わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2015年11月アーカイブ

AH ! ― 楽しくなる靴下 ―

 

うれしい頂きものです。

楽しくなる?靴下・・・!

 

 

 

 

P1120577.JPGP1120580.JPGP1120578.JPGP1120584.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見ると・・・、ストーリー性のある図柄で、実にキュート!

履くのはもったいないので、しばらく部屋に飾って楽しむ事にしました。

 

いつも、ありがとうございます!大切にします・・・。

 

 

 

午後から時間が取れたので、絵の好きなウチのおばあちゃんを連れて、

村田千恭さんの展覧会に行って来ました。

場所は、山口市に在るクリエーティブスペース赤れんがです。

 

 

 

 

 

 

 

P1120572.JPG   「村田千恭の仕事展」 

     〈 油絵~オブジェ 様々なアプローチ 〉

 

      会場入り口の、このポスター・・・、

      黄色い額縁の中にある赤いポチポチは、 

      なんとボタン! 

 

      自由な発想で、細部にまでこだわって

      仕事(創作活動)をされる、

      村田さんを象徴するかのようなデザインでした。

 

 

 

 

 

 

 

会場には、青が印象的な油絵の力作、数点をはじめ、

クレパスで自在に心象を表現された作品群、

また、様々な素材を用いた三次元的オブジェ・・・、等、

村田さんの多才なお仕事ぶり?を拝見することが出来ます。

 

 

 

今回のDMの一部分より ↓

 

P1120576.JPG

 

 

 

 

村田さんとは、画廊 as it is でお知り合いになりました。

着物姿の素敵な女性です。❤

村田さんいわく、「私を多面的に見て頂きたい・・・。」

 

様々に繰り広げられる「村田ワールド」を、

是非、多くの方々にご覧いただきたいと思いました。

 

❤ 29日(日)まで (10:00~17:00 ※最終日は16:00まで )

 

 

 

  複写機を覆ふ絽の布飛ばぬため白き歌集の置かれて久し

浅田陽子

『青潮』 (2009年5月号)より

 

 

 

P1120571.JPG 引き続き・・・、

 「白き歌集」が登場する作品です。

 

 この歌、短歌会では深く解釈して頂き、

 とても高尚な作品?として生まれかわりました。 

 

 正直、そんなに深く考えて詠んだ歌では

 なかったのですが・・・、

 

 

 

 

 

 

 

時に短歌作品は、読み手により、全く別のシロモノになってしまう事があります。

そこが歌会のオモシロイところでもあります。 

 

 

 

AH ! ― 青磁の魅力 ―

 

現在、山口県立萩美術館・浦上記念館では、

「青磁のいま」 (CELADON NOW) ― 受け継がれた技と美 南宋から現代まで

と題された展覧会が開催されています。

 

 

 

 

P1120560.JPG  時々、讀賣新聞にて、

  作品の紹介がされていたので、

  興味があった展覧会ですが・・・、

 

  開催期間が29日(日)まで、

  という事もあり、今日は思い切って

  萩まで行って来ました!

 

 

 

 

 

                    今回のリーフレットより ↓

 

P1120562.JPGサブタイトルにもある様に、

会場には・・・、

 

日本に伝わってきた

南宋時代の作品から始まり、

 

日本に於ける青磁の文化を確立させた

板谷波山などの物故作家の名品、

 

そして、現代の重鎮や新進気鋭の

作家さん方の作品が展示されていました。

 

 

 

 

 

特に印象的だったのが・・・、

玉(ぎょく)への憧れから生まれたとされる、南宋時代の美しい釉色、

板谷波山の作品の緊張感のある完璧な形、そして・・・、

独自の作風を追求する若い作家さん方の意欲作品でした。

 

 

 

「本物だけが残っていく・・・」 というウチの師匠の言葉を思い出しました。

 

 

 

細き骨甲に浮かせる手の伸びて白き歌集を書架より抜けり

浅田陽子

『青潮』 (2009年11月号)より

 

 

 

 

P1120567.JPGこの歌集は、私の短歌の師匠の

渾身の一冊です。

 

先生はこれをご上梓されたのち、

間もなく、急逝されました。

 

 

 

 

 

 

 

読み直してみると、いつも・・・、

道しるべのごとく進むべき方向を示唆して下さいます。

 

とても有難い一冊です。

 

 

 

今年も倶楽部SEIの写真展が12月に開催される事になりました。

Y-FATIからは、Club SEY with Friends として、若い2名が参加します!

 

 

今年のポスター ↓

 

P1120549.JPG写真楽園 Club SEI 写真展

 

      日程 : 12月9日(水)-12月13日(日)

      時間 : 9:00-18:00 

      ※ 最終日は17:00 9日は2階のみ14:00

 

      場所 : クリエーティブ・スペース赤れんが

 

 

 

 

 

 

今回は、初日(9日)のオープニングコンサートにて、フルート奏者の田畑さんが

Y-FATIメンバー制作による和紙のドレスを着用して下さる事になりました。 感謝!

 

徳地和紙の作品がどのような表情を見せるのか…今からとても楽しみです。

興味のある方は、是非お越しください。

 

 

 

写真展のポスターとリーフレットを皆様にお配りする為に、

今日は山口市へ・・・。

 

 

 

 

P1120555.JPGここは、県立大学大学院の入口付近です。

高く伸びた樹々が並び、

キャンパス内に小さな森を作り出しています。

アサダ イチオシの場所・・・。

 

既に紅葉し終わって、

葉が散ってしまった樹もありましたが、

紅葉が始まったばかりの樹もありました。

 

いつの時期に来ても、清々しい所です。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、梢の奥に拡がる青空が一際美しく見える、

空気の澄んだ一日でした。

 

AH ! ― 朝陽 ―

 

三日間ぶりに見るお日様です。

 

 

 

 

P1120551.JPG こちらは、ウチのキッチンから見る朝の景。

 

 

 

 

      周防国分寺さんの山門と、初冬の雲と、

      朝陽の取り合わせが実に美しく、

      思わず、撮影!

 

 

P1120552.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝陽は間もなく雲に隠れてしまいましたが、心が空へ空へ・・・、と広がってゆく、

そんな清々しいひとときでした。 感謝! 

 

 

AH ! ― 保護色 ―

 

不思議な色のカマキリを発見!

 

 

P1120545.JPG    茶色と黄緑色の混ざったカマキリなんて、

    珍しい!・・・と思って調べてみると、

    カマキリの体は保護色になっており、

    この季節は、枯葉色に近づいていくとの事でした。

 

 

 

 P1120542.JPG

 

 

 

 

それにしても、このカマキリのカメラ目線は妙に可愛く・・・、

 

啄木は砂浜で泣きながら蟹と戯れましたが、

アサダはしばし・・・、蟷螂と戯れました。 

 

 

所用で山口市の大殿大路へ・・・。

ここは、有限会社ナルナセバです。

 

※「ナルナセバ」は、山口県立大学大学院生の

   インキュベート機能を目指したベンチャー企業です。

 

 

 

P1120536.JPGショーウインドには 今、大ヒット商品の

「モンペッコ」 が展示されていました。

 

今年のモンペッコ

「やまぐち縞takijima2015」は、

2014年に引き続き、5種類の縞で

構成されています。

 

 

 

 

 

 

右上から・・・P1120532.JPG

~森~ MORI  

~陽~ HI

~海~ UMI

左上から・・・

~空~ SORA

~玉~ GYOKU

                    

                   

 

 

 

 

 

今回私が購入したのは・・・、海色のモンペッコです。

日本海の深い青色が想い起こされる、美しい配色の縞でした。

 

P1120540.JPG

 

 

 

 

 

履き心地も大変よく、着こなし次第でお洒落着にも活用できます。

オンラインショップでも購入が可能! 是非検索してみて下さい。

 

 

今日は、山口県立厚狭高校で行われる学習成果発表会(ファッションショー)を拝見する為、

Y-FATIメンバーのTさんと一緒に、山陽小野田市まで行って来ました。 

 

 

ASA コレクション2015 「一期一会」

 

 

 

P1120538.JPG 厚狭高校さんでは、総合家庭科という学科があり、

 その中で服飾を学ばれた生徒さん方の

 3年間の集大成として、

 ファッションショーが開催されるという事でした。

 

 

 こちらは、ショーのプログラムです。

 表紙の図柄は、まさに飛翔のカタチ!

 

 

 

 

 

作品は、「催涙雨」 「時間」 「茶道」 「ユリシス」 「万華鏡」・・・などのイメージに基づき

二点~四点の作品群で構成されていたり、

「紅艶」 「水浅葱」 「雲母」・・・などの色名に即したドレスが登場したり・・・、と

実に充実した内容となっていました。

 

先ず驚いたことは、作品一点一点の完成度の高さです。

 

若々しい感性のデザインに加え、様々な技法の手仕事が丁寧に施されていて、

高校生でも最高レベルと思われました。

 

また振り付けも、生徒さん達の熱い思いがまっすぐに伝わって来る、清々しい演出でした。

 

そして最後のフィナーレは、お世話になった先生方、家族、仲間、後輩達への

お礼の言葉で締めくくられていて、会場はモウ感涙・・・。

 

本当に感動的なファッションショーでした。ご案内頂きありがとうございました!

皆様の輝かしい未来に心からエールを送ります!

 

 

 

活動の記録 ― gallery G ―

 

ここは、広島県立美術館のすぐそばに在るP1120485.JPG

「gallery G」 さんです。 

 

今日(11月10日)からここで、

フェルト作家のジョリー・ジョンソンさんと

ニット作家の高祖かず子さんとの2人展

「ふたりのウール・マジック展」 が

開催されます。

 

 

少し早目に到着したので、ギャラリーはまだ、

オープンしておらず、しばし周囲を散策。

 

 

 

 

 

紅葉を始めた街路樹と白いシンプルな建物が美しく調和して、

とても素敵なロケーションです。

 

 

 

 

P1120486.JPG  また、建物へのアプローチの両脇に、

  水の張られたスペースがあり、

  そこを通る事によって、

  何か特別な場所へ入ってゆく・・・、

  そんな神聖な気配が漂うギャラリーでした。

 

  実はこのギャラリー・・・、

  数年前からとても気になっており、

  時々ホームページをチェックしていました。

  今回のイベントもギャラリーのウェブサイトから

  情報を得た次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、待つ事数分・・・、オープンの11時前にはブラインドが上げられて、

外からでも、ギャラリー内を窺う事が出来ます。

 

そこには、ジョリーさんのシックで個性的なフェルト作品と、

高祖さんの色鮮やかなニット作品が不思議と響き合い、

独特の空間が演出されていました。

 

※この画像は、ジョリーさんの許可を頂いて撮影しています。

 

 

P1120488.JPG

 

 

 

 

P1120515.JPG会期 : 11月10日(火)~11月15日(日)

時間 : am11:00~pm7:00

      ※最終日のみpm4:00

← 今回のDMより

 

 

 

 

作家さん達は、今日10日(火)のみ在廊される、との事でした。 お会いできて・・・Lucky!

今回は、とても良い刺激を頂きました。 また、素敵な時間をありがとうございました!

 

 

つづく

 

 

「gallery G」さんの展覧会と同時開催で、

すぐ近くにあるクラフトギャラリー「花かぶき」さんでも

このお二方の作品展が行われていました。

 

今日は、ジョリーさんとお会いした事を記念して・・・、作品を1点購入!

 

 

felt work :Jorie Johnson

 

P1120519.JPGP1120526.JPGP1120530.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不思議な質感のマフラーです。 

 

 

よく見ると・・・薄い二種類の布をシワシワにして、

それをフェルトと合体させたモノでした。

 

またマフラーの端の部分には、トサカ?のようなフェルトが取り付けられており、

ジョリーさん独特の遊び心に触れることが出来ます。

 

色々と参考になりました。 大切にします。 ありがとうございました!

 

AH ! ― 縮景園 2015年秋 ―

 

その後、ランチまでしばし散策・・・。

ここは、galleryG さんのすぐそばに在る縮景園です。

 

 

 

P1120496.JPG

 

P1120500.JPG

 

 

 

 

P1120505.JPG     広島の秋を楽しみつつ、

     回遊式の庭園をゆっくりと巡りました。

 

 

 

P1120508.JPGP1120511.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1120512.JPG

 

 

 

 

今日の様々な出会いに、心から感謝しました。

 

 

 

 

急きょ、明日は予定を変更して、広島へ行くことになりました。

広島へは確か、一年半ぶりくらいかなぁ~。 ワクワク・・・。

 

 

 

 

P1120482.JPG  諸々の都合により、4時半までに

  帰宅しておかないといけないので、

  新幹線の便数の多い

  新山口駅から乗車する事にしました。

 

 

 

 

 

 

時間を有効に使う為、現在、予定表を作成中・・・!

 

 

 

 

 

 

こちらは先日、徳地を訪れた時に買い求めたP1120476.JPG

手すき和紙のレターセットで、私の

長年愛用しているアイティムのひとつです。

 

 

山口県の無形文化財保持者、

千々松哲也さんが制作されています。

 

 

 

 

 

 

P1120477.JPG     向こうが透けて見えるくらいに

     薄く漉かれた和紙に、

     5ミリ方形程の色和紙が

     不規則にちりばめられ、

     とても愛らしいデザインとなっています。

 

 

 

 

 

また、便箋の下の一辺に、和紙ならではのヒワヒワした

質感が残されており、手漉きの温かさが伝わってきます。

 

 

 

このレターセットは、徳地堀にある

徳地町物産品販売所 「南大門」 で購入できます。

 

宜しかったら、是非どうぞ!

 

 

 

 

今日は久しぶりの、家庭サービスの日です。

お天気も良かったので、山口市徳地深谷にある「重源の郷」に、

紅葉狩りに行って来ました。

 

 

 

 

P1120444.JPG     「重源の郷」は・・・、

     山口市徳地の国道489号線から

     山間(やまあい)に向かって

     6km程入った所に在ります。

 

     

 

 

 

 

 

P1120446.JPG

 

 

 

     沢伝いのこの道も、

     またしっとりとした趣があり、

     時折、車を止めて、

     清々しい空気を体中に取り込みました。

     

 

 

 

 

 

 

 

樹木に覆われた道では、降りしきる落ち葉のシャワーを浴び・・・、

苔生した道では、苔の香りを楽しみつつ・・・、

 

 

 

P1120447.JPG

 

 

 

 

奥へ奥へと入っていきました。

 

 

つづく

 

 

 

「重源の郷」に到着したのが午後1時を過ぎていたので、

先ずは、ランチを楽しむ事にしました。

 

 

 

 

 

P1120450.JPGここは、「庄屋」と呼ばれる建物内の

食事処「花ひとえ」さんです。

 

いつもの席で、いただきま~す!

今日は、窓からの紅葉が見事で、

 Lucky!

「綺麗じゃね~」 「そうじゃねぇ~」

 

 

 

 

 

 

 

 

P1120467.JPG

   そして、食事を済ませた後は・・・、

   「重源の郷」の秋を満喫しました。

 

 

 

P1120459.JPG

 

 

 

 

P1120457.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後から少し曇ってきましたが、今年は丁度、

紅葉の一番美しい時期だった・・・、(スタッフの方、曰く)

という事もあり、 どこを見ても絶景!

 

「思わず、良い時に来たねぇ~」 「そうじゃねぇ~」

 

 

P1120466.JPG

 

 

 

 

今日は、素敵な時間を過せた事と、この美しい景に誘われて、

ウチのおばあちゃんが、前回よりも元気に歩いてくれた事に、心から感謝しました。

 

 

 

 

 

大楠の洞に棲みゐる小鼯鼠(ももんが)の飛ぶ夜の途絶えライトアップ続く

浅田陽子

『青潮』 (2014年3月号)より

 

 

 

 

 

   先日より、ライトアップされている、P1120439.JPG

   周防国分寺さんです。

 

   連日、たくさんの方々がお越し下さり、

   その見事な景を楽しんでおられます。

   

  

P1120435.JPG

 

 

 

 

 

 

     金堂や山門などの建物も

     勿論、素晴らしいのですが、

     樹齢600年と言われている大楠も

     これまた圧巻です!

 

 

 

 

  

 

下から見上げるとこんなカンジ・・・。

この歌に登場するモモンガがいるかどうかは???ですが、

闇の底に目を凝らすと、ワケノワカラナイ色々な生き物たちが

こちらを見ているような気配を感じるから不思議です。

 

 

P1120434.JPG

 

 

 

 

 

P1120442.JPG

 

 

 

 

このライトアップは、明後日の金曜日まで続きます。

夕食後の散歩に・・・、どうぞおいでませ!

 

※ 金曜日のライトアップは、土曜日の大祭準備の為、行灯はありません。

 

 

今日から、周防国分寺さんの夜のライトアップが始まりました!

 

 

 

 

P1120409.JPGこちらは、仁王門 (山門) です。

美しい木組みが夜の闇に浮かびあがって、

幻想的な景が広がります。

 

 

 

P1120408.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金堂へと続く参道には、行灯が並べられています。

まるで、極楽浄土への道しるべの様・・・?

 

 

P1120423.JPG

 

 

 

 

 

 

この行灯は、ご住職が手作りされたもので、

美観の為でもありますが、参拝のお客様方が歩きやすいように・・・、

との思いから始められたそうです。

 

 

 

これらは地域の人々も自由参加で毎日、設営や撤収が行われています。

(設営:午後3時~ 撤収:午後9時~)

 

年々協力者が増えてきて、今日の作業はあっという間に終わりました。 感謝!

 

 

 

 

P1120413-001.JPG

 

 

 

 

 

 

美しく見事な景観だけではなく、なんとなく心がほんわかとなった、

今年のライトアップ、初日でした。

 

今週の金曜日まで続きます。 

※ 金曜日のライトアップは、翌日、土曜日の大祭準備の為、行灯はありません。

 

宜しければ、是非お越しください。お待ちしています!

 

 

 

月別 アーカイブ