わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2015年5月アーカイブ

AH ! ― 簾(すだれ) ―

 

長年使用してきた「すだれ」ですが、かなり傷んできたので、

思い切って架け替える事にしました。

 

 

 

 

P1110751-001.JPG  今回も、京都のすだれ屋さんにお願いして、

  南座敷側の7枚と、東居間側の5枚を

  作って頂きました。

 

  ※長さの指定ができるので、とても便利です。

 

 

  厳選された葦(よし)を用いて、

  1本1本、丁寧に織られた、

  京すだれの逸品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

P1110753-001.JPG    やっぱり手作りの品は、

    持った時の感触が全然違うなぁ~・・・、

    などと感服しつつ、新しいすだれを

    大切に架け替えました。 

 

 

 P1110755-003.JPG

 

 

 

 

 

メンティナンスをキチンと行えば、10年くらいは使用できます。

 

 

P1110762-001.JPG

 

 

 

 

 

京都の風を感じつつ、しばし静かな時間を過しました。

大切に使わせて頂きます。 ありがとうございました。

 

 

 

関西方面の方(かた)へ素敵なイベントのお知らせです。

 

一昨年、昨年とタイヘンお世話になった写真家の吉田 正(sei) 先生の個展が

奈良県で開催されます。

 

 

 

 

P1110746.JPG日時 : 2015年6月4日(木)-16日(火)

     10:00-17:00 (最終日15:00)

場所 : 古民家ギャラリー  ら・しい

           奈良県葛城市當麻1236

TEL : 0745-60-0617

 

   ★ 6月14日(日) 14:00~

     Galleryトーク&フルート演奏会開催

 

 

 

 

emotion 裏面.jpgemotion 表面 .jpg   

 

   昨年、パリで開催された

   Exhibitionの日本版です!

 

   宜しければ、是非どうぞ・・・

 

     

 

 

 

 

 

 

 

更にもう1つ、素敵な演奏会のお知らせです!

こちらは兵庫県です。

 

 

 

縁奏会.jpg心と心 「縁奏会 (ensoukai)」

フルートとチェロとピアノのアンサンブル

 

 

       日  時 : 5月31日(日) 開演14:00 (開場13:30)

       場  所 : 芦屋仏教会館 

       入場料 : 1,000円 (小学生未満は無料)

 

 

 

 

 

 

どうぞ、素敵な時間をお過ごしください。

 

 

久しぶりの休日です。 昨日の雨も上がり良いお天気なので、

大平山へ行ってみることにしました。

 

 

 

P1110719.JPG  大平山の標高は631メートル。 

  ロープウェイがある山として

  有名でしたが・・・、

  今年、廃止が決定したそうです。

 

  今日は車で上ってきました。

  ( 結構快適!)

 

 

 

 

P1110736.JPG

 

  奥に見える建物は、展望台で、

  ここの公園が開設された頃から在ったハズです。

 

  かつては、展望レストランもあり、当時としては、

  とてもお洒落なところだったと記憶しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展望台からは、防府平野や瀬戸内の島々を望む事が出来ます。

 

 

 

 

P1110718.JPG    こちらは徳山方面です。

 

    かつて

    人間魚雷の発着基地のあった島、

    としても有名な、大津島や、

    御影石の産地、黒髪島、等が見えます。

 

 

 

 

 

 

P1110713.JPG   こちらは防府平野です。 

   

   ウチのアトリエは、右側手前の多々良山の

   麓付近に在るハズです。

 

   見えるかなぁ~・・・。

                                    

 

 

 

 

 

 

 

鶯の声を間近に聞きながら、瀬戸内の美しい眺望を楽しみました。

 

 

つづく

 

       

 

大平山 山頂公園にて・・・

 

 

 

 

P1110710.JPG     今日は、

     初夏を思わせる陽気の為、

     ランチは木陰を探して、

     お弁当を広げました。

 

 

 

P1110708.JPG

 

 

 

 

 

「何の樹でしょうか?」

「槐(えんじゅ)じゃないかなぁ~・・・。」

 

 

P1110709.JPG

 

 

 

 

槐だとしたら、花言葉は、「幸福」 Lucky!

 

 

 

 

 

 P1110740.JPG ロープウェイ (写真右下) は

  乗ることが出来ませんでしたが、

  無料休憩所の畳の間 (写真左下) は、

  そのままのカタチで残っていました。

 

  そう言えば、子供の頃、

  家族でよくここへ来ては、

  皆でお昼寝をしたなぁ~。

  シミジミ・・・。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに、幸せで、穏やかな時間を過すことが出来ました。

今日の平安に心から感謝しました。 ありがとうございました。

 

 

 

 

大学院時代、自らの創作活動のテーマである 「帰森(きしん)」を深めていく過程に於いて、

南方熊楠 (みなかたくまぐす) [1867年‐1941年] という人物の存在を知りました。

 

 

彼は、博物学者であり、生物学者(粘菌学)、民俗学者でもあります。

特に、熊野に居を構えて粘菌の研究に勤しんだ事、

鎮守の森を守った男、としても広く知られています。

 

 

今日は、その熊楠を描いた映画  『熊楠 KUMAGUSU』 の上映があると聞き、

山口市にある YCAM (山口情報芸術センター)まで行って来ました。

 

 

 

 

山口市 YCAM

P1110694.JPG

  1991年制作  

  脚本・監督 : 山本政志 

   (上映時間 28分) 

 

  ただしこの映画は制作資金不足の為、

  未完のままとなっており、今日は、

  本作のパイロット版が

  特別上映されていました。 

 

 

 

 

 

 

P1110699.JPG  上映後は、

  山本政志監督のトークイベントも行われ、

  この映画に関する様々な裏話を

  お聞きすることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その中から、印象に残った言葉をご紹介しますね。

 

     Q. 「偉人伝など大嫌いだぁ~」とおっしゃっておられた山本監督が

        熊楠のような学者を主人公に取り上げることに、抵抗は在りませんでしたか?

     A.  熊楠をリサーチしていく度に、世界観がどんどん拡がっいった。

         また、自分の中で色々なものを壊していく快感を覚えた。

 

     Q.  この映画の制作で特に気を付けられたことは在りますか?

     A.  とにかく緑を綺麗に撮りたかった。

        風が欲しい時には、それだけの為にヘリをチャーターした。

 

                                        等・・・、

 

 

 

 

熊野の森の湿潤な空気感と美しい緑を背景に、

破天荒な熊楠の生態?が強く心に残る作品でした。

 

久しぶりに、刺激的な時間を過せました。

今日の一期一会に心から感謝します。

 

 

 

 

 『熊楠 KUMAGUSU』 の上映時間が夕飯の時間帯なので、

 ウチのおばあちゃん用のお弁当をこしらえてから出かけました。

 

 

 

 

P1110690.JPG本日のメニュー

 

  ・梅干入りおむすび

  ・塩鮭 漬物

  ・卵焼き & ブロッコリー

  ・タイのムニエル

  ・にんじんの胡麻風味ソティー

  ・キノコとゴーヤとベーコンのポン酢炒め

 

 

 

 

 

 

 

 山口から帰ってみると、お弁当はそのままでした。

私 「ナンで食べんかったん?」  母 「・・・。」

 

どうやら、私の帰りを待っていたようでした。 

その為、今日の夕飯は、午後9時に一緒に頂きました。

 

「遅くなったねぇ~・・・。」

 

 

 

 

 

長い長い交差編みが4本・・・、これは、

柳井縞の織地と、ニット部分のツナギになる編地です。

 

 

 

P1110678.JPG      樹木が上へ上へと

      伸びてゆく様(さま)を表現した

      4目×4目の交差編みです。 

 

 

      幅が4㎝、長さが95㎝あります。

      延々と編みました。 ふぅ~・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はメインの編地、縞編みの部分に入ります。

これも2号針(一番細い棒針)で編んでいくので、なかなか作業が進みません。

 

 今回は平面製図を用いて、編み寸法を出しました。

様々な編地や織地を使用するので、シルエットはシンプルにしています。

 

 

今日から、周防国分寺 春のライトアップが始まりました!

 

 

 

 

P1110663-001.JPG   今年は、

   月の出とライティング開始の

   タイミングがうまく一致して、

   素敵な景を楽しむ事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、山門と大楠です。

いつもながら、スゴイ迫力で見る者に迫ってきます。

 

 

 

P1110669.JPG

 

 

 

 

金堂からは、不思議な癒しの曲が流れており、

参拝者は、えも言われぬ非日常を体感できます。

 

 

 

P1110665.JPG

 

 

 

 

 

周防国分寺のライトアップは・・・

5月6日(水)まで 夜の6時30分~9時まで行われています。

 

 

宜しかったら、どうぞお参り下さい。

 

びわ色のまろき月あり びわ色のややに滲みてほのぼのかなし

浅田陽子

 

 

 

 

 

 

P1110673.JPG       2013年頃の作品です。

 

       「ややに」 は、「少しだけ」 という意。

 

 

 

       歌会では、

       「びわ色」 という言葉のリフレインが

       悲しさをより深く表しているようだ・・・、と

       素敵な評を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

今日の月も、ほのぼのかなし・・・です。

 

 

 

AH ! ― 円座ランチ! ―

 

所用で、ウチのおばあちゃん(母)を山口市小郡へ・・・。

 

それならランチは 「円座」  さんでいただきましょう、という事になり、

先ずは、小郡運動公園近くにある 「円座」 さんへ・・・。

 

 

 

 

P1110654.JPG     ここは、3月のサプライズパーティーで

    お世話になったお店です。

 

    母 : 「なかなか洒落た文字じゃねぇ~」

    私 : 「そうじゃねぇ~」

 

    ウチのおばあちゃんは、

    初めて来るお店だったので、

    とてもワクワクしてる様子。

    私も、ここのランチを頂くのは初めてです。

    W ワクワク・・・。

 

 

 

 

 

お店の方(かた)に案内されて、2 階のギャラリーを楽しんだ後、

3階のカフェレストランへ・・・。

 

※ 画像はお店の方の許可を頂き撮影させて頂いています。

 

 

P1110656.JPG

 

 

 

 

きゃー、美味しそう・・・! しかも、とってもキレイ!

 

そう言えばここのランチは、山口県で一番美味しいランチを出して下さるお店だと、

あるパーティーでご紹介して頂いた記憶があります。

 

 

P1110657.JPG

 

 

 

 

 

ご覧の様に1品1品、手間暇かけて作られ、そして盛りつけられ、お味も最高!

色、味覚、栄養のバランス、どれも本当によく考えられていて、母娘共々、

料理長さんの仕事へのこだわりに、心から敬意を表しました。

 

 

 実は、ここの料理長さんは、かつて山口県下でも一流のお宿で

その腕を振るっておられたお方(かた)だそうです。 納得・・・。

 

 

この後、デザートとコーヒーが付いてナント1500円・・・!本当に申し訳ないくらいでした。

 

美味しいランチと静かな時間をありがとうございました。

また宜しくお願い致します。