わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2012年7月アーカイブ

AH ! ― 寄り道 ―

 

今日は所用で、宇部市まで行ってきました。

 

あまり快い用事ではなかったので、帰途は、

キレイなところへ色々と寄り道しながら、帰ることに・・・

 

 

 

 

 宇部市 常盤湖

 

P1050908.JPG 

  

   

 防府市 西浦の海  

 

P1050911.JPG 

 

 

 

 

 水のある景は、心が癒されます。

 

 

お陰さまで、「帰森Ⅳ」のモデルさんが決まりました。

これで、安心して制作に入れそうです。

 

 

 

P1050890.JPG 

デザイン画は、あまり得意ではないので、

イメージを強調して、ちゃちゃっ・・・と

描くようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酷暑の中ご協力くださる、森の精霊さんお二人と、ご家族の方々、

ご紹介くださった友人の R子さんに、心より感謝いたします。

 

 

 

7月25日(水)

阿知須 「いぐらの館」 (旧中川家住宅) で行われた

シンポジウムのご報告です。 

 

 

 

P1050860.JPGここは、山口市阿知須

 

かつて、廻船の町であった名残が、

所々に残っています。

 

 

 

 

 

 

 

中川家は、江戸時代から明治期にかけて、

阿知須廻船業の中心となった家で、

水軍の末裔として音頭の瀬戸から渡って来た・・・と伝えられています。

 

 

 

P1050880.JPG 「いぐら造り」 が重厚な雰囲気を醸し出しています。

 

          庭もきれいに手入れされ、

          気持ちの良い空間が拡がっています。

 

 

P1050876.JPG

 

 

 

 

この館は、平成16年中川家より阿知須町に寄贈され、

平成20年より資料館として一般公開されています。

 

 

 

P1050889.JPG 

 

 

 

 

P1050885.JPGシンポジウムは、この館の庭で行われました。

 

プレゼンテーションのスクリーンは、

お隣の白壁が利用されるなど、

この町ならではの演出が、とても魅力的・・・

 

 

 

 

 

 

パネリストの先生方の、国際的、芸術的視点でまちを考える発想は、

実に興味深く、印象に残ったまちづくりのキーワードは、「楽しむ!」でした。

 

 

つづく

 

 

阿知須でおこなわれたシンポジウムでは、

「阿知須の防長三白+展」と題された

大学院生の方々の作品展も、合わせて行われていました。

 

 

 

 

P1050870.JPG木綿と和紙を用い、

防虫効果のある藍で染められた、パーテーション・・・ 

 

 (制作者 大学院1年 S さん)

 

P1050869.JPG 

 

 

和紙を用いた風鈴提灯と照明・・・

 

P1050888.JPG P1050871.JPG

 

    

 

P1050873.JPG

 

 

     漆喰の文様からインスピーレーションを受けた

     プロダクトデザインの数々・・・

 

(制作者 大学院1年 J ちゃん )

 

 

 

 

 

 

 

 

P1050878.JPG舟の帆や、魚網など

阿知須の歴史や文化より

インスパイヤーされたウエア ー・・・

 

(制作者 大学院1年 M ちゃん )

 

   

 

 

 

これらの作品は、しばらくの間、展示されます。

 

 

                     ●展覧会 

                        日時 : 7月27日(金) ~ 8月5日(日)    

                             休館日 水・木 

                             am10:00 ~pm4:00        

                        場所 : 阿知須 「いぐらの館」 

 

 

作品のひとつひとつが、この館の独特な空間にきれいに納まり、

海の香りのする、清々しい展覧会となっています。

 

 

宜しかったら是非ご覧になってください。

 

 

 

己が夫を 「さん」付けで言ふをみなゐて 「さん」のあたりで半音上がる     淺田陽子

 

 

 

 

 

 

          

P1050856.JPG   この歌は、数年前のある講演会で、

   歌人の河野裕子先生が、

   夫であり歌人の永田和宏先生の事を

   ご紹介されていた時の印象を詠んだものです。

 

 

 

← 7月24日(火) 讀賣新聞 文化欄より

 

 

 

 

今朝の新聞を読んでいたら・・・

 

その時の裕子先生の、

切ないほど愛おしさに溢れた甘やかな声が、ふっと甦ってきました。 

 

 

 

 

呼び捨てにさるる吾の名 受話器よりだいだい色を帯びて伝はる         淺田陽子

 

 

 

 

 

P1050859.JPG     この歌は、若い頃の作品です。

 

 

     勿論この頃は、携帯電話はなく

     アノ太いコードの付いた

     黒くて重~い電話機でした。

 

 

 

 

 

 

 

名前の呼び方つながり?で二首、続けて掲載しました。

 

 

☆Tanka Tanka とは・・・

 

 

 

 

再び、「帰森Ⅳ」の制作に入りました。

森の精霊 2名分の "くねくね" ・・・完成です。

 

 

 

 

P1050839.JPG      延々と続く、 "くねくね" ・・・

      植物のつるをイメージしています。

 

 

 

 

P1050835.JPG

 

 

 

 

 

 

P1050329.JPG    これに、萌芽をイメージした、

    "ツノツノ"をプラスして、

    精霊の衣装を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 "くねくね"  "ツノツノ"、どちらとも、

和紙と編地を合体させています。

 

 

P1050848.JPG

 

 

 

 

 

 

「帰森Ⅳ」も、今までにない質感の作品が出来上がりそうです。

ワクワク・・・

 

 

尚、この作品は、9月1日(土)に徳地で行われる

ファッションショー (山口県立大学 企画デザイン研究室主催)

 

『 徳地  COLORS 』

~和紙と私とつながる着物Reuse~

 

 

にて、発表する予定です。

詳細はまた、このブログでご紹介致しますので、

引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

防府図書館短歌会の合同歌集

『駒草の花』 がついに完成しました!

 

 

 

P1050830.JPG今年、4月に急逝された、

中川健次先生へ感謝の気持ちを込めて、

大切に大切に作り上げられた、

宝物のような、合同歌集(非売品)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

P1050832.JPG会員と元会員の有志 24名が、

それぞれ自信作の20首を提出しています。

 

 

       ※アサダの作品は、

        コミカル・シリアス・相聞歌・・・

        入門当初から現在までの作品を

        均等に選歌し、掲載しています。

 

 

 

 

★まだ数冊の余分がありますので、ご希望の方はアサダまでご連絡下さい。 

 

 

 

 

 

 

P1000904-1.JPG   防府駅前「ルルサス」 内

   防府図書館でもご覧いただけますので、

   短歌に興味のある方、

   宜しかったら、是非どうぞ・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

最後になりましたが、この合同歌集の編集にご尽力された

Mさん、Kさん、Hさん、そして会員の方々に心よりお礼を申し上げます。

 

 

 

 

シンポジウムと展覧会のお知らせです。

 

 

        廻船のまち阿知須

― 山口流まちづくりの 交流・創造・発信 ―

 

 

P1050824.JPG  ●シンポジウム

     日時 : 7月25日(水)  

          pm 5:00 臨時開館

          pm 6:00 開演

 

     場所 : 阿知須いぐらの館

          〒山口市阿知須繩田北3425

 

 

 

 

 

                 ●展覧会

               日時 : 7月27日(金) ~ 8月5日(日)   休館日 水・木 

                    am10:00 ~pm4:00           

               場所 : 阿知須いぐらの館

           

 

 

 

     主催 : 山口県立大学大学院国際文化学研究科

           [ 廻船の 〈まち・人・生き生き〉 プロジェクト ] 実行委員会

     後援 : (財)地域活性化センター

 

 

   県内で活躍されておられる、4名のパネラーの方々によって、

   国内外の地域に於ける農村開発や芸術文化によるまちづくりが紹介されます。

   また、6名の大学院生により、

   阿知須地域振興に関する、提言や商品開発などの発表もあります。

 

 

 

昔なつかしい町並みを残す阿知須の町を、再発見できるチャンスです!

是非、この機会に廻船のまち 阿知須においで下さい。お待ちしています。

 

 

 

おひとりの指の形はしやんとしてアジュールブルーの空を指しをり        淺田陽子

 

 

 

 

 

 

P1050820.JPG 

 

 

 

 

 

 

 アジュールブルー (azuru blue) は、

 セルリアンブルー (cerulean blue)とも言います。 

 

 

 

久しぶりの快晴・・・ 

 

 

P1030649.JPGただ今、制作中の「帰森 Ⅳ」・・・

森の精霊をイメージした作品ですが、

現在、モデルさんを募集中!

 

決まり次第、採寸させて頂き、制作を再開します。

 

 

 

 

 

 

そこで、次回作品 「帰森 Ⅴ」に取り掛かることにしました。

 

イメージは・・・シンプル&クール

 

 

 

 

 

P1050813.JPG   昨年より、度々用いている 

   メッシュ&クロスの編地を、

   ウエアーに展開していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1050818.JPG

 

 

 

ウエアーとなると、必要な編地の大きさが半端じゃない!

気の遠くなる作業が待っています。

 

しかし、これが次第に出来上がっていく過程が、快感なのかもしれません。

 

 

どうかステキに仕上がりますように・・・

 

  

打ち寄する波のかたちに砂浜の砂は濡れゆく濡れては光る           淺田陽子

 

 

 

 

 

 

P1050210.JPG

 

 

 

 

 

4月の瀬戸内の海です。

 

 

現在、フィンランドでファッションデザイナーとして活躍されている 

大田舞さんの講演会が開催されます。

 

 

 

          と き : 7月11日(水) 午後6時~7時30分

          ところ : 県立大学看護棟F204教室

                 (看護棟の講堂の後ろに位置する建物の階段教室です。)

 

 

 

ヘルシンキ市内

P1030837.JPG大田さんは、元、国際文化学研究科の院生で、

昨年、私達がフィンランドを訪れた際、

マリメッコ本社をご案内下さるなど・・・

大変、お世話になった方です。

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしい才能と、誰からも愛されるお人柄と、

夢に向かう姿がとても魅力的な女性です。

 

 

 

 

県大の学生さんだけでなく、一般の皆様方へもご案内しております。

是非、ふるってご参加ください。お待ちしています。

 

AH ! ― 百日紅 ―

 

周防国分寺の、

百日紅(さるすべり)の白花が、咲き始めました。

 

 

 

 

P1050811.JPG 

空の青とのコントラストが、

とてもキレイです。

 

 

 

P1050810.JPG 

 

 

 

 

 

梅雨明けが待ち遠しいこの頃です。

 

AH ! ― 隠れ家 as it is ―

 

先日、「芸術家たちの隠れ家的館」・・・とご案内した、

「画廊 as it is」です。 母とおじゃましました。

 

 

 

 

 

P1050800.JPGこちらのスロープも、オーナーの手造りです。

 

 

          玄関正面には、

          ご近所さんからの贈り物が・・・

 

P1050797.JPG

 

 

 

 

 

P1050794.JPG 庭の大きなヤマモモの木には、

 おいしそうな実がついています。

 

 

 

P1050795.JPG 

 

          

 

 

建物は、様々な樹木に埋もれ

自然と一体化?しています。

 

 

 

 

 

 

P1050801.JPG

 

 

 

 

今回は、抽象画の名品が多数、展示されていました。

藪の中の異空間・・・

 

画廊 as it is

 

 

作品展は、この日曜日まで開催されています。

宜しかったら、是非どうぞ!

 

 

AH ! ― 半夏生 ―

 

夏至から数えて、11日目以降の5日間、まさに今の時期のことを、

半夏生(はんげしょう)というそうです。

 

 

 

 

 

P1050806.JPGこちらは、

ハンゲショウという植物です。

毎年、ウチの庭に咲きます。

 

 

P1050809.JPG 

 

 

 

 

「半夏生」と表記されているものもありますが、

葉が白く変化している様から、

「半化粧」と書かれたものもありました。

 

 

細長い花と、白い葉が、

涼やかな印象を与える、夏の花です。  

 

 

素敵な絵画展のおしらせです。

 

 

 

P1050791.JPGチャーチル会防府作品展

7月6日(金)~9日(月)

9:30~18:00 (最終日は16:00まで)

 

防府市駅前 アスピラート2F

 

 

 

 

 

毎年、とてもおしゃれな絵画作品が展示されています。

今年も楽しみにしていました。

 

 

母とお伺いいたします。ご案内をありがとうございました。

 

 

山口市鋳銭司の 「画廊 as it is」 にて、

関東を中心に活動されいるグループ 「6月の風」 の

作品展が開催されています。

 

 

 

P1050789.JPG6月の風 ―山口展― 

 

2012.7.3 (tue)―7.8 (sun)

am10:00-pm5:00

 

画廊 as it is 

P1020500.JPG 

 

 

山口市鋳銭司 黒山八幡宮 参道脇 藪の中

芸術家たちの、隠れ家的館?

 

画廊 as it is

 

 

怖いもの知らずの方々、宜しかったら是非どうぞ・・・!

 

 

AH ! ― Thanks! ―

 

重苦しい梅雨空が続きますが、

今日は、神様からのご褒美の日・・・ 

 

 

 

 

P1050787.JPG 

やさしい光に包まれて・・・

 

Many Thanks !

 

 

 

 

AH ! ― 周防大橋 ―

 

今日は、所用で朝早くから、宇部市へ・・・

 

 

 

 

     周防大橋

P1050778.JPG   帰路、既に6時を回っていましたが、

   ひとやすみを兼ねて、しばし、

   周防大橋からの景色を楽しみました。

 

 

 

 

 

P1050774.JPG

 

 

 

               こちらは秋穂側・・・→

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが阿知須側です。↓

 

P1050775.JPG

 

 

 

 

 

朝の景と異なり、輝きを落とした夕刻の海は、

ダークグレーの濃淡がとてもきれいでした。