わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2014年1月アーカイブ

活動の記録 ― 卒展 ―

 

現在、山口県立美術館で行われている 「卒展」

 (山口県立大学 国際文化学部 文化創造学科 卒業展+)に行って来ました。

 

 

 

 

 

「卒展」 パンフレット(裏表紙)と DM

 

P1090306.JPG 会場には、大学院時代に、

 ゼミの活動でお世話になった学部生の皆さんや、

 色々なイベントでご一緒させて頂いた学生さん達の

 作品やパネルが、素敵に展示されていました。

 

 

    朝まで寝ずに頑張ってイベントの準備をしていた

    彼女たちの姿を思い出して、思わず感無量・・・。

 

 

 

 

 

 

 

彼女たちの頑張りがあったからこそ、私も無事に

大学院を修了出来たのだと、あらためて思いました。 

 

 

 

P1090295.JPG

 

 

 

 

 

素敵な卒業制作展をありがとうございました。

 

 

尚、この展覧会は2月2日(日)まで行われています。

是非、多くの方々にご覧頂きたいと思いました。

 

 

AH ! ― ミント ベール ―

 

 「卒展」の感動を抱きつつ・・・

 せっかくですから、ラ・セーヌさんでお茶を頂く事にしました。

 

 

 

 

 

P1090298.JPG 今日頂いたハーブティーは、ミントベールです。

 

 さわやかな風味とさっぱりとした後味が

 フルーツタルトとよく合い、

 今日の気分にピッタリ・・・。

 

 

 

 

 

 

店内の間接照明は夕焼けの様に温かく、心が落ち着きます。

 

 

 

 

P1090300.JPG

 

 

 

 

 

久しぶりに、一の坂川のせせらぎを聞きつつ、

雨上がりの夕刻を楽しみました。

 

 

 

 

素敵な展覧会のお知らせです。

サブタイトルの不思議さに魅かれます。

 

 

 

P1090294.JPG

 

 

毛利圭子展

 

田園の秘密迷路に逃げ込んで

辿り着いたところは不思議なお茶会だった。

 

2014年2月1日(土)~8日(土)

AM10:00~PM5:00

 

画廊 as it is

山口市鋳銭司4016

 

 

 

 

独特の空気感を持っておられる作家さんです。

今回はどのような作品群で、as it is の空間を満たしてくれるのか・・・

今からとても楽しみです。ワクワク!

 

 

昨日は、山口県立大学 桜圃会館で行われた

P1090286.JPG鷺流狂言の定期公演会に行って来ました。

 

ここ2 年間、色々と忙しかったり、

体調が良くなかったりで、

拝見できませんでしたが・・・

 

 

今回は念願叶ってやっと、

ゆっくりと楽しむ事が出来ました。

 

 

 

 

P1090271.JPG 

     曲目は、「清水」、「千鳥」、「鎌腹」。

 

      私は、今回で4 回目の鑑賞会となりますが、

     登場人物達の何か、飄々とした滑稽さに、

     いつも大笑いしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

流派ごとに、ストーリーや演じ方が微妙に異るようで、今回は特に、

自由な芸風が特徴である、「鷺流」 ならではの 「おおらかさ」 がよく現れた曲目のようでした。 

 

 

P1090285.JPG 

 

 

 

 

 舞台終了後、「品の佳い笑い」 の余韻を楽しみつつ・・・

もっと、たくさんの方々にご紹介したいと思いました。

 

 

狂言を楽しんだ後、夕方からは・・・

写真倶楽部の方々が主催される新年会に

特別参加させて頂く事になりました。

 

 

 

 

 

P1090289.JPG   場所は・・・

   山口市道場門前にある「アウリンコ」。

 

    お向かいにある 「エクラモーネ」 の

   姉妹店です。 

 

 

 

 

「モーネ」はスェーデン語で「月」、「アウリンコ」はフィンランド語で「太陽」なので、 

道を隔てた二軒のお店にそれぞれ、「月」・「太陽」 と命名されたようです。 納得!

 

 

 

 

久しぶりにお会いした写真倶楽部の方々は、いつものように素敵で楽しく、

とてもお洒落な時間を過すことが出来ました。 

 

お誘いいただき、本当にありがとうございました。

 

 

 今日は良いお天気なので、アトリエで保管している糸の

 在庫整理と防虫剤の入れ替えを行いました。

 

 

 その中から・・・藻類のような糸と久しぶりに対面!

 

 

 

 

 

P1090273.JPG   この糸は、京都で買い求めたもので、

   手紡ぎの作家さんによる

   オリジナルヤーンです。 

 

    シルクとウールのミックス糸。

    染は化学染料を使っておられますが、

     不思議な色彩に魅かれました。

   

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとした作品にはもったいないので、大作用にタイセツに保管しています。

 

 

この他にも、もっと個性的な糸や、きれいな色の糸が数百種類あり

それぞれが出番?を待っています。

 

 

P1090280.JPGP1090276.JPG

 

 

 

 

ウチのアトリエの宝物です。

 

 

 

大楠の幹照らされて金色(こんじき)の龍のごとしも 夜を駆け昇る

淺田陽子

 

 

 

 

 

 

P1070971-001.JPG 

 周防国分寺のライトアップの時の歌。

     ※この画像は2013年5月の時のモノです。

 

 

      樹齢数百年のここの大楠は、

      ライトアップされるとさらに、

      もの凄い迫力で

      見る者に迫って来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、この素晴らしいロケーションを

何かのイベントで利活用できないものか・・・?と考えています。

 

AH ! ― 黒の領域 ―

 

久しぶりの贅沢・・・。1 枚の抽象画を購入しました。

作者は、東京在住の田辺 修さんです。

 

 

 

 

 

P1090269.JPG 

 

 

    黒の占める領域が、何とも言えず絶妙!

    ザラッとした質感もナンかエエカンジ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速アトリエの、のっぺりとしていた壁面に設置しました。 すると・・・

 

 

 

ジャ~ン!

 

P1090262.JPG

 

 

 

 

やはり、思っていた通り・・・否、それ以上にここの場所にピタリと納まり、

素適な空間を演出してくれました。

 

 

 

大切に鑑賞させて頂きます! 素晴らしい作品を、本当にありがとうございました。

 

AH ! ― ホテルランチ ―

 

今日は、今年初めての家庭サービスの日です。

P1090251.JPG少し奮発して、ホテルでのランチを楽しむ事にしました。

 

 

 

 

P1090253.JPG 

 

 

 

 キレイな植え込みに沿って行くと・・・

 

   アールヌーボー風の

   美しいドアが迎えてくれます。

 

 

 

 

ホテル内の和食処で、美味しい炊き込みご飯と和弁当を頂いた後、

ラウンジでゆっくりとお茶を楽しみました。

 

 

 

 

P1090254.JPG 

※ ホテル内は許可を得て撮影しています。 

 

 

 

 

華やかな時間に、おばあちゃん(母)も大喜び!

お天気も良いので、午後は少しドライブをすることにしました。

 

つづく

 

AH ! ― As it is 展 ―

 

小春日の午後、ドライブで向かった先は、鋳銭司にある画廊 「as it is」 です。

絵の大好きなおばあちゃん(母)の意向で決まりました。

 

 

 

 

 

 

P1090258.JPG     現在は、「As it is 展」

     通称「A 展」と題された

     毎年恒例の 展覧会が

     行われていました。

 

 

  20日(月)まで開催 10:00~17:00

  山口市鋳銭司 TEL 080‐1948‐6513

 

 

 

 

 

 

作品は・・・、 オーナーの呼びかけで集まられた、

県内外の素晴らしいクリエーターの方々の力作がズラリ。

 

それらの作品が、

この画廊の不思議空間に、ピタリと収まって展示されてました。

 

「来てよかったねぇ~・・・」

帰りの車中で何度も繰り返すおばあちゃんを横目に、

今日の一期一会に、心から感謝しました。

 

 

防府市 図書館の研修室です。

今日はここで、今年最初の歌会がありました。

 

 

 

 

P1090246.JPG 白色でまとめられた室内は、

 余計なモノが無く、

 ピンクの椅子がアクセントとなっていて、

 とても気持ちよく使える空間です。 

 感謝!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌会は、あらかじめ各自が二首を提出したものを、お世話係の方が詠草集としてまとめられ

その中から、各自が好きな歌を五首選び、歌会当日に合評し合う・・・という形式です。

 

自分の作品(短歌)がひとりよがりになっていないか?

もっと適切な言葉はないか?・・・など、多面的に見直すことが出来ます。

 

短歌に限らず、自身の作品を客観的に見る習慣が身につくので、歌会は結構オモシロイです。

 

 

今日のアサダの提出作品は・・・ 

 

Tanka Tanka へつづく

 

 

法螺貝の音つぎつぎと重なりて火渡りの儀の炎を煽る 

淺田陽子

 

 

 

 

 

 

 

P1010781-thumb-220x165-1179[1].jpg  周防国分寺の火渡りの儀を詠んだものです。 

 

 

P1010783-1-thumb-220x165-1181[1].jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※画像は2010年の撮影のモノを使用しています。

 

 

 

 

 

今日の歌会での、この歌の評は、

法螺貝の音が重なる、音が炎を煽る、等の表現が独創的・・・との事。

 

苦心したところを評価して頂き、ありがとうございます。

 

AH ! ― 串刺し ―

 

昨日は所用で夕方から、山口市小郡へ行って来ました。

新幹線の新山口駅があるところです。

 

きれいな夕陽を見ながら、西へ西へ・・・

 

 

 

 

P1090234.JPG

 

丁度、太陽が電線に

串刺し状態!になっていたので・・・撮影! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなミチクサをしたので、

集合時間ギリギリに到着。スミマセン。

 

つづく

 

AH ! ― 冬の金魚 ―

 

今回のミーティングの会場は、

新山口駅、在来線口のすぐ前にあるホテルの一階。

ダークブラウンが基調色で、照明を控えたシンプルな設えのお店でした。

 

そのようなシックな店内の、通路脇の足元で、

ピラピラと泳ぐ金魚の赤はとても美しく、

友人たちとしばし、冬の金魚を楽しみました。

 

 

 

 

P1090237.JPGP1090236.JPG 

 

 

 

 

 

 

 カメムシのような亀を発見 ↑

 

 

P1090238.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今回は、周南市や宇部市、山口市、防府市・・・、と県内各地から素適なメンバーが集まり、

自身の活動報告や今年の予定など、充実したミーティングを行う事が出来ました。

 

お世話してくださった方々へ、心よりお礼を申し上げます。

  

 

 

今年初めての積雪です。

先ずは、北庭の景色から楽しみました。

 

 

 

 

P1090213.JPG   ここから見る雪の周防国分寺は、

   いつもより、屋根の反りがくっきりと際立ち、

   荘厳というよりも・・・

   むしろ、やさしい表情をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

P1090218.JPG

 

 

       梅は枝先まで、うっすらと雪を載せ、

       実に華やかです。

       

 

 

 

 

 

 

 

P1090223.JPG 

 

 

こちらは、南庭です。

松の枝に積もった雪は、朝陽ですでに解け始め

ポタポタと雫の垂れる音が、庭のあちこちから聞こえてきました。

 

 つづく

 

 

こちらは、二階のアトリエから見た周防国分寺です。 

 

 

 

P1090212.JPG

 

 

 

 

キリリと締まった冬の空気が、朝陽の方角から静かに流れて来て、

境内は極めて清浄な場所・・・といった印象でした。

 

 

 

 

P1090230.JPG

 

 

 

 

 

雪景色で始まった今日は、

視線が、外へ外へ・・・空へ空へ・・・と果てしなく拡がって行き、

心の底から清々しい心持になれた1日でした。感謝!

 

 

AH ! ― 桜鏡 ―

 

ウチのアトリエ南庭の片隅に、ポッ・・・と灯りをともしたように、

今年も、桜鏡の花が開きました。

 

 

 

 

 

P1090180.JPG

 

寒々としたこの季節に、

一足早く春の気配を運んでくれるこの花は、

別名、ヒマラヤユキノシタ。 

 

 

季節柄、毎年届く年賀状の様に

やさしい気持ちになれる、不思議な花です。

 

 

 

 

 

 

 

何気ないことでも繰り返すことにより、素敵な記憶として心に残り、

幸せが増していくことの象徴として、わが家の桜鏡は今年も咲きました。

 

 

AH ! ― 第6回 GoGo会 ―

 

昨日は久しぶりに、高校時代の同窓会に行って来ました。

昭和55年卒業なので、GoGo会といいます。

 

 

 

 

P1090209.JPG 今回は・・・

 数カ月も前から準備された幹事さん達の、

 精一杯のオモテナシの気持ちが皆に伝わり、

 本当に感動的な会となりました。

 

 また、お世話になった先生や、

 久しぶりに会う旧友との再会も、とても懐かしく、嬉しく、 

 35年前に時間が逆戻りしたような・・・。

 

 しかし、それぞれの人生を懸命に生きてきた友人たちが

 とても素適に、また大切に思えたひと時でした。

 

 

 

 

 

 美味しい料理やスイーツもたくさん準備されて、

女子にはとてもうれしいメニューとなっていました。

 

 

この様な素晴らしい会を企画・運営してくださった幹事の皆様に

心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。 

 

AH ! ― おせち料理 2014 ―

 

今年もおせち料理は、近くの料亭のモノを頂きました。

一年間、家事をがんばったご褒美! だそうです。 感謝。

 

 

 

 

 

P1090194.JPG お雑煮の春菊は、ウチの畑で摘んだもの。

 少々、張り切って盛りすぎました。

 

 

P1090195.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのお料理は、京都風で薄味なのが、とても気に入っています。

一品、一品、味を楽しみつつ、大切に頂きました。

 

 

 

 

 

    日頃使わない器やグラスを取り出して、

P1090198.JPG    お正月気分を演出してみました。

 

 

 

 

P1090200.JPG 

 

 

 

 

今年も忙しくて、どこへも行けないお正月でしたが、

豊かな気分で過ごすことが出来ました。 ごちそう様でした。 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

P1090188.JPG

 

 

 

今年のお正月も、元旦からアトリエにこもって制作に励んでいます。

秋の作品展は、スケジュールがうまく取れずに見送りとなりましたが、

一作品、一作品、丁寧にそして誠実に仕上げていきたいと思っています。

 

 

 

 

Y-FATI の活動としては・・・

初夏の頃(?)に、写真家の先生をお招きしての講演会を予定しています。

 

 

 このイベントは・・・

クリエーターが自らをアピールする為のポートフォリオに於いて、

作品の良さを、そのまま現している画像は不可欠である、という観点から、

アサダが企画し、運営の担当をさせて頂く事になりました。

 

 

詳細は、このブログでもご紹介いたしますので

こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

 

Panel Design : A.Kawai 

 

P1090111.JPG

 

 

 

 

 

※  Y-FATI  とは・・・

 

Yamaguchi Fashion And Textile Institute を

略したもので、「ワイファティ」 と読みます。

 

 

この研究所は、山口県立大学大学院 国際文化学研究科の修士制作で、

ファッションやテキスタイルに関する研究創作活動を行った修了生たちが集結し、

その分野におけるプロの研究機関として発足しました。

各研究員は、専門分野の研鑚を積み、社会に貢献していくことを目指しています。 

 

 

 

月別 アーカイブ