わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2014年4月アーカイブ

 

Y-FATI 発足1周年記念講演会のお知らせです。

 

 

写真家 吉田 正 (Sei Yoshida) が語る

美の追求と伝達

 

 

 P1090756.JPG 

 

 

1周年_オモテA.pdf

1周年_ウラ.pdf

 

 

           日時 : 5月26日(月) 12:40~14:10  (12:00 開場)

          場所 : 山口市民会館小ホール    入場無料

          後援 : 山口市     助成 : 山口メセナ倶楽部

 

 

今回は、Y-FATI (山口ファッション&テキスタイル研究所)の

発足 1 周年を記念して、兵庫県在住の写真家 吉田 正(Sei Yoshida)先生を

お招きし、「美の追求と伝達」というテーマでお話していただくことになりました。

 

創造的で潤いのある社会を形成していくためには、どのようなものに「美」を見出し、

どのように表現し、どう伝えていくのか・・・皆様と一緒に考えていきたいと思います。

 

 

※ また、会場ではY-FATI 研究員による作品の展示も行います。

 展示時間 : 12:00 ~ 16:00

 

山口県の地域資源である、山口市のデニム、徳地和紙、柳井縞、などを用いた

「ファッション&テキスタイル世界」もどうぞお楽しみください。

 

 

お待ちしています。

 

AH ! ― 贈呈式 ―

 

中原中也賞記念贈呈式の記念イベントへ行って来ました。

 

 

 

 

P1090746.JPG  今回のお目当ては

  歌人 穂村  弘 × 作家 川上未映子の

  トークセッションでした。

 

  また、5月の講演会に備えて、

  会の司会進行や運営方法などを

  参考にする為・・・。

 

  

 

 

 

 

 

  

 

 

トークセッションでは、穂村さんの飄々とした話っぷりを

ナマで楽しむ事ができて、満足満足・・・。

 

彼の著書  『短歌の友人』 をもう一度、読み返してみようかなぁ~と思いました。

 

 

 

おまけPhoto :  会場周辺です。 

 

P1090745.JPG蔦とチェーンの取り合わせが 

不思議なカンジ。

 

  

この蔓の先っぽは、

これからどこへ絡まるのでしょうか?

 

 

P1090748.JPG

 

 

 

 

この花、可愛いけど、すぐに散っちゃうのよねぇ~。 

 

 

P1090752-001.JPG

 

 

 

 

昨年からご縁の深い、市民会館でした。

 

 

 

 

 Y-FATI (山口ファッション&テキスタイル研究所)の

発足1 周年を記念するイベントのリーフレットが完成しました!

 

 

 

P1090732.JPG    

    今回は、多色を避け

    「美」の文字だけを

    印象的な赤で

    表現してみました。

 

     

 

 

 

 

 

 

研究員 8 名の作品を レトロ調で統一し、

この 1 枚の中にギュッ・・・と収めています。

 

 

長い年月がたっても、みんな仲間でいようね・・・の意味を込めました。

 

 

P1090743.JPG 

 

 

 

わたくし方の拙い原案を、

とてもキレイになリーフレットに仕上げて下さった

H-C 様に、心より感謝いたします。 ありがとうございました。

 

 

 

尚、このチラシは5月に入ってから、

山口市内の公立各所やギャラリーに置かせて頂きますので、

宜しかったらどうぞご覧ください。 

 

 

防府天満宮本殿の北側には3つの末社があり、

そのお社の背景の樹木がここ最近、一斉に茂り始めています。

 

 

 

P1090721.JPG     お社が日に日に、

     埋まっていくようです。

 

 

 

P1090725.JPG

 

 

 

 

この景を見ていると、『奥の細道』の

「あらたふと青葉若葉の日の光」 の句が思い出されます。

 

 

 

 

P1090723.JPG    「あらたふと」 とは、

    「ああ尊いことよ。」の意・・・。

 

 

P1090730-001.JPG

 

 

 

 

 

 

   この句の通り、青葉若葉にふりそそぐ

   日の光を眺めていると、何だかとても

   尊い気持ちになってきます。

 

 

 

 

 

極めて清浄な領域・・・ここは私の、最高の癒し空間です。

 

 

AH ! ― 幸せます❤ ―

 

防府天満宮の大石段で、今年も鉢植えの花々で構成された

「幸せます」の花文字が登場しました!

 

 

 

P1090717.JPG  ※ 県外の方へ・・・

    「幸せます」 は山口県の方言で、

    「助かります」 という意味です。

 

     例)

     ・・・ お越しいただけたら、幸せます。

     ・・・ ご協力いただき、大変幸せました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、この花文字の下に巨大なハートマークも現れていて、

一層、Happy!なカンジに仕上がっています。

 

  

 

P1090715.JPG 

 

 

 

素敵な言葉から、素敵なイベントが生まれました。

言葉の持つ力は、スゴイ!です。

  

 

AH ! ― お弁当 ⅵ ―

 

今日のお弁当です。

 

最近のお弁当は、私のでは無くて、

留守番をしてくれる、ウチのおばあちゃん(母)のモノ・・・。

 

 

                                本日のメニュー 

P1090678.JPG   ・しそわかめのむすび 

   ・ベーコンとチーズのオムレツ

   ・塩鮭

   ・ブロッコリーとかぼちゃのサラダ

   ・ほうれん草のおひたし

   ・たけのこと油揚げのたいたん

   ・お漬物 (たくわん)

 

 

 

 

 

豪華な食材でありませんが、こうしておくと大喜びして、

ちゃんと全部食べてくれます。

 

 

 

P1090684.JPG

 

 

 

 

昔、母から作ってもらったお弁当の数ほど、

母へ作ってあげたいと思っています。

 

 

先日、Y-FATI 研究員との簡単な打ち合わせの為、 

山口市の大殿大路に行って来ました。

 

 

 

花びらの看板が可愛くて、思わず入った所は大路ロビー? 

 

 

P1090688.JPG   何屋さんですか?とお聞きしたら・・・

 

   「この町の素敵なところ、例えば、

   歴史や文化を色々と紹介したり、

   ちょっと休憩して頂くところです。」

 

    ・・・との事。  

 

 

 

 

P1090686.JPG      おしゃれに改造された古民家には、

     珍しいモノ、楽しいモノ、綺麗なモノが

     たくさん展示されていて、     

     とても心地良い空間となっていました。 

 

P1090689.JPG

 

 

格子戸越しに見る大殿大路も、なかなか風情があっていいものです。

この通りを愛する方々の思いが伝わってくる、素敵なロビーでした。

 

 

美味しいお茶をごちそうさまでした。また寄らせていただきます。 感謝!

 

AH ! ― 若葉の季節 ―

 

今日は家庭サービスの日・・・

山口市徳地にある 「重源の郷」 に半年ぶりに行って来ました。

 

 

 

P1090699.JPG 楓若葉のさみどり色が、とってもキレイです。

 

 

 

 水車の苔色までが実に鮮やか・・・

 P1090693.JPG

 

 

 

そう言えば・・・

この季節の「重源の郷」は、十数年ぶりかなぁ~

 

 

 

P1090697.JPG

 

 

 

 

 

P1090708.JPG 今は、水芭蕉などの水生植物が見頃でした。

 

 

P1090704.JPG

    水の中には、

    オタマジャクシが

    うじゃうじゃ・・・

 

 

P1090701.JPG

 

 

 

 

 

 

P1090712.JPG

     若葉と茅葺屋根の取り合わせも

     実に美しいです。

 

P1090710.JPG

 

 

 

 

 

若緑、若竹色、鸚緑、常盤色、深緑、山葵色、緑青、木賊色、・・・

数えきれないほどの緑色に包まれて、静かな半日を過ごしました。

 

感謝!

 

5月に行う、「Y-FATI 発足1周年記念講演会」 の件で

諸々の打ち合わせや確認を行う為、県立大学へ・・・

 

 

 

 

P1090673.JPG  丁度、キャンパス内の八重桜が

  満開となっていました。 Lucky!

 

 

   ここの花を楽しむのは

   今年で4 回目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

この八重桜、よく見ると・・・

花のひとつひとつが、幸せのカタマリのような形をしています。

 

 

 

P1090675.JPG

 

 

 

 

 

今回のイベントも、多くの方々に幸運をお届けできるよう、

スタッフ一同、誠心誠意をもって、取り組みたいと思っています。 

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

AH ! ― 光の粒子 ―

 

今日は、光の粒子が

あちらこちらに溢れているような1日でした。

 

 

 

 

P1090671.JPG

 

 

 

P1090652.JPG

 

 

 

 

たぷたぷ・・・という水音を聞きながら、

4 月の海をしばし楽しみました。

 

AH ! ― 観音堂 ⅰ ―

ここは防府天満宮本殿の右側にある観音堂です。

 

 

 

P1090637.JPG     昔から・・・

     私の力では解決出来ない事に

     直面した時、ここの観音様に

     お願いをしています。

  

     困った時にだけ、拝みに来る

     ケシカラン信者ですが、

     いつも助けて下さいます。

 

     ※写真は、正面を避けて

       脇から写したものです。

 

 

 

 

今日は、冷たい雨の降る日曜日でした。

 

 

 

P1090625.JPG     観音堂の南には

     太鼓橋の架かった池があり、

     楓の新緑が

     清々しい空間をつくり出していました。

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまた南には、枝垂れ梅の梅園があります。

 

 

P1090628.JPG 

 

 

 

 

花が散り、葉が茂る前の枝垂れ梅は、螺旋形の幹が露わとなり、

何か、不思議なカタチをしていました。

 

 

 

 自然に心が癒されていくのを感じつつ、雨の境内をゆっくりと巡りました。

 

 つづく

 

 

AH ! ― 観音堂 ⅱ ―

 

ここは天満宮の大石段で、

その脇に樹齢数百年の大楠が在ります。

 

 

 

 

 

P1090633.JPG    楠を上から見下ろすのは、

    めったにない事・・・。

 

     階段を昇りきったところから見ると、

    凄い迫力で見る者に迫ってきます。

     

 

P1090631.JPG

 

 

  

雨を含んだシダが独特の香りを放ち、森の中を想わせます。

 

 

 

 こちらは観音堂そばの木の根っこ・・・

落ち葉と苔の色彩の対比がとても美しいです。

 

 

P1090639.JPG 

 

 

 

 

雨の天神様は、樹木のエネルギーに満ち溢れ、

いつもとは違った表情をしていました。

 

 

何となく今回も、願い事がすんなり叶うような気がしてきました。

 

 

AH ! ― 今年の色 ―

 

毎年、南の花壇にチューリップを植えますが、

今年の春用に・・・と選んだのは、この色です。  

 

 

                          

 P1090606-001.JPG     春の庭を彩るには、何となくかなしい色ですが、

      斑入りのギボウシの葉と一緒に活けてみると・・・

 

 

            結構きれいに納まりました。

 

 

 

P1090621.JPG

 

 

 

 

 

今年の春は、こんな気分なのかなぁ~・・・と思いつつ、

花のある部屋で静かな時間を楽しみました。  

 

 

 

AH ! ― 草取りの極意 ―

 

最近は、夕方の仕事を1 時間早く切り上げて、

庭の草取りをしています。

 

 

今日は南の庭の一角・・・この場所。

 

 

     ←  before and after  P1090609-001.JPG 

 

P1090611.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで草取りの極意をご紹介。

(以前、勤めていた職場の先輩から教わったのですが・・・)

 

先ず、長めの草だけを根っこから抜きます。

次に、思いっきりスコップで土を掬って、一気にひっくり返します。

後は、手で均して終わり。

 

こうすると、小さな草や種は地中に埋もれて枯れてしまい、

次の草は当分、生えてきません。 

一見雑に思えますが、実は理にかなっているこの草取りの極意・・・!

 

宜しかったら是非お試し下さい。

 

 

 

Y-FATI (山口ファッション&テキスタイル研究所)の

発足1 周年を記念するイベント準備の為、

今日は、午後から山口市へ行って来ました。

 

 

 

先ずは、講演会で使用するレンタル器具の打ち合わせの為、市民会館へ・・・。

次に、作品展示に関する諸々の打ち合わせで、山口市吉敷へ・・・。

 

その会社は、静かな山間(やまあい)にありました。

 

 

P1090601.JPG 

 

 

 

 

P1090604.JPG   今回のイベントでは、

   Y-FATI 研究員の紹介も兼ねて

   各自1点づつ、作品の展示も行います。

 

   会場の広さに、作品が埋もれてしまわないよう

   照明などの工夫をしなければいけません。

 

   今日はプロの方から、実物の器材を前に、

   色々とアドバイスを頂きました。

      

 

   

   

    

 

講演会と作品展示・・・どちらも素敵に行うことが、

こんなにムツカシイとは思ってもいませんでしたが、

この2 つが融合すれば、きっと素晴らしい空間になるハズです。

 

 

 

日時などの詳細は、近々このブログでもご紹介いたしますので、

またどうぞよろしくお願いいたします。

 

AH ! ― 緑の力 ―

 

今日は朝から忙しく、気が付けば既に3 時前・・・。

大急ぎで、昨夜の残り物をちゃちゃっとパスタにして、ランチ完成!

 

 

 

 

 

P1090599.JPG結構おいしそう・・・。

 

 

このひと皿が美味しそうに見えるのは、

たぶんブロッコリーのおかげ。 

 

 

 

 

 

 

 

そう言えば、お味噌汁に浮かぶ葱にしても・・・

ステーキの脇のクレソンにしても・・・

緑色の野菜が添えられていると、何となく食欲が出てきます。

 

 

 

やはり、緑の力は凄いです。

 

 

 

 

電磁気学の講義終りて見るさくら白ふかふかと空に溢るる

浅田陽子

『青潮』 (2007年11月号)より

 

 

 

 

P1090560.JPG   この授業を受けたのは30年前の事。

 

   今思えば、

   これまで生きてきた中で一番 

   ワケのワカラナイ授業でした。

 

    季節は確か、秋だったような・・・。

 

 

 

 

 

授業中の教室の空気は、カキーン・・・とした無機的なカンジ。

終了後、その空間から解放された時の感覚と、ふかふかの桜の花とが

不思議と重なり、出来上がった作品です。

 

 

今は亡き、私の師匠はこの歌の評を、次ようにおっしゃっておられました。

 

「オモシロイ発想ですが、私なら、もっともっと難しそうな授業の名前を

嘘っぱちで創り出して遣います。」

 

フムフム・・・

 

今年も、嘘っぱちの名前が思いつかないまま、  

桜の花は、あっという間に散ってしましました。

 

 

AH ! ― 遭遇・・・? ―

 

先日、宇部市にて遭遇?した、野外オブジェです。

P1090501.JPGタイトルは、「メリッサの部屋」 (長澤 英俊 作)

 

 

 

 

 

 

 

P1090502.JPG 一見、鉄骨が無造作に置かれた工事現場?

 のようですが・・・ 

 

 

    よく見ると、7本の鉄柱が

    絶妙なバランスで支え合って

    宙に浮かんでいます。

 

    

 

P1090509.JPG

 

  

      5 個の石の上に7 本の鉄柱・・・

     揺るぎ無いようで、実は極めて危ういカタチ。

 

 

P1090508.JPG

 

 

 

 

 

 

 

不思議な現象と遭遇した!・・・そんな感覚の作品でした。

場所は、真締川公園・宇部大橋西、山口大学附属病院北東です。

 

 

 

AH ! ― 一の坂川の桜 ―

 

今日は家族サービスの日。

山口市、一の坂川沿いの桜を楽しみました。

 

 

 

 

 

P1090593.JPG   いつ来ても、ここの桜は本当に見事です。

 

 

   満開を少し過ぎていましたが、

   風が吹く度に、わらわらと散っていく景も

   また、風情がありました。

 

 

 

 

P1090590.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものように、ラ・セーヌさんで食事をした後、隣接するギャラリーへ・・・

今日は、萩焼の作家さんが作品展をしておられまた。

 

 

 

 

 

P1090596-001.JPG

清水啓功 食の器展

― 本格的粉引による日常の器展 ―

 

 

 ギャラリー ラ・セーヌ

4月2日(水)~6日(日)

10:00~18:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日頂いたのは、この3点。

まったりとした白色が魅力の湯呑茶碗です。

 

 

P1090598.JPG

  

 

 

古萩の特徴である、純白本粉引を見事に再現されたモノ。

作家さんの作品に対するこだわりが、要所に見られる逸品です。 

 

 

是非、多くの方々に、この白く美しい器をご覧いただきたいと思いました。

 

 

ここは山口市鋳銭司にある黒山八幡宮の参道です。

今日は、さくら見物を兼ねて、ここでミーティングを行いました。

 

 

 

P1090579.JPG   鳥居脇の桜・・・。

   やはり、桜には青空が一番似合います。

 

   色彩的なモノか?それとも

   花の持つイメージでしょうか?

 

 

 

 

P1090583.JPG 

 

 

 

 

 

       陽を受けると・・・

       一段と神々しさを感じます。

 

 

 

 

 

    ここは、参道沿いの桜並木です。P1090587.JPG

    お社のある奥へ、奥へ・・・と誘われます。

 

 

P1090586.JPG

 

 

 

 

 

神社ならではの、厳(おごそ)かな気配と、

桜の華やかさが素敵に融合されたこの場所で、

有意義な時間を過すことが出来ました。

  

色々と準備してくださった方々に、心よりお礼を申し上げます。

 

月別 アーカイブ