わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2014年7月アーカイブ

 

ゆふぐれのらんかん橋のくれなゐがほんたふのこと言はせてしまふ

浅田陽子

『青潮』 (2010年1月号)より

 

 

 

 

 

P1100071.JPG  この歌、かつて、

  「旧仮名遣いが効いた歌・・・」、との評価を

  頂いた記憶があります。

 

  これを、漢字+現代仮名遣い表記に替えると・・・

  夕暮れの欄干橋の紅が本当の事言わせてしまう

 

・・・全く違う印象の歌になってしまします。

 

 

 

 

 

 

 

そう言えば私の師匠は一時期、日常の生活の中に於いても旧仮名遣いを遣って

手紙などを書いておられたような・・・。

 

心がやわらかになる感じで、私もこの表記が気に入っています。

 

 

 

山口県立大学大学院 国際文化学研究科 主催による

公開シンポジウムを聴講する為に、周防大島町へ・・・ 

 

 

 

    

P1100110.JPG        ここは、光市室積を過ぎたあたりの

        国道188号線 沿いの瀬戸内海です。 

 

 

P1100112.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

海と空の青のグラデーションが実に美しく・・・まさに感動モノ!

その後、柳井市でランチをとった後、いざ大島郡へ・・・。 

 

 

 

P1100115.JPG

 

 

 

 

きゃ~ 怖いよ~と言いつつ、高所恐怖症のアサダは大島大橋を無事に通過! 

しばし、大島郡側から見た瀬戸内海を臨みます。

 

 

 

 

 

P1100117.JPG 途中で県大のバス組と合流!

 そこで I 先生曰く・・・

 

 「晴れているからこそ、見ることが出来る

  海の色ですねぇ~。」

  

 

P1100119.JPG

 

 

 

 

 

        酷暑でしたが、

        今日の快晴に感謝しました。

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

ここは、モウすっかり有名になった大島町の

瀬戸内 Jam's Garden & Farm  さんです。

 

 

 

P1100128.JPG    藻谷浩介の 『里山資本主義』 でも

    紹介されたお店で、今日も大勢のお客様方で

    賑わっていました。

 

 

   今日、私が頂いたのはこの2 種類のジャムです。

 

P1100145.JPG

 

 

 

 

素材からこだわって作られたジャムは・・・

口の中に入れた瞬間から香りが違います。

 

 

 

 

P1100123.JPG 

 

 

 

 

 

店のすぐ前に拡がる美しい海を見ながら、

しばし、午後のティータイムを楽しみました。

 

 

 

ここは、大島郡大島町の荘厳寺です。

 

3年前、私達が担当した時には、山口市の菜香亭で行われた

文化コーディネート論の公開シンポジウムですが、

今年は、パネラーの先生がこのお寺のご住職、という事もあり、

この場所で行われました。

 

 

 

 

P1100129.JPG    本堂への入り口の大きな銀杏の樹が、

    文字通り、実に荘厳な雰囲気を

    醸し出していました。

 

 

   

 

 

P1100131.JPG 

 

 

 

 

 

     よく手入れされた庭は、とても清々しく、

     暑さを忘れさせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

先ず、大学院生たちが三班に分かれてそれぞれの発表を行い、

次にパネラーの先生方のお話が続きました。

 

 

 

P1100148.JPG

 

 

 

今回のテーマは、「地域文化の活性化と持続可能性」

 

様々な視点から切り取られた発表や講演はとても興味深く、

有意義な時間を過すことが出来ました。

 

皆様本当にお疲れ様でした。 感謝!

 

 

 

※ 尚、関連イベントの作品展が、先ほどの

瀬戸内 Jam's Garden & Farm さんの二階ギャラリーで

8月5日まで開催されています。

 

 農作業に関わる素敵な作品が展示されていますので、

お近くの方は是非ご高覧下さい。

 

 

 

家の都合でシンポジウムの方は、途中でご無礼することになりました。

夕刻の瀬戸内海を臨みつつ、帰路に・・・

 

 

 

 

 

P1100133.JPG やはり、昼の海の色とは微妙に異なり、

 少し柔らかい印象です。

 

 

 

 

P1100139.JPG

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

                        こちらは、柳井市の国道188 から見た西側の景です。

                        夕陽の照り返し具合がまさに、夏!といったカンジ。

       

 

 

こちらはその東側の景で、西側の海とは全く異なる印象です。

 

P1100144.JPG

 

 

 

 

 

 

 

大島町まで、往復5 時間のドライブとなりましたが、様々な表情の

夏の海に感動した一日でした。 無事でよかったです。 ほっ・・・。

 

 

AH ! ― 断念!その2 ―

 

畑作りを断念して、防草シートを張る作業を

最近、ほぼ毎夕行っています。

 

全体の5 分の4 くらいを張り終わった所で、

重石代わりの煉瓦が足りなくなり、

追加の50 個を入手する為にホームセンターへ・・・。

 

 

 

 

P1100107.JPG      赤煉瓦、50個積み入れ終了。

      これ以上は無理・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

これから二個所の土手など、畑の周辺をシートで覆います。

 

 

 

P1100152.JPG

 

 

 

 

ふかふかに耕した畑が懐かしくてたまりませんが・・・

時間に余裕ができたら、ひと畝でも作ってみたいと思っています。 

 

 

AH ! ― お礼参り ―

 

ここは春先より、ある願い事の為に通っていた防府天満宮です。

 

お陰様で、無事に願いを叶えて頂いたので、

今日はそのお礼に行って来ました。

 

 

 

 

P1100101.JPG     うだる様な暑さの中、

     参拝客の姿はほとんどありません。

 

      

      春先には若葉だった樹木は、

     濃い緑に茂り、大石段に涼やかな影を

     落としていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは手水舎です。

こちらも、絶え間なく流れる水音が涼しさを演出していました。

 

 

P1100102.JPG

 

 

 

 

天神様と観音様に、

願い事を叶えて頂いたお礼をお伝えして、先ずは一安心・・・! 

 

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

ぬばたまの地底より鯉つぎつぎと湧き来るゆふべ 水面膨るる

浅田 陽子

『青潮』 (2010年3月号)より

 

 

 

 

P1100067.JPG

 

 

P1100068.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直角に尾を翻す鯉一尾水面の光こなごなにして

浅田 陽子

『青潮』 (2010年3月号)より

 

 

 

 

 

 

鯉を詠んだ連作がつづきます。 

 

 

 

餌を乞ふる鯉の上(へ)に鯉せり上がりあまたの口がちふちふと鳴る

 

浅田 陽子

『青潮』 (2010年3月号)より

 

 

 

 

P1100064.JPG 

 

 

  

 

 

鯉あまたひと塊に渦巻きてわが裡に棲む水魑を呼べり

浅田 陽子

 

 

 

 

P1100065.JPG        「水魑」とは・・・

        水の中に棲んでいる

        魑魅魍魎の一種。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の作品は、かつて歌会で論争になったモノです。

 

 

 

 

石ころをパンに包みてまるめゐつ鯉らの口のその大きさに

浅田 陽子

『青潮』 (2010年3月号)より

 

 

 

 

 

 

「とても残酷な行為です。これを食べた鯉が可哀そう。」 

「動物虐待で訴えられるんじゃないですか。」 と、お叱りの批評や、

 

「善人の歌はつまらない、これくらい毒のある方がオモシロイ」

「人間を信用するんじゃないよ・・・という意味では」 と、好意的なご意見も・・・。

 

 

ちなみに、こんな可哀そうなことはしておりません。あしからず。 

 

AH ! ― 梅雨明け! ―

 

夕方、雷鳴と共に雷雲が南の方へ遠ざかって行き、

東の空を見ると・・・ 虹!

 

 

 

P1100098.JPG    わが家から見る虹は

    これが初めてのような気がします。 

 

    東側の虹は縁起が良いそうで、

    少しうれしくなりました。

 

    「悲しいことがあれば、必ず嬉しいことが

    やって来るからねぇ~・・・」

    私が子供の頃、曾祖母が言っていた言葉を

    思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

中国地方もやっと梅雨明けです。 

この夏も体調に気を付けて、創作活動に励みます。

 

 

 

 

今日は夕方から、Y-FATI の平成26年度総会が行われました。

夕食の時間帯と重なっていた為、気持ちはモウ晩御飯・・・!

 

 

 

 

 

P1100090.JPG お茶とお菓子では物足りない研究員達が、

 ナント、まな板を出してきて・・・ cooking!

 

 

 

 

P1100093.JPG 

 

 

 

  「一応、まだ総会の途中なんですけどぉ~ 」

  と言っても・・・ cooking!

 

 

 

P1100094.JPG 

 

 

 

 

「女子力」 強すぎのY-FATI 総会でした。 ごちそうさまでした。

 

 

AH ! ― 縮景園 ―

 

仕事で広島へ・・・ 

 

毎回、昼食をとるレストランが決まっていて、

そこの店内からは、美しい庭 (縮景園) を望むことが出来ます。

 

 

 

P1100074.JPG        今日は初めて、

        その園内を散策してみました。

 

 

P1100073.JPG

 

 

 

 

 

回遊式の庭園には、茶室を備えた建物 (清風館) などもあり、

実に、情緒豊かな景が広がっています。

 

 

 

P1100060.JPGP1100066.JPG

 

 

 

 

 

 作庭者は茶人の上田宗箇というだけあって、

思っていた以上に洗練された庭でした。

 

 

 

 

P1100075.JPG

 

 

 

 

 

しばし、日常からの逃避・・・?

 

 

 久しぶりに独りの静かな時間を楽しむ事ができました。

思い切って来てみて、本当に良かったです。

 

 

つづく

 

 

AH ! ― SLEEPING BEAUTY ―

 

せっかくですから、

M先生よりご紹介いただいた展覧会へも

足を延ばしてみることにしました。

 

 

 

 

 

P1100096.JPG  ローヤルブルー (紺青色) が施された

 美しいリーフレットに誘われて、

 広島市現代美術館へ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1100080.JPGおっ、まさに・・・、SLEEPING BEAUTY ?

カメラを向けると起きてしまいました。

 

 

今日の、一期一会・・・。

 

P1100082.JPG 

 

 

 

 

この広場から坂道を少し登ったところに、美術館は在ります。

 

 

 

 

 

P1100085.JPG

 

うっそうと茂った樹木から現れた

その建物は・・・、

 

       

 

P1100084.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

           何かとても崇高な印象で、

           来館者を内へ内へ・・・と

           導いているように思えました。

 

 

 

 

 

 

今回の展覧会で、パネルやスクリーン等に使用されている

この作品 (黒いドレス) は、人毛で編まれたモノです。(小谷元彦作) 

 

 

人毛とわかった瞬間・・・、

ナチスの収容所で行われていた、悲しい歴史を思い出しました。

 

 

この他に、草間弥生など様々な角度から、

身体にまつわる 「美」 について表現された作品が45点!

 

 

現代美術は、コンセプトがオモシロイので、

丁寧に見ていくと1日では足りないくらいでした。

 

 

こちらも、思い切って行ってみて本当に良かったです。

 

7月21日(月)まで、是非どうぞ!

 

AH ! ― アスピラート ―

 

チャーチル会 防府作品展 (絵画展) が始まりました。

絵の好きなウチのおばちゃんの刺激になれば・・・と思い、

今日は、一緒に見に行って来ました。

 

 

 

 

 

P1100045.JPG   ここは、防府駅前 アスピラート。

   開放感のある独創的なデザインの建物です。

 

   ダークグレーの部分は、エレベーター・・・。

   白い支柱との色彩のコントラストが

   とても美しいです。

   

 

 

P1100044.JPG

 

 

 

 

 

絵画展は、会員さんたちの個性を大切にされた展示空間となっており、

とても気持ちの良い時間を過すことが出来ました。 感謝!

 

13日の日曜日まで開催されています。

 

つづく・・・

 

 

絵画展を楽しんだ後、午後からは・・・

鋳銭司の画廊で行われている写真展へ行って来ました。

 

 

 

 

P1100054.JPG   先日ご案内した 「ロスタイム」 という

   タイトルの写真展です。

 

   画廊の入口には

   オーナー手作りの看板が、

   強烈な印象で迎えてくれました。

   

 

 

 

 

 

ここは、子供の頃に作った秘密基地?のような雰囲気を持つ画廊ですが、

今日はたくさんの大人たち(アーティスト)が、次から次へとやってきて・・・、

 

 

 

P1100057.JPG 

それはモウ、賑やかな事・・・。

 

 

 

 

P1100056.JPG

 

 

 

 

 

出展者 4 名の作品品評会を行ったり、それぞれの思いを語ったり・・・ 

タイヘン充実した時間を過ごさせて頂きました。 感謝!

 

 

午前中は絵画展、午後からは写真展・・・と実に忙しい1日でしたが、

どちらも、作家さんたちの真っ直ぐな視線が印象的な展覧会でした。

 

 

AH ! ― 青空! ―

 

久しぶりの青空・・・。

 

 

 

P1100036.JPG

 

 

 

周防国分寺の百日紅(白花)、開花。

 

 

P1100037.JPG

 

 

 

 

 

P1100038.JPG

 

 

 

つかの間の青空でした。

 

 

 

先日の講演会でタイヘンお世話になった

写真倶楽部 SEI の方々(4名)による写真展が、明日から開催されます!

 

 

 

 

 

P1100033.JPG 

 

 

TEAM MEETING - 4  写真展 「ロスタイム」

 

2014.7.8  TUE ~ 7.12  SAT  10:00 ~ 17:00

画廊 as it is (山口市鋳銭司)

 

 

場所.jpg

 

 

 

吉田正先生のお洒落な感性を受け継ぐお弟子さん達、4 名による写真展です。  

ご都合宜しかったら、是非どうぞ・・・!

 

AH ! ― 黒豆 ―

 

こんな季節に・・・黒豆。 

 

 

P1100029-001.JPG 

  

 

 

今回も美味しくできました。 感謝!

 

 

今日は朝から激しい雨が降り続いています。

 

 

 

 

 

P1100023.JPG   こちらは・・・ウチのアトリエから見た

   周防国分寺金堂です。

 

   参道はモウ水浸しで、

   観光のお客様方の姿も在りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、色々な雑務での外回りを予定していましたが、

「 こんな日は、おとなしくアトリエにこもって仕事をしたら・・・」 という

天の声に従って、オトナシク 過ごすことにしました。

 

 

今日はY-FATI の理事4名がが集まり、

ミーティング兼、会計監査会を行いました。

 

 

 

 

 

P1100019.JPGY-FATI も発足して1 年が経ちました。

 

次々とめまぐるしく?、

様々な行事に参加させて頂いたり、

主催したり・・・。

 

本当に、良い勉強になりました。 

 

 

 

 

 

賑やかな女子会としてスタートしたY-FATI ですが、

これからどのように進化していくのか・・・? とても楽しみです。

 

 

 今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。