

味わいました。ふぅ~・・・。

 

さすが、美術部・・・、視点がシビアです!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のミニ作品展では、

恩師の F先生ご夫妻の作品(油彩画・水彩画)や、OBの方々による

絵画(油彩、水彩)、陶芸、絵本、木工、段ボールアート、写真、・・・ 等、

様々な分野の作品が集まり、実に充実した空間を楽しむ事が出来ました。

 

 

 

 

IMG_0192.jpg

 

 

 

 

また会の最後には、2009年に開催された第1回目のOB会の様子を収めた

写真アルバム「絆」(昨年10月に亡くなられたA先輩の作品)も公開出来て、

本当に思い出深い会となりました。

 

 

 

 

皆様から頂いたパワーを、今後の活動に活かせるよう頑張ります!

上質な時間と空間をありがとうございました。

 

 

この夏には、無謀にも W(ダブル)幹事!

現在は、高校時代の美術部OB会の準備に 熱中!集中!奮闘中!

 

 

 

もうすぐ開催なのに~、お盆の準備もしなきゃ~、

かなり焦ってきたぞぉ~

 

 

 

美術部OB会.JPG

 

 

 

 

 

今回は会場にて、参加者らによるミニ作品展も行います。

思い出深いOB会になるよう、心を込めてご用意させて頂きますね。

 

お待ちしていま~す!

 

月別 アーカイブ