わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2014年6月アーカイブ

AH ! ― 断念!その1 ―

 

「モ~ あれもこれも、出来んよぉ~・・・」 という訳で、

タイヘン残念ですが、わが家の家庭菜園を、当分の間休むことにしました。

 

 

 

 

  P1090975.JPG      昨年までは畑の半分に

      除草シートをかぶせ、残りの半分で

      色々な野菜を作っていましたが・・・、

 

      この夏からは花壇だけを残して、

      全てをシートで覆います。

 

 

 

P1100016.JPG

 

 

 

 

シートをひく前に、まずは・・・草を刈って畝をつぶして、

地面を平らにしなければいけません。

 

 

 

P1100017.JPG

 

 

 

 

 

当分の間、夕方の時間帯はこの作業をしますので、

アトリエのインタフォンで応答がない時には、ウラの畑の方へ回ってみて下さい。

 

 ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

 

AH ! ― 静かな時間 ―

 

今日は久しぶりの家族サービスの日です。

ここは、山口市大内にある古民家を改造したレストラン。

 

 

 

 

P1100006.JPG 女子会ではよく利用しますが、

 家族で来るのは初めてです。

 

 

 

 P1100008.JPG

 

 

 

 

 

季節の植物を愛でつつ、建物に近づいていく演出に

おばあちゃんも大喜び・・・!

 

 

P1100011.JPG

 

 

 

 

 

 

 

一品一品、美しく器に盛られた料理にも、

日本の美意識が盛り込まれていて、とても素敵でした。

 

 

 

おばあちゃんを気遣って、親切にして下さるスタッフの方々に感謝しつつ、

6月の静かな時間を楽しみました。 ありがとうございました。

 

 

 

来年行われる、ある大きなイベントに、

Y-FATI も参加させて頂く事になりました。

 

今日はその第1 回目のミーティングがあり、山口市へ・・・。

 

 

 

 

 

P1100005.JPG    規模の大きなイベントが

    どのように運営されていくのか?

    とてもよい勉強になります。

 

 

 

        ワクワク・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントの詳細が決まり次第、またこのブログでもご紹介させて頂きます。

どうぞ宜しくお願いいたします。 

 

 

 

 

父の傘を杖として立つ吾が母は青鷺のごとく動かざりけり

浅田陽子

『青潮』 (2014年5月号)より

 

 

 

 

 

 

P1090988.JPG   「動かざりけり」 と古風に詠んだのは、

   たぶんこの日本画 (掛け軸の一部分)の

   青鷺を意識したからだと思います。

 

 

 

   ポップアートのような短歌(うた)も

   好きですが・・・ 主題によっては、

   このようなしっとりとした作品も

   作ります。

 

 

 

 

 

 

晩年の母の姿を詠んだ、大切な一首です。

 

 

 

姫様の乗車のやうに手を取られ送迎バスに母は入りゆく

浅田陽子

『青潮』 (2014年5月号)より

 

 

 

 

P1100002.JPG    母がお世話になっている

    デイサービス施設の送迎車は、

    有難い事に玄関のすぐ前まで、

    迎えに来てくださいます。 

 

 

    母は・・・

    お迎えの方が来られる10分前に、

    この様に自分で椅子を置いて、

    そこに坐って待っています。

    

 

                             

 

 

 

自らの老いを静かに受け入れて、淡々と行っているその行為は、

何か、とても清浄な気配のする「儀式」の様にも見えました。 

 

AH ! ― 夏の設え ―

  

今日は、朝からよく晴れました。 

 

 

 

P1090967.JPG

 

 

 

 

 

応接間を夏の設えに替える事に・・・

 

 

 

 

P1090978.JPG 

 

 

 before and after  ↓ 

 

 

P1090980.JPG 

  

軒下の葦簀から、さわやかな風が北庭へ吹き抜けていきました。

 

おばあちゃん曰く、「 天然のクーラーみたいじゃねぇ~ 」

本当に・・・、ありがたい事です。

 

 

AH ! ― 6月の花 ―

 

最近、雑務に追われて、

仕事に集中できない日が続いています。

 

これまでの経験より、

「 スランプの時には、自然のモノに触れるべし 」 ・・・という事で、

今日は、畑の花々を家中に活けることにしました。

 

 

 

 

P1090944.JPG    今、畑では

    ラベンダー、アガパンサス、

    しもつけ、等が花盛りです。

 

    紫色の花が多い中、

    しもつけの白はとても有難い・・・。

 

 

 

 

 

 

 

P1090959.JPG 

 

 

 

     こちらは頂き物の、ミニ薔薇です。

     

     ほのかな香りが、

     気分を華やかにしてくれます。

   

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの花々を束ねつつ、

自然に囲まれて暮らしていることに、あらためて感謝しました。

 

 

AH ! ― 梅雨空 ―

 

梅雨空が続いています。 この空を背景に、

不思議な気配を漂わせる樹を発見!

 

 

 

 

 

P1090882.JPG      この景は・・・、

      葉を付けていないヒワヒワした枝と、

      鈍色に垂れ込めた雲が呼応して、 

      独特の世界を創り出しています。

      

   

    

      青空では、

      この樹の持つ不気味さが

      伝わってこなかったでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 作品は、それを取り巻く背景で、生きもするし死にもする 」

 

 

師匠から頂いた言葉を思い出しました。 

 

 

 

AH ! ― 格闘! ―

 

現在、草との格闘の日々です。

 

本来、草取りは嫌いではないのですが、

抜いても抜いても生えてくる草に、少々うんざり・・・というカンジ。

 

 

 

 

P1090933.JPG ここは、北庭です。

 いつもここからスタートします。

 

 

       北庭→西側通路→    

            南庭→南花壇→畑  

 

 

P1090938.JPG 

 

 

 

 

 

 

     大抵、夕方から始めて

     暗くなるまで(8時前頃まで)・・・。

 

     夜はもうヘトヘトですが、

     翌朝、キレイになった所を眺めると、

     本当に清々しい気持ちになります。

 

 

 

 

 

Y-FATI のイベントも終わり、本業だけに集中したいところですが、

なかなかムツカシイ様です。 (-_-) ・・・

 

この、草との格闘は、初冬まで続きます。 (ぎゃ~!)

 

 

AH ! ― 指物細工 ―

 

先日の桜圃会 (県大同窓会) で、ご一緒させて頂いた方からの紹介で、

今日は、「茶道具と指物展」 へ行って来ました。  (with おばあちゃん !)

 

 

 

 

 

P1090925.JPG  場所は、山口市大内御堀にある

  「茶蔵庵」 さんです。 

  ここの庭は、いつも四季折々の景を

  楽しむ事できるよう、演出されています。  

 

  今日は、紫陽花の青が苔生した庭に

  美しく映えて、とても印象的でした。

 

   この素晴らしいロケーションを通り抜けて 

   ギャラリーへ・・・。

      

 

 

 

 

 

 

会場は、ほのかな樹の香りが漂い、

様々な木材で創られた煙草盆や抽斗箱、器などの

指物細工の作品と、古美術の茶道具がズラリ・・・。

 

 

 

その中で、今日頂いたものは菓子器です。

 

 

 

 

P1090926.JPG 

 

 

 

地の木材は何か忘れましたが、

アクセントで縁取りしてあるのが黒柿だそうです。

 

 

そしてナント、裏にも・・・

 

 

P1090929.JPG

 

 

 

 

 

 

この細やで丁寧な仕事っぷりに、おばあちゃんが感動して購入!

素敵な器を、ありがとうございました。

 

大切に使わせて頂きます。

 

 

腕を置く部分は手羽のカタチなり母の歩行器廊下に届く

浅田 陽子

『青潮』 (2014年5月号)より

 

 

 

P1090923.JPG     きみどり色の手羽!

     ここに、母の太い腕を乗せます。

 

 

 

 

     

     

 

P1090920.JPG

 

 

  

 

     

 

 

 

 

 

 

   この歩行器のお陰で、

   しっかりと歩くことが出来るようです。 

      

 

 

 

 

 

目的の場所は御不浄 歩行器で三間半を母は歩めり

浅田 陽子

   

 

AH ! ― 大地から ―

 

素敵な絵画展のお知らせです。

 

 

 

田辺 修 展

― 大地から ―

 

 

P1090919.JPG

 

 

 

  

檜画廊 Gallery HINOKI 

 

東京都 千代田区 神田 神保町1-17 (すずらん通り)

 

2014年 6月12日(木) ~ 6月21日(土) [15日(日)休廊]

AM11:00 ~ PM6:30 (最終日は4:30 迄)

  

 

 

大地から湧き上がるエネルギーを感じて下さい。

東京近辺にお住まいの方・・・是非どうぞ! 

 

 

 

※ 田辺さんは、昨年の写真展にてご一緒させて頂いた方です。

↓ 写真展の詳細は、こちらをクリックして下さい。 

 

 

活動の記録 ― 写真展のお知らせ ― 

 

 

 

 

たとふればさう水の森 まつすぐに雨降る朝を母はさう呼ぶ

浅田 陽子

『青潮』 (2014年5月号)より

 

 

 

P1090828.JPG      雨降りの日も

      水の森の中に居ると思えば、

      ステキかも・・・。

 

 

 

      ※ 「たとふれば」・・・「例えたならば」

         「さう」・・・「そう」

 

 

 

 

 

 

今日は、雨が降ったり止んだりの一日でした。

久しぶりにゆっくりとした時間を楽しみました。

 

Y-FATI ― 報告書提出 ―

 

先日のイベントで助成金を頂いた「山口メセナ倶楽部」さんへ、

本日、報告書を提出してきました。

 

 

 

 

 

P1090909.JPG こちらへは今回で、5 回目の訪問となります。

 

 初回は今年の2月の中ごろ・・・ 私方、

 助成金を頂いてイベントを行うのは、

 初めての経験でした。 

 

 申請書や報告書などの作成は

 結構タイヘンでしたが、

 キチンと文章にする事で、

 モチベーションが高まっていったり、

 より深く反省できたように思います。

 

 

 

 

 

 お陰様で、無事に終えることができました。

今回のイベントで出会えた、たくさんの方々との一期一会に、心から感謝しました。

 

 

AH ! ― 梅雨 ―

 

P1090900.JPG

 

 

     このところ、ずっと忙しくしていて、

     気付かなかったのですが、

     この辺り(中国地方)はモウすでに、

     梅雨に入ったようです。

 

 

※ そう言えば、雨の日が続いていたなぁ~。

 

 

 

 

 

今日は雨もあがったことだし、仕事もちょっとお休みにして、

そうだ!水とりぞうさんの交換日をしよう!・・・という事で、

大量のぞうさんたちを購入。

 

 

P1090897.JPG   

 

   こちらは、家中の水とりぞうさんです。

   数えてみると・・・48個!

 

   記録帳によると、前回は昨年の11月に

   交換を行っていました。

 

   この押入れに〇個、ここの箪笥に〇個・・・と、

   記録帳の覚書きに従って交換し、

   ← 集めたモノが、これだけ。  きゃ~!

 

 

   

 

 

 

後始末もタイヘンですが、この交換を怠ると、革製品にカビが生えたり、

粉調味料が固まってしまったり・・・とタイヘンな事になります。

 

 

 

ウチの年中行事、

「水とりぞうさんの交換」 本日無事に終了!  ふぅ~っ。

 

 

ここは、山口県長門市三隅町にある、

室生窯さんの工房です。

 

        ※キャプションスタンドのレンタルで、

         先日 おじゃました時の様子をご紹介します。

 

 

 

 

P1090848.JPG     竹林や、樹木に覆われた場所に

     工房は在りました。

 

     まるで、

     海底から空を見上げた時のような感覚・・・。

 

 

 

 

 P1090847.JPG

 

 

 

 

 

 

         これは、以前使っておられた窯?

         自然に朽ちていく時間が、

         ここにギュッと凝縮していて、

         何となく魅力的・・・。

 

 

 

 

 

P1090850.JPG

 

 

 

 

お洒落な椅子!・・・と思ったら、やはり作家さんが作られたもの、

陶器との物々交換の品、だそうです。

 

 この日は、ここのテラスで昼食をとらせて頂きました。感謝!

 

 

 

 

P1090849.JPG 

 

 

樹木に埋もれて過ごす時間は、天然の酸素カプセルに入ったようにさわやかで、 

イベント前のイライラした気分が、すぅ~っと抜けていく心地良さを感じました。

 

 

 

 

つづく

 

 

室生窯さんでの用事を済ませた後、

せっかくなので、長門の海を見てから帰る事になりました。

 

 

 

 

P1090841.JPG ここは、工房を取り囲む森を抜けた所。

 日本海とは思えないほど、穏やかな海です。

 

 湾の内側になっているので、

 波がほとんどありません。

 

 漁船やレジャー用のボートがたくさん!

 

 

 

P1090851.JPG 

 

 

 

 

 

 

               その後、峠を越えて・・・

               外海へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1090857.JPG      ここの海は、波の音からして荒々しく、

      これぞ日本海!、というカンジ。

 

 

 

 

P1090859.JPG 

 

 

 

 

 

堤防の手前には小さな砂浜もあって、海水浴もできるそうです。

 

 

 

 

P1090855.JPG

 

 

 

 

 

 

森あり、海あり・・・の長門市での一日はとてもステキで、

自然のエネルギーをたっぷりと体内に蓄える事ができました。

 

 

 

案内して下さった方々に、心よりお礼を申し上げます。 

 

AH ! ― アオリイカ ―

 

防府市富海の定置網でとれた

アオリイカです。

 

 

P1090891.JPG アップにすると地球外生物のよう・・・。

 目の周りのかすかなブルーが

 とてもキレイです。

 

 

 魚屋さんの手にかかると・・・

 

P1090894.JPG

 

 

 

 

AH ! 超美味。

 

AH ! ― 真締川公園 ―

 

久しぶりの宇部市、

ここは、山大付属病院そばの真締川公園です。

 

 

 

P1090873.JPG    検査の結果、

    今日で、ここの病院へはモウ

    来なくても良いことになりました。

 

 

 

P1090877.JPG 

 

 

    

 

 

   主治医の先生に、

   もっとキチンとお礼を言えばよかったなぁ~

   ・・・などと思いつつ、一休み。

 

 

 

 

 

 

梅雨入り?したせいか、いつもより水位が高く

私が知っている真締川ではない、何か別の川の様な印象を持ちました。

 

 

擬音語で表現するなら、

いつもは「カラカラ」 今日は「たぷたぷ」 というカンジ・・・。

 

今までで一番豊かな表情の、真締川でした。

 

 

 

先日行ったY-FATI発足1周年記念イベントでは、

多くの業者さんが、ご協力下さいました。

 

 

 

 

先ずは、このイベントのリーフレット制作と、

当日の撮影を担当してくださいました、「防府カラー」 さんです。

 

 

P1090732.JPG← レトロなリーフレットは

  どこでも好評でした。

 

 

    

IMG_0224-001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

           また、当日の素敵な時間を

          美しく留めて下さいました。

                      感謝!            

 

 

 

 

 

 

次に、作品展の設えでは、「やの舞台美術」 さん。

 

 

展示案 1.jpg   アサダのイメージ画に従って、

   素敵に設営して下さいました。

   感謝! 

 

 

 

 

 

IMG_0039.jpg 

 

 

 

 

 

次に、「美恵工藝」 さん・・・ボディーを格安でお貸し下さいました。 感謝!

 

 

P1090864.JPG

 

 

 

 

 

 

それから・・・三隅 「室生窯」 の小川さん。

 

 

IMG_0033.jpg     大切なオブジェを、

     キャプションスタンドとして、

     お貸しくださいました。 感謝!

 

IMG_0005-001.jpg 

 

 

最後に、交流会では、「山口 ザビエルカンパーナ」 さん 

 

美味しいサンドイッチと、スィーツの組み合わせは、

女子にも男子にも大人気でした。 感謝!

 

 

IMG_0319.jpg  また、「セブンイレブン  一の坂店」 さん 

 

  飲み物の配達をお願いしました。

  また当日、突然の追加にも

  即座に対応してくださり、

  本当に、助かりました。 感謝!

 

 

 

 

 

 

 

この他、観客動員にご協力下さいました、

写真倶楽部SEIの皆様、 画廊as it is のスタッフの皆様、

山口県歌人協会の皆様、 全日本編み物教育協会の皆様、

山口県立大学の皆様、 桜圃会の皆様、 防府写真クラブの皆様、 等々・・・

多くの方々に心よりお礼を申し上げます。 

 

本当に、ありがとうございました。