わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

制作の記録 ― 素材ⅱ ―

 

不思議な雰囲気の糸には、不思議な雰囲気の糸を少量、

脇役で合わせます。

 

 

 

 

 

P1110173.JPG   

   今回選んだのがこちら・・・

 

   やや光沢があり、太さも均一ではないので、

   編んだ時にボコボコとした質感が

   楽しめるハズ・・・。

 

   藻のような糸と、太さを合わせるために、

   2本どりで使用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日ご紹介した素材と共に、一点モノのストールを編んでいきます。