わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2013年2月アーカイブ

AH ! ― 小春日和 ―

 

本当に久しぶりの休日です。

 

高校時代からの友人O さんと、

以前から楽しみにしていたイベント、2つに行って来ました。

 

 

まず午前中は、絵画と陶の4人展が開催されている宇部市へ・・・。

 

 

 

P1070397.JPG それぞれ異なる感性の作品群が

 調和し、共鳴し合って、

 清々しい空間を 構成していました。

 

 今日、私が頂いた作品は・・・

 盗人萩(ぬすびとはぎ)という植物の描かれた

 絵皿です。

 

 細やかな観察がなされ、

 作家さんの優しい眼差しが感じられる逸品です。

 この作品との一期一会に感謝しました。

 

 

 

 

 

 

大井正則作 

 

P1070411.JPG 

 

 

 

  

午後からは、大学院の友人H さんが企画されたイベントで、

同級生 J 君の講演会のある山口市秋穂へ・・・。

 

 

聡明で感性豊かな J 君らしく、素晴らしい講演内容に加えて

得意の歌も披露してくださり、観衆は大満足・・・!

皆がやさしい気持ちになれた、そんな素敵な講演会でした。

感謝・・・。

 

 

 

 

 

 

P1070406.JPG 

 

 

 

P1070399.JPG

 

 

 

 

 

 

久しぶりの休日は、今日の小春日和のように心が温かくなる1 日でした。

朝から夕方まで付き合ってくれた、友人のO さんにも心から感謝します。

 

ほんと、いつもありがとねぇ~❤

 

 

 

 

みづからの声聞く朝(あした) ひとりよりふたりして見る白梅しろし     浅田陽子

 

 

 

 

 

 

2007年 『青潮』 11月号に掲載された作品です。

 

P1070395.JPG

 

 

白梅の白色は、何とも言えない哀しさを含んでおり、

様々な歌人からも詠まれています。

 

 

P1070393.JPG

 

 

 

 

 

私は、生まれて初めて見た花が、

この北庭の白梅のような気がしています。

 

 

 

 

ここは、うちのアトリエの北庭の梅です。

 

 

 

 

P1070391.JPG     古木の間からも新しい枝が伸びて、

     しっかりと花を咲かせています。

  

 

 

P1070396.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年、剪定し過ぎてしまったので、枝の形があまりよくありませんが、

花はきれいに咲き始めています。

 

今年はゆっくりと、花を愛でる年にしたいと思いました。

 

 

 

大学院での最終試験も終わり、

後は、修了判定を待つだけとなりました。

いわば "まな板の上の鯉" 状態だそうです。

 

気付けば、季節はもう春・・・!

 

 

 

 

P1070388.JPG 大学の購買部前の白梅も、 

 ほころび始めました。

 

 「もう卒業かねぇ~?」と

 この店のご主人に聞かれ、

 「無事に修了できれば・・・」と答えつつ、

 あっという間に過ぎた2年間を

 懐かしく感じました。

 

 

 

 

 

 本当に、奇跡のような2年間でした。 シミジミ・・・

 

 

2月14日、無事に修士制作報告書を提出してきました!

修士制作報告書とは、大学院での研究を総まとめにしたものです。

 

言い換えれば、この2年間の集大成なのです。

 

 

 

 ★ じゃ~ん・・・!

P1070382.JPG

 

 

 

 

 

締切は14日(木) PM4:00

 

 

懸命にはたらく?プリンターを励ましながら、

自宅でプリントアウト・・・

 

 

5冊分を完成させたのが14日(木) AM5:45でした。 ふぅ~っ・・・

現在は、19日(火) の修士制作発表会に向けて

プレゼンテーションンの準備中です。あとひとがんばりです。

 

 

現在、修士制作の報告書をまとめる為に、

連日徹夜の日が続いています。

 

今日は、先日制作したランプの応用編を作成中!

 

 

 

 

 

P1070369.JPG 先ずランプシェードを本体から外して、

 色を変える部分の和紙を抜き取ります。

 

 

 

 そこへ別の和紙を差し込んでいき・・・

 

P1070371.JPG

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

完成!簡単に雰囲気変えられるのが、このランプの特徴です。

使用される方の好みによって、変化するランプ・・・! 

 

 

P1070378.JPG

 

 

 

 

 

これが「メッシュ&クロス」の楽しいところです。

ランプだけではなく、これら全ての作品に応用できます。

 

 

 

P1070325.JPG 

 

 

 

 

使用者参加型の作品、このアイディアは、

来週のプレゼンテーションでどのような評価を頂けるのでしょうか?

 

ドキドキ・・・

 

 

こちらは、プロダクトデザインを専門に勉強している K 君の作品です。

 

 

座らせていただくと・・・

座面の緩やかな傾斜が、人体をやさしく受け入れてくれるカンジでした。

異なる素材(木)の違いにもご注目下さい。

        (右から・・・クルミ・桜・メイプル)

 

 

 

 

P1070318.JPG

 

 

 

 

 

 

 

丁寧に作られた3 点が、静かな空間を構成していました。

若い才能あふれる作品を、多くの方々にご覧頂きたいと思いました。

 

 

修士制作作品展の続きです。

 

 

 

「帰森Ⅴ・Ⅵ」とインテリア作品

 

 

P1070340.JPG

 

 

 

 

作品コンセプト

 

 

P1070329.JPG

 

 

 

P1070342.JPG

 

 

 

 

パネルを使って説明するのは、じゃまかなぁ~?と思ったのですが、

お客様から「よくわかっていい・・・」と言われたので、先ずは一安心。

 

 

 

今日はお天気にも恵まれ、たくさんの方々においでいただきました。

このブログを見て下さる方もいらして、感激でした。

 

 

 

皆様、本当にありがとうございました。

 

 

修士制作作品展の詳細をご紹介します。

 

 

 

P1070357.JPG  

「帰森Ⅳ」

P1070335.JPG

 

 

 

 

 

P1070337.JPG

「帰森Ⅰ・Ⅱ」

 

P1070359.JPG

 

 

 

P1070332.JPG 

「帰森Ⅲ」

 

 

P1070362.JPG

 

 

P1070363.JPG 

P1070364.JPG

 

 

 

 

つづく

 

 

現在開催中の、「修士制作作品展」をご紹介します。

 

 

 

「帰森Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」

 

P1070356.JPG

 

 

 

 

「帰森Ⅴ・Ⅵ・インテリア作品」

 

P1070328.JPG

 

 

 

 

 

 

 

アサダの空間は・・・

「感じる」をコンセプトにした彫刻的フォルムの作品群 「帰森Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」と

「使う」をコンセプトにした作品群 「帰森Ⅴ・Ⅵ・インテリア作品」に分けて

展示しています。

 

 

 

それぞれ違った感覚をお楽しみください。