わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2012年9月アーカイブ

AH ! ― 鳥居? ―

 

今日は所用で下関へ・・・

 

 

こちらは、仕事関係の皆さんと、

ランチをご一緒させて頂いた場所です。

 

 

 

 

P1060446.JPG 

 

P1060445.JPG

 

 

 

 

 

 

ん? オシャレな庭の奥に鳥居が・・・?

 

P1060443.JPG

 

 

 

 

 

聞くところによると・・・

お隣は、あの有名な住吉神社だそうです!

 

 

素敵な空間にご招待下さり、ありがとうございました。

 

 

 

AH ! ― 三つ組みパン ―

 

パンを焼くコツを発見しました!

 

 

 

 

 

 

P1060436.JPG

 

 

 

 

 

 

3つに組むと、よく膨れるみたいです。

おばあちゃんがデイサービスで焼いてきて発見しました!

 

 

 

 

 

「帰森Ⅴ」の巻きスカート、

白バージョンが出来上がりました。

 

 

 

P1060440.JPG 徳地手すき和紙の

 白・生成り・ベージュ・グレーの4種類を3つ折にして

 編地にアトランダムに差し込んでいきました。

 

 

 ところどころで、間を空けるところがポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から、この編地でシンプルトップを作っていきます!

四角く四角く・・・編んで全体をまとめます。

 

 

ステキに出来上がりますように・・・。

 

AH ! ― as it is 冬支度 ―

 

ここは、先日ご紹介した 画廊 as it is です。

 

すでに冬支度・・・? 

きれいに納められられたマキが、

温かな空間を演出していました。

 

 

 

 

P1060431.JPG 壁に映る秋の陽射しがやわらかく

 さわさわ動く樹木の影を

 飽きずに眺めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

日が暮れていくこの時間帯が一番好きです。

 

 

 

P1060433.JPG 

 

 

 

 

 

P1060432-001.JPG 

 

 

 何でもない景色に感動する季節となりました。

 

 

AH ! ― 秋尽し ―

 

秋の気配を感じる今日この頃・・・

「秋尽し」 というお菓子を頂きました。

 

 

 

 

 

 

P1060426.JPG

 

 

 

 

色もカタチも綺麗で、心が和みます。

やさしい甘さがまた嬉しい・・・

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

現在、「帰森Ⅴ」の制作に取り掛かっています。

今回のコンセプトは・・・シンプル&クール。

 

 

 

 

 

P1060408.JPG かぎ針で格子状に編んだ編地に

 和紙のテープを差し込んでいきます。

 

 

 

 

P1060416.JPG

 

 

 

       今回の和紙は、

       薄いプレーンなモノを使用します。

 

 

 

 

 

今回の和紙は、木の皮のような質感がオモシロイ・・・!

 

P1060425.JPG

 

 

 

 

P1060406.JPG

 

 

 

 

この編地は、「帰森Ⅴ」の巻きスカートになります。

グレー系とオフホワイト系の2枚仕立てで、人体に巻いていきます。

 

 

今日はグレー系が完成しました!

 

 

 

P1060417.JPG 

 

 

明日からオフホワイト系を仕上げていきます。

ワクワク・・・!

 

 

素敵な銅版画展のご案内です。

今日から始まっています・・・!

 

 

 

P1060405.JPG        菅沼 稔展

     ― 銅版画・2012 ―

 

    2012.9/22(sat)―9/30(sun)

    AM 10:00~PM 5:00

 

           「画廊 as it is」

 

 

摩訶不思議空間 「as it is」 にて繰り広げられる

モノクロームの世界をお楽しみ下さい。

 

 

☆画廊 as it is の詳細は、こちらをクリックしてみてください。

 

AH ! ― リサイクル ―

 

朝夕、ずいぶん涼しくなりました。

そろそろ、夏ののれんを仕舞う頃です。

 

 

 

P1060397 - コピー.JPG← 秋草の柄が涼しげなモノ・・・

 

 

 

 

          ↓ 二色遣いが粋なモノ・・・               

 

P1060401.JPG

 

 

 

 

 

 

               おっ・・・!

         こんなところに、蝶のすかし柄。

 

P1060399.JPG 

 

 

幾何学模様で、シャキッとした印象のモノ・・・

 

P1060403.JPG

 

 

 

 

 

すべて、ウチのおばあちゃんが夏の着物を

のれんに仕立ててくれたものです。

 

この夏も涼しく過ごせました。感謝!

 

AH ! ― 海峡 ―

 

先日、久しぶりに下関を訪れました。

 

 

 

 

 

P1060390 - コピー.JPGP1060392 - コピー.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関門海峡を行き交う様々な船を見つつ、

静かな時間を楽しみました。 感謝・・・。

 

 

今朝のサラダのきゅうりです。

いつも忙しくて、斜めにちゃちゃっ・・・と切っていたのですが、

今日は丁寧にスライスしました。

 

 

 

P1060396 - コピー.JPG

 

 

 

 

すると・・・断面にきれいな形が現れました。

やさしいくて、平和なカタチでした。 

 

 

 

9月1日(土)夕刻より、

山口市徳地 徳地総合支所特設ステージにて

ファッションショー 『徳地COLORS』 が行われました。

 

アサダの作品をご紹介しますね。

 

 

 

「帰森Ⅳ」

― 地域資源と植物素材を用いたニットによる服飾造形 ―

 

 

 Photo : A.Kawai

Model:Yui &Ayano

 

 

 

 

 

 

IMG_0099-001.jpgIMG_0103-001.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0121-001.jpg 

 

 

 

 

IMG_0124-001.jpg 

 

 

今回は、森の精霊さん達しか掲載できませんが、

その他の方々の作品もすばらしかったです! 

 

 

スタッフ一同、本当にがんばりました。

 

 

 

今回のファッションショーでお世話いただいた多くの方々、

暑い中、お集まりいただいた観客の皆様に、心よりお礼申し上げます。

 

 

つづく

 

それでは・・・

ソロバージョンでお楽しみ下さい! 

 

 

 Photo : A.Kawai

 

 

 

森の精霊Ⅰ Model :Ayano

 

IMG_0111.jpg                 

 

 

森の精霊Ⅱ Model :Yui

 

IMG_0116.jpg 

 

 

 

2人ともステキに着こなして下さり、本当にありがとう!

感動的なファッションショーでした。

ウルウル・・・

 

 

本番を前にした、「森の精霊」さんたちです。

モデル控室にて、『森の本』を2人仲良く読んでいました。

感心、感心・・・!

 

 

P1060334.JPG

 

 

 

 

 

 

このヘアースタイルは、

東亜大学の先生や学生さんたちにスタイリングして頂きました。感謝!

お陰さまで精霊さんたちも、次第にモチベーションが高まってきました。

 

 

 

阿知須と言うと・・・

手芸好きな人々は、まず 「ひなもん」 を連想されるでしょう。

 

 

P1060373.JPG  福岡、柳川のつるし雛 「さげもん」をお手本にして、

  数年前から、阿知須の女性たちにより

  "まちおこし" として制作されています。

 

 

 

 

 

P1060374.JPG

 

 

 

 

 

春には、「ひなもんまつり」が開催されるなど、

ひとつの素晴らしい文化の輪が拡がりつつあります。

 

この地を愛する人々のやさしさが形になったようで、

見ていても心が和みます。

 

 

 

 

 

 

P1060387.JPG 

 

 

今回のひなもんは、「いぐらの館」に展示してあるものを

撮影させて頂きました。ありがとうございました。

 

 

阿知須の町の特徴は何と言っても、

居蔵造の建物が数多く残っていることと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

P1060377.JPG   

      「居蔵造」とは・・・

 

   防火を目的とし、

   大壁に漆喰を塗り込んだ建物のことを指します。

 

 

 

P1060378.JPG

 

↑ 「いぐらの館」 正面

 

 

 

白壁・海鼠壁・土戸に特徴がみられ、

防火のみならず、意匠的にも見事なバランスで町並みを整えています。

 

 

江戸時代後期、廻船業で富を得た人々の、

感性豊かな暮らしぶりがうかがえる町・・・阿知須。

 

 

P1060389.JPG

 

※ 大理石アート展の作品より

 

 

 

時の流れを感じつつ、しずかな時間を楽しみました。

 

 

 

 

P1060386.JPG  訪れた日はちょうど「十日えびす」の日でした。

  町民の方から、おめでたい?おすそ分けを頂きました。

  感謝!!!

 

 

 

 

阿知須のつづきです。

 

ここ 「いぐらの館」(旧中川家住宅)は明治時代に造られ、

居蔵造の特徴を備えた建物のひとつです。

 

 

 

P1060385.JPG宅地346坪、

母屋は69坪の木造平屋中二階の建物。

 

                                        蔵 ↓     

P1060375.JPG

 

 

 

よく手入れされた庭には、珍しい樹木が

たくさん植わっていました。

 

 

P1060371.JPG

 

その樹木に取り囲まれるように、 

防火用の大井戸、等の説がある池があります。

 

P1060382.JPG 

 

 

 

 

 

 

かつてたびたび大火に見舞われた

この地の人々の、防火意識の象徴として

残されているように感じました。

 

 

 

P1060376.JPG    

 

 

 

 

        こちらは消防団のはっぴ・・・

        館の流し土間の入口に掛けられていました。

 

 

 

 

 

 

つづく・・・

 

 

AH ! ― 大理石作品展 ―

 

ここは、山口市阿知須にある「いぐらの館」です。

先日ここで、大理石の作家さん5人による作品展が行われました。

 

 

 

 

P1060357.JPG       大理石と植物の組み合わせが絶妙!

 

       硬質な器が、植物の柔らかさを

       強調しているのかもしれません。

 

P1060368.JPG 

 

 

 

 

こちらは大理石、鉄、レザーなどを組み合わせたインテリアです。

居素材の組み合わせが魅力的な逸品!

 

作家さんの、極めて洗練されたセンスの良さが感じられます。

 

 

 

P1060362.JPG P1060367.JPG

 

 

 

こちらは、大自然の造形物をそのまま活かした花器です。

ひらひらとした質感は、貝殻だそうです。 ん~ ダイナミック!

 

P1060351.JPG

 

 

 

     そして、アクセサリー・・・!

     こちらは、県大、大学院の先輩である

     Kさんの作品です。 

 

P1060354.JPG

 

 

 

 

 

 

 和紙のこよりが、石の持つパワーと響き合い

 原始的な力強さが感じられます。   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大理石に魅せられた作家さんたちの、

石に対する "想い" がまっすぐに伝わってくる素晴らしい作品展でした。

 

残念ながら、この展示会は今日で終了しましたが、これらの作品は、

美祢市秋芳洞入口にある石のギャラリー「秋芳堂」というお店にて販売されています。

 

興味のある方は、是非是非どうぞ・・・!

 

 

見るも無惨な、草ぼうぼうの北庭でしたが、

昨日は、朝からまる1日かけて草とりをしました。

 

 

 

after

 

P1060348.JPG

 

 

 ※ before はあまりにもヒドイので、削除しました。

 

 

 

 

まる1日、草とりをがんばった後遺症は、

ふくろはぎの筋肉痛と、ふくろはぎのあせもです。

 

 

しかし・・・

土に触れる事によって、大地のパワーを頂いたカンジです。

モウひと雨降ったら、今度は南の庭をがんばります!ワクワク。

 

AH ! ― 普通の生活 ―

 

この夏は大忙しで、バタバタの日々でしたが、

やっと、普通の生活を送れるようになりました。

 

 

 

P1060345.JPG                  

 

         8月中、毎日のように、 

         「朝顔がきれいよ~」 と、

         おばあちゃんが言っていたのですが・・・

 

 

 

 

P1060344.JPG

 

 

        本当に今年の朝顔は、

        涼やかできれいな色でした。

                  シミジミ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大忙しの夏休みでしたが、感動的な思い出がたくさん出来ました。 

お世話くださった皆様、本当にありがとうございました。

 

AH ! ― 女子会 ―

 

先日は、久しぶりの女子会でした。

 

 

 

P1060341.JPG 「日本の中華料理が食べた~い・・・!」との

 私のワガママを快くご了解いただき、

 防府市のお店へ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気分は女子高生?

 

ワイワイ、ガヤガヤ・・・

女子会ならではの賑やかな時間を楽しみました。感謝!!!