わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2015年1月アーカイブ

 

 

P1110220.JPG

ストール制作の仕上げに入ります。

 

これまでの3種類の糸に加えて、ごく微量使う糸を

アトリエ所蔵の糸からチョイス・・・!

 

作品の色彩に深みを出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体のバランスを見つつ、細かい手仕事でストールに編み込んでいき、

作品にアクセントを加えます。 ワクワク・・・。

 

 

 

AH ! ― 防府天満宮 ―

P1110202.JPG

 

急きょ、あるお願い事で、防府天満宮へ・・・

今日は冷たい雨の降る、寒い1日でした。

 

 

 

P1110200.JPG

 

 

 

 

 

 

 

P1110210.JPG   天満宮と言えば、梅の花が有名です。

   しかし、まだ花の時期ではなく  

   どの木にも、小さな花芽がついているだけ・・・

 

   ・・・、と思っていたらナント、

   たった1本だけ、花を咲かせている木を発見!

 

 

P1110207.JPG

 

 

 

 

 

 

 

美しい白梅を見上げつつ・・・、

今回の願い事も、叶えて頂けそうな気がしました。

 

 

AH ! ― けんちょう煮 ―

 

山口県の郷土料理に 「けんちょう煮」 があります。

大根が美味しいこの時期、わが家でもよく作ります。

 

 

県外から来られた方より、作り方のご質問がありましたので、

ウチのけんちょう煮のレシピをご紹介します。

 

 

 

 

 

P1110124.JPG先ず、崩した豆腐や人参、油揚げ、等を

油でちゃちゃっと炒めます。

豆腐は絶対に必要ですが、

それ以外は、冷蔵庫のあまりものを

使います。

 

 

P1110126.JPG青首大根なら薄く短冊切りにしますが、

今日は聖護院大根を使ったので、

少し厚めに切りました。

 

 

 

 

P1110130-001.JPGそれを、はじめに炒めた具材となじませて・・・

醤油、砂糖、みりんで味付けをします。

大根やお豆腐に水分があるので、

水は入れません。

 

 

 

P1110131-001.JPG煮汁がこれくらいになるまで煮たら

出来上がり!

聖護院大根は、すぐに煮えるので

煮過ぎに注意します。

 

 

 

 

 

 

 

青首大根よりも甘くてやわらかいので、

ウチでは時々、聖護院大根のけんちょう煮を作ります。

 

 

京都風?のけんちょう煮・・・ 、宜しかったらお試しください。

 

 

今日は、山口県立大学にて山口国際文化学研究会が行われました。

発表者は、私が大学院の時にお世話になったM 先生です。

 

 

 

 

 

P1110189.JPG   研究会ではM 先生が15年間、

   大学院の学生とともに歩んで来られた

   研究創作とその成果を検証されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その内容は・・・、

産官学連携事業 「やまぐち文化発信ショップNaruNaxeva(ナルナセバ)」 プロジェクトや

ラップランド大学との共同研究、地域資源を活かした服飾デザインやファッションの商品開発、

そして昨年からは新たに、サービスデザインに関する研究を開始されるなど、

実にエネルギッシュ!

 

 

 

ご発表の折にふと、おっしゃった・・・、

「私はプロの研究者ですから・・・」というお言葉が、

とても素敵で、心に響いた研究会でした。

 

 

 

この研究会にご案内下さった、M 先生、そして事務の S さんに心よりお礼を申し上げます。

 

AH ! ― ナルナセバ ―

 

所用で、山口市大殿大路にある「ナルナセバ」へ・・・。

 

 ※「ナルナセバ」は、山口県立大学大学院生の

   インキュベート機能を目指したベンチャー企業です。

 

 

 

 

P1110186.JPG   「ナルナセバ」?

   そう、あの上杉鷹山公の名言、

   「為せばなる・・・」 から引用された

   名前だそうです。 納得!

 

   私も大学院時代には、ここで何度か

   イベントをさせて頂きました。

   シミジミ・・・。

 

   

 

 

 

 

 

 

今一番のおススメ商品は、オリジナル山口縞のモンペッコ。

※ モンペッコとは、モンペをお洒落にアレンジしたパンツです。

 

 

 

P1110184.JPG

 

 

 

P1110182.JPG

 

 

 

 

 

綺麗な縞柄のモンペッコを展示即売していますので、

大殿大路にお越しの節は是非、ナルナセバへお立ち寄り下さい。

 

(尚、現在は土曜と日曜日のみの営業です。)

 

 

お待ちしています!

 

 

 

 

山口鷺流狂言の公演会が

山口県立大学講堂(桜圃会館)で行われました。

 

 

 

 

 

P1110179.JPG     曲目は、「船(ふね)ふな」、「颯果(さっか)」、

     そして「狸騙(たぬきだまし)」。

     

     「狸騙」 はナント、新作で初演!だそうです。

     ワクワク・・・。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は3曲、それぞれ違った味わいがあり、また、

演じる方(かた)の個性が役柄にうまくマッチしていたように思いました。

 

 

さらに新作「狸騙」は、新しい試みが盛りだくさん・・・。

自由な芸風を得意とする鷺流ならではの珍しい演出で、

会場は笑いの渦に包まれていました。

 

 

 

 

P1110178.JPG

 

 

 

 

 

 

この2月には、アメリカ・ケンタッキー州のセンター大学での公演も行われるそうです。

 

 

今日は、新作あり、海外公演のお知らせあり、若手の確かな成長あり・・・と、

山口鷺流狂言のファンとしては、本当にうれしい1日でした。

 

 

 

今後の益々のご発展を、心よりお祈りいたします。

楽しいひと時を、ありがとうございました!

制作の記録 ― 素材ⅱ ―

 

不思議な雰囲気の糸には、不思議な雰囲気の糸を少量、

脇役で合わせます。

 

 

 

 

 

P1110173.JPG   

   今回選んだのがこちら・・・

 

   やや光沢があり、太さも均一ではないので、

   編んだ時にボコボコとした質感が

   楽しめるハズ・・・。

 

   藻のような糸と、太さを合わせるために、

   2本どりで使用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日ご紹介した素材と共に、一点モノのストールを編んでいきます。

 

 

 

   

 

プリズムのやうなる人とゆきかへり吾の言の葉ずれて漂ふ

淺田 陽子

『青潮』 (2007年5月号)より

 

 

 

 

P1110170.JPG   上記の短歌作品に

   オノマトペを付けるとしたら・・・

   「トホホ」 or 「ヤレヤレ」 or 

   「ハァ~ (ため息)」

          ・・・と言ったカンジ。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

恐るべし!言葉のチカラ。

制作の記録 ― 素材ⅰ ―

 

随分前に、「藻のような糸」 としてご紹介した糸です。

 

 

 

 

P1090273.JPG撚りが全くかかっていない部分があり、

極めて扱いにくいシロモノでした。

 

このまま編んでしまうと、

色々なところに引っかかったり、

すぐに毛玉が出来たり・・・と、

商品にならない為、今回は、

糸そのものに細工を施すことにしました。

 

 

 

 

 

 

    それが、こちら・・・、P1110168.JPG

    かぎ針で鎖編みをしています。

 

    手紡ぎならではの

    独特の艶は無くなりましたが、

    色彩のグラデーションや、

    不思議な雰囲気はそのままです。

 

 

 

 

 

 

 

 

この素材と組み合わせようかなぁ~と思っているのは、こちら・・・

イタリア製のシルバーホワイトのテープヤーンです。

 

 

 

 

P1110161.JPG

 

 

 

 

 

 

ウチのアトリエでは・・・

全く異なるタイプの素材を組み合わせることで、

どこにもない新しいテキスタイルを創り出しています。

 

 

P1110152.JPG

 

ちょっとしたお祝い事で・・・

     ホームパーティーをしました!

 

 

 

 

 

P1110155.JPG 

  久しぶりに飲んだビールで、

  アサダはダウン・・・。 (天井くるくる)

 

  「すきっ腹で一気に飲むからよぉ~、」 と 

  叱られても、言い返す気力なし!

 

  せっかくのお祝いなのに・・・

  本当に面目ない限りでした。

  すみません。

 

  

 

 

 

 

 

この失態が、わが家で本当に良かったです。

今後、飲酒には気を付けますので、

皆様ご協力の程、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

路の上(へ) の小(ち) さき生きもの踏まぬやう小(ち) さくなりたり母の歩幅は

淺田 陽子

『青潮』 (2014年5月号)より

 

 

 

 

 

P1110146.JPG  

 「 ・・・んな訳ないでしょう。

 なかなかすっすっと、歩けんのよ~」

 

おばあちゃんの感想より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短歌作品と事実とは必ずしも同じにあらず・・・・

 

 

 

AH ! ― 冬晴れ ―

 

今日は久しぶりの快晴! 青空の美しい一日でした。

こんな日は、空を見上げること、しきり・・・。

 

 

 

 

AH! 点描画の様な雲を発見!

桜の樹に雲の花が咲いたみたいです。

 

 

P1110139.JPG 

 

 

            こちらは、刷毛状の筆で、

            しゅしゅっと描いた様な雲です。

    

            

 

P1110148.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不思議な雲の造形にワクワクした一日でした。

 

 

 

AH ! ― つぼみ ―

 

数日前から、家族の風邪がうつってしまい、

結構しんどい日が続いていましたが・・・、

お陰様でどうにか治まった様です。

 

 

 

P1110119.JPG久々に庭へ出てみると・・・ AH!

 

← 桜鏡の蕾 (南庭)

 

P1110120.JPG

 

紅梅の蕾 (北庭) →

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の気配を感じつつ、キリリと冷たい冬の新鮮な空気を体いっぱいに取り込みました。

明日からまた、普通の生活に戻ります。

 

 

 

 

風邪も治まり、食欲も出てきたので、

今日はワンプレートランチを作ってみました。

 

 

 

 

P1110123.JPG 

 ☆今日のランチメニュー

 

   ・しそわかめのおむすび

   ・だし巻卵焼き

   ・ミニコロッケ

   ・魚の子の炊いたん

   ・ブロッコリーのサラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

ありあわせのモノでちゃちゃっと作りましたが、おいしく頂けました。感謝! 

 

 

AH ! ― ゆふぐれ ―

 

今日の仕事を終えて、2 階のアトリエから外を見ると・・・AH!

綺麗な夕暮れ時の景が広がっていました。

 

 

 

P1110113.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

随分前に、この夕陽に染まった夕暮れどきを、

「人肌色」 と表現して短歌(うた)を詠んだ記憶があるのですが、

どんな作品だったのか・・・? 思い出せませんでした。

 

 

 

 

 

P1110114.JPG ただ短歌会にて師匠が、

 「人肌色 という色は辞書にはありません!

 ありませんが、素敵な色です。

 

 ・・・と、評されたことだけ記憶に残っています。

 

 

 

 

 

 

そんな事を想いだしているうちに、この人肌色は消えてしまいました。

 

 

明日からも寒い日が続くようです。 

皆様、どうぞお風邪などひかれませんように。

 

  

今年一年使用するスケジュール帳です。

これまではずっと、シック で機能的なものを使用していましたが、

今年は、少しカラフルで綺麗な図柄のモノを選びました。

しかも、薄型です。

 

 

 

 

P1110110.JPG    「忙しいという字は、心が亡ぶ・・・

    と書きます。」 私の短歌の師匠が

    言っておられた言葉を、

    昨年は度々思い出しました。

 

    そこで今年は、「あまり頑張り過ぎない」

    という、自分へのオマジナイとして、

    このスケジュール帳を購入しました。

 

 

 

 

 

 

ゆるやかなリズムで、ひと日ひと日を丁寧に過ごし、

しかも、実りのある素晴らしい一年となります様に・・・、

 

大切に遣っていきます。

 

 

 

AH ! ― おせち料理 ―

 

今年もおせち料理は、近くの料亭のモノをお願いしました。P1110086.JPG

昨年1年間、家事をがんばった褒美として、

お正月は楽をさせて頂いています!

 

 

 

1月1日のメニュー・・・

 

 

P1110092.JPG

 

 

 とりあえず・・元旦は彩りよく、盛ってみました。

珍しい京都の食材が目を引きます。

 

 

    

        P1110090.JPG

 

 

P1110091.JPG

 

 

         お雑煮は、利尻の昆布と鰹節で出しをとり、

         あっさりとしたすまし仕立てで仕上げました。

 

         今年はお餅を焼いてみましたが、

         香ばしい香りが好評でした。

 

 

 

 

 

P1110093.JPG   お昼はこんなカンジ・・・。

   手間暇かけて作られたものばかりです。

 

   ホタテの焼き物が今年の新メニュー。

   個人的には、

   叩きゴボウがイチオシでした。

 

 

 

 

P1110098.JPG  

  

 

 

 

 

      そして、夜・・・。

      日頃使わない食器に盛ると、こんなに

      食卓のイメージが変わってきます。

 

 

 

 

 

こちらは刺し身皿ですが、今回は冷たい品々をのせてみました。

 

 

P1110096.JPG

 

 

 

 

 

そう言えば・・・食器棚には、使っていない器がたくさんあります。

今年はそれらを日頃でも使い、生活をもっともっと楽しみたいと思いました。

       

 

 

 

一品一品、大切にまた美味しく頂戴いたしました。

本当にご馳走様でした。感謝!

 

 

 

 

遅ればせながら、年賀状を無事に投函したので、P1110105.JPG

今日からは、昨年12月に行った展覧会の

後処理をしていきます。

先ずは皆さまから頂いたアンケートの集計。

 

 

        こちらは、手作りの回収ボックスです。 →

        展覧会の前日に大急ぎでこしらえましたよ!

        本体は美術館の方からの頂き物、感謝。

 

       期間中は、この中に入りきらないくらいの

       回答用紙が毎日、入っていました。

 

 

 

 

P1110100.JPG

  そして・・・こんなにも、たくさんの方々が

  ご協力して下さいました!

  読んでいて、思わず涙が出てきそうです。

  今後の参考として、

  大切に扱わせて頂きます。

 

  貴重なご意見を、

  本当に、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

これらをまとめて担当の方々へお渡し致します。

きっと有効に活用して頂ける事と期待しています。ワクワク・・・。

 

 

 改めまして、今回の展覧会へご来場、ご協力頂きました皆様方へ、

こころよりお礼を申し上げます。

 

 

AH ! ― 2015年 元旦 ―

 

2015年の元旦は、美しい雪景色で始まりました。

ぱらぱらと時折小雪も降ってきて、中原中也の詩が思い出されます。

 

 

 

 

P1110083.JPG← ここは南庭です。少しばかり、

   雪が解けてしまったようでした。

 

 

 

 

 

 

                                       ここは北庭です。↓  ここはまだ大丈夫!

 

 

P1110082.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓越しに見る景も素敵ですが、この部屋の暖房器具は火鉢しかないので、

とてもとても・・・寒いのです! ふぅ~。

 

 

P1110085.JPG

 

 

 

 

 

朝早い頃は、もっと綺麗だったとの事・・・、

やはり今年の課題は、「早寝早起き」ですね。

 

 

 

アトリエより ― 賀正 ―

 

明けましておめでとうございます!

 

 

 

 

P1110079.JPG  昨年末からのバタバタを引きずり、

  除夜の鐘を聞きながら、

  年賀状を書いて年が明けました。

 

 

  従いまして、アサダからの年賀状は

  元旦にお届け出来ません。

  本当にすみません・・・。

 

  お正月早々、先ずはご無礼のお詫びを

  申し上げます。

 

 

 

 

 

 

さて今年の抱負は・・・、本来のクリエーティブな創作活動を中心に戻して、

日々、過ごしていきたいと思っています。( そろそろ個展をしたいですし・・・。)

「千里の道も一歩から」 を教訓として、少しづつ編み溜めていく所存です。

 

 

また、Y-FATI (山口ファッション&テキスタイル研究所) の活動としては・・・、

10月、山口県で開催される「ねんりんピック」の記念イベントのひとつ、

ファッションショーの企画運営に関わらせて頂きます。

 

「オモテナシ」、の気持ちを込めて皆で頑張ります。

 

 

 

これらの詳細は、またこのブログにて、ご紹介いたしますので、

宜しければどうぞご覧下さい。 では本年も、どうぞ宜しくお願い致します。

月別 アーカイブ