わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2014年9月アーカイブ

 

イベントのお知らせです。

 

 

 

P1100482.JPG 

アグリアート・フェスティバル 2014 

― 大地の心をきく ―

トーク × コンサート × 農ガールコレクション

 

 

 

2014年10月12日(日)14:30開場 15:00開演

ラポールゆや (山口県長門市油谷新別名833)

 

 

 

 

 

 

 

■ 同時開催 ロビー展示 

同日 13:00~18:00

油谷棚田自然栽培米など 農産物加工品 

伝統工芸品 CD 書籍 モンペッコ等農作業着

 

 

P1080706.JPG    トーク : 安倍昭恵・大谷暢順

    コンサート : レチスマック

    農ガールコレクション :

     山口県立大学企画デザイン研究室

         特別ゲストモデル : 藤井 リナ

 

 

 

 

 

 

 

私達Y-FATI は急きょ・・・ロビー展示を担当させて頂く事になりました。

 

 

 

P1080704-001.JPG

 

 

 

 

多くの方々のお越しを、心よりお待ちしています。

 

 

茎太く白曼珠沙華咲く庭に大往生のひとを送りき

淺田 陽子

『青潮』 (2011年5月号)より

 

 

 

P1100489.JPG   「送りき」の「き」は・・・

   過去を回想する助動詞。

 

   目の前に咲く白い曼珠沙華を見つつ、

   かつての葬送の日のことを

   シミジミと想う作品です。 

 

   白い曼珠沙華は珍しく、

   ウチの畑でも今年は二本だけ咲きました。

 

 

 

 

 

 

P1100485.JPG    

 

 

    日記代わりに詠んだ歌ですが、

    読み返すと色々な事を思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この歌は連作で、次の作品が続きます。

 

 

P1100486.JPG

 

 

 

 

大往生といふてもかなし 曼珠沙華は空つかみ取るかたちに咲けり

淺田 陽子

Tanka Tanka 「大往生」vol.99 より

 

 

 

 

 

今日は穏やかな一日でした。 

 

 

AH ! ― 酔芙蓉 ―

 

お盆の頃に・・・

「百日紅と一緒に咲き始めました!」 「珍しい!」 と、

マスコミで取り上げられた途端、咲き止んでしまった、

周防国分寺の酔芙蓉ですが・・・

 

 

 

P1100474.JPG 今度は本当に、見頃を迎えています。

 

         白い花は今朝咲いた花で、

         赤い花は昨日咲いた花・・・。   

 

 

P1100470.JPG  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですからよく見ると、桃色の花はくちゃくちゃと萎んでいます。 

お酒に酔ったように次第に赤くなるので、「酔芙蓉」と名付けられました。

 

 

ひと晩経った赤い花は、泥酔状態・・・?

↓ 

 

P1100471.JPG

 

 

 

 

 夕方見てみると・・・、朝、白かった花はほんのりと薄桃色になり、

ほろ酔い状態に・・・。

 

 

P1100476.JPG

 

 

 

 

 

日で枯れてしまう 1 日花のはかなさに、

諸行無常の教えが重ね合わせられ、この境内に植えられました。

 

 

 

AH ! ― 栗ごはん ―

 

この栗は昨日、

P1100464.JPG徳地のC さんの工房へおじゃました際、

C さんの奥様より頂いたモノです。

 

 

         ひと粒ひと粒がとても大きく、

         それは見事な栗でした。

 

 

 

 

 

 

 

そこで今日は早速、この栗を使って栗ごはんを作ってみました。

 

 

 

 

P1100468.JPG 栗の他には、人参、エノキ、シイタケ、

 油揚げ、ミツバが入っています。

 だしは利尻の昆布でとりました。

 

 これでもか、これでもか、というくらい、

 栗をたくさん入れるのがわが家流!

 

 たくさん頂けるように、

 薄味に仕上げています。

 

 

 

 

 

 

今日は、おばあちゃんも大喜び・・・! 珍しく、お代わりをしてくれました。

 

 

貴重な栗をお分け下さり、本当にありがとうございました。

徳地の秋を感じつつ、美味しく頂戴いたしました。 感謝!

 

 

 

 

12月のイベントでY-FATI のメンバーは、

和紙の服飾作品を制作することになりました。

 

今日はその和紙を調達しに、山口市徳地まで行って来ました。

 

 

 

P1100457.JPG   青空のもと、美しい田園つづきます。

   まさに日本の原風景! というカンジ・・・

 

   毎回お世話になるCさんの和紙工房は、

   ここ藤木地区に在ります。 

   

 

工房にて・・・

 

P1100449.JPG

 

 

 

 

               おっ・・・

               見慣れないものを発見!

               

                 これは、和紙の原料で

               ミツマタの皮の部分だそうです。

 

               

 

 

 

 

こちらは、今日頂いた和紙です。

 

縦横に漉いた十文字漉、それを二重にした二双紙、

極めて薄い白保紙、揉み和紙、等・・・。

 

これらがY-FATI の研究員によって、素敵な服飾作品になりますよ!

 

 

P1100452.JPG

 

 

 

 

 

今回アサダは、他の仕事を担当させて頂く為、新作の制作は諦めましたが、

またいつか和紙の美しい作品を手掛けたい!・・・と思っています。

 

つづく

 

 

 

 

調達した和紙をY-FATIのメンバーに届ける為、大学へ・・・

 

 

 

 

P1100459.JPG     今日は静かだなぁ~・・・と思っていたら、

     大学はまだ夏休みでした。

 

 

 

 

P1100460.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

  大学院を修了してからも

  こんなに度々大学へ来るとは

  思ってもいなかったのですが・・・

  何だか学生に戻ったようで、ワクワクします。

 

 

 

 

 

P1100462.JPG

 

 

 

 

 

夕暮れ時のひととき・・・

9月の静かな構内を、しばし楽しみました。 

 

 

昨日は、山口県立大学 大学院のオープンキャンパスが行われ、

Y-FATI は昨年に引き続き、作品展のお手伝いをさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

P1100433.JPG 手前は大学院生 K さん、奥は修了生 T さんの

 和紙を使った作品です。  berry cute! 

 

 

 どちらも徳地手すき和紙に

 染技法を施した作品で、若い感性溢れる、

 素敵な仕上りとなっていました。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは現在、マスコミでも頻繁に取り上げられている、

「モンペッコ」 プロジェクトのコーナーです。 

「農ガール」・・・というお洒落な言葉がよく似合う作品群でした。

 

 

 

P1100430.JPG 

 

 

 

 

こちらは、大学院生 S さんの作品です。

 

 

P1100425.JPG糸状に撚られた和紙を束ねたストールや、

和紙を織り込んだショールなど、

大変エレガントな作品でした。

 

 

 

 

こちらは、アサダの作品「帰森Ⅲ」です。

 

P1100445.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

           新作がなかなかできない為、

           またこれかぁ~、と思われた方も

           いらっしゃったでしょうが・・・ 

           どうかお許し下さい。

 

 

 

 

 

 

 

今年は、プロダクトデザインの修了生の方々の作品も加わり、

展示ロビーが更に素敵な空間に仕上がりました。

 

 

つづく

 

 

こちらは、プロダクトデザインを学ばれた方々の作品です。

 

 

 

 

P1100427.JPG     シンプルでおしゃれなデザインの椅子は

     北欧の生活を連想させてくれます。

 

     背景の樹木とのバランスが素敵で、

     まるでフィンランドに居るような空間に

     仕上がっていました。

 

 

P1100446.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天然素材で作られた作品は、細部まで丁寧に仕上げられていて、実に見事です。

 

大切に作られたものを大切に使う・・・という、

基本的な事を思い起こさてくれる、清々しいコーナーでした。

 

 

つづく

 

 

 

AH ! ― 新キャンパス ―

 

オープンキャンパスの会場は毎年、こちらの新キャンパスで行われます。

 

大きな窓からは四季折々の樹木を愛でる事が出来、

今は色付き始めた樹木がとても綺麗でした。

 

 

 

 

P1100442.JPG

 

 

 

 

 

椅子やテーブルも有名なデザイナーさんのモノだけあって、実に美しい・・・!

 

ここで学生生活を送れる看護学科の学生さんたちは、本当に幸せだなぁ~

・・・と思いつつしばし、贅沢な空間を楽しみました。

 

 

つづく 

 

 

AH ! ― ティータイム ―

 

オープンキャンパスでは、途中でティータイムがあり、

美味しいお菓子と飲み物が準備されています。

 

 

 

 

P1100436.JPG    キレイに並べられたお菓子の中には、

    担当されたS さんの、

    手作りケーキもありました。

 

    

 

 

P1100439.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私よりもずっとお若い方ですが、お心遣いがお母さんの様に温かくて・・・、

    在学中は本当にお世話になりました。

 

 

今日は朝から色々と大忙しでタイヘンでしたが、

お世話になった先生方ともお会いでき、本当に良い1日でした。

 

ありがとうございました。

 

 

AH ! ― 秋の味覚! ―

 

家族サービスの日です。 アンジェリコ絵画展へ行く前に、

「秋の味覚を楽しみましょう!」 という事で、

山口市 大内にあるジャパニーズレストランへ・・・。

 

 

 

 

 

P1100422.JPG 今月は、

 さんまの押し寿司や、クルミ豆腐、

 秋鮭ときのこの炊き込みご飯・・・など

 どれも旬の素材がふんだんに使用されていて、

 秋の味覚を堪能できるメニューとなっていました。

 

 

 器にキレイに盛られた品々には

 青もみじがあしらわれていたり、

 栗のスライスが添えられていたり・・・

 

 

 

 

まさに、目でも舌でも秋を感じることができるランチコースでした。

 

 

P1100423.JPG  

 

 

 

P1100423-001.JPG        

 

      お腹も心も満ち足りた後は、さわやかな秋風と、

        手水鉢に注ぐ水音をしばし楽しみました。 

    

        ごちそうさまでした。 

 

 

素敵な絵画展のお知らせです。

 

 

 

P1040628.JPG第21回  アンジェリコ絵画展

 
日 時  9月19日(金)~21日(日) 
      am10:00~pm5:00 
         (最終日はpm4:00)
 
場 所  クリエーティブスペース 赤れんが
 
後 援  山口市 
       よみうりKRY文化センター山口
 
 
 ※赤れんがの画像は2012年2月のモノです。
 
 
 
心が温かくなる展覧会です。 是非多くの方々にご覧いただきたいと思いました。
 
 

AH ! ― 彼岸花 2014年 ―

 

例年は、畑の土手に沿って群生する彼岸花ですが・・・

今年は、防草の為に張った黒いシートのすき間から、

その美しい花を咲かせています。 

 

 

 

P1100418.JPG 

 

         この様にシートや煉瓦を持ち上げて、

         その隙間から、茎を空へ空へ・・・、と

         伸ばして行くモノもあります。

         

 

P1100417.JPG 

 

 

 

 

茎が出てきた箇所は、シートを折り畳み、

花を咲かせて楽しむ事にしました。

 

 

 

P1100414.JPG

 

 

 

 

 花時が終わればまた、シートで覆う予定です。

植物の生命力に脱帽! 

 

 

AH ! ― うろこ雲 ―

 

洗濯物を取り込もうとしたら・・・

 

 

 

 

P1100402.JPG綺麗なうろこ雲に遭遇!

光の関係でしょうか・・・?

 

 

P1100405.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪のようにも見えます。

 

 

 

 

P1100398.JPG

 

 

 

 

 

この雲は、西風にあおられて東の方へ東の方へ・・・と拡がって行き、

うろこのカタチは次第に大きく、薄くなっていきます。

 

しばし・・・、初秋の空を楽しみました。

 

 

 

 

AH ! ― 中秋の名月 ―

 

今日は中秋の名月。

 

アトリエからの月は樹木が邪魔をして、あまりキレイに見えない為、

お隣の国分寺さんの参道へ出て、2014年のお月見です!

 

 

 

P1100375.JPG

 

 

P1100385.JPG

 

P1100391.JPG

 

 

P1100397.JPG

 

 

 

山門と 大楠と名月の取り合わせに思わず感激!

今年も家族でお月見出来た事に、心から感謝しました。

 

 

 

※ ウチのアトリエからのお月見の見頃は・・・

晩秋~冬 にかけての期間です。  宜しかったら、どうぞ! ( 要予約 ) 

 

AH ! ― 夏の影 ―

 

夏の影は季節を通して一番、色が濃く、

時として、実際に在るモノよりも、はるかに

存在感のある場合があります。

 

 

 

 

P1100363-001.JPG   これらは門扉の影です。 

 

   実際の門扉よりもはるかに

   カタチが魅力的で、美しい気がします。                   

 

 

 

P1100365.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは八つ手の影。 乾いた土の上に

黒の濃淡が涼やかで、素敵な空間を演出しています。

 

 

 

P1100367.JPG 

 

 

 

 

「影」 は、光の強さや角度、映し出される場所の質感によって、

様々に変化していきます。

 

 

新作のコンセプトが、やっと見えてきました。★!

 

 

AH ! ― 快晴! ―

 

この夏は、晴れては曇り、雨、雨、雨、・・・

また晴れて曇って、雨、雨、雨、・・・

というリズムを繰り返しながら、過ぎていったような気がします。

 

 

 

 

P1100369.JPG    今日の日曜日は、

    気持ちの良い快晴!

 

    貴重な晴れの日は、

    水関係 (洗濯、床掃除、等) の家事に

    勤しみます。

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなにお日様を恋しいと思った夏も、近年なかったなぁ~と思いつつ、

竿竹がしなるほどの洗濯物を干しました。  

 

 

AH ! ― わらの宝物? ―

 

数年前、フィンランドで購入した書物です。

確か、ロバニエミ市にあるアルクティクム博物館だったような・・・?

 

 

      『 OLKIAARTEET 』 

   直訳すると、「 わらの宝物 」? 

 

P1100358.JPG   「わら」・・・

   つまりストロー状の植物を用いて?

   制作された作品と、その制作過程が

   美しい写真付きで掲載されていました。

 

   ただし、文章の方は、

   フィンランド語で書かれていたので、

   正しくはわかりません。 すみません。

 

 

 

 

 

 

その中には、和紙の様に繊維を解して、漉いて・・・、

という工程で仕上げられた作品もあり、実に興味深く拝見しました。

 

 

自然素材を用い、素朴でありながら洗練されたデザインは

北欧の静かな生活の中にしっくりと納まっています。

 

 

 

 

P1100372.JPG

 

 

 

これからの私の活動に於いて、

フィンランドのデザインから学ぶことは多い・・・と

実感した一冊でした。 感謝!

  

AH ! ― 博多 2014 晩夏 ―

 

久しぶりの博多です。

水のある景は心が落ち着きます。P1100348.JPG

 

 

P1100347.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1100342.JPG       こちらは、福岡県立美術館。

       みどり豊かな須崎公園内にあります。

 

 

P1100340.JPG

 

 

 

 

須崎公園にて・・・

 

P1100341.JPG

 

 

那の津通りの植え込みより・・・

 

P1100335.JPG

 

 

 

 

今日の小さな幸せに心より感謝しました。

 

AH ! ― つばめ ―

 

初めてのおめもじ・・・

九州新幹線の新800系です。

 

 

 

P1100356.JPG先端のシュッとしたラインが実に美しい!

まさに、シャープなつばめのイメージです。

 

 

 

P1100355.JPG 

 

 

 

 

 

さすがに数々の賞をとったデザイン・・・!と諾いつつ

その美しいカタチをしばし楽しみました。 

 

月別 アーカイブ