わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2011年4月アーカイブ

AH ! ― 共感と驚異 ―

 

ここは、山口市湯田温泉のホテル松政・・・

 

 

 

 

 

P1030062.JPG   今日はここで、

   中原中也賞 贈呈式が行われました。 

 

   受賞者の辺見庸氏は、欠席・・・

 

   今回の震災にて、石巻市生まれの彼が、

   どれほどの悲しみを背負っておられるのか、

   計り知ることはできません。

 

 

 

 

 

    

 

     その後、歌人の穂村 弘氏による記念講演が行われました。

     演題は「共感と驚異ーなぜ詩歌は読まれないのかー」

 

     共感=Sympathy 驚異=Wonder というキーワードを巧みに用いて、

     詩歌の持つ意味を語られました。

 

 

 

 

 

P1030064.JPG講演後、しっかりサインを頂く。

しかも握手付き!

 

真ん中あたりの文字は、彼の作品の下の句。

その作品とは・・・

 

 

 

窓の一つにまたがればきらきらとすべてをゆるす手紙になった          穂村 弘

 

 

 

スゴイ破調の句またがり・・・

おまけに意味不明・・・

しかしAH!と、謎が解ける瞬間がきっとある・・・

それが現代短歌の醍醐味!なのです。 

 

 

6月に行われる、ヒーリング系のイベントに、研究室で参加することとなりました。

その時に出展する小物を、今思案中!

 

 

P1030061.JPG 販売価格は、1000円前後で、私は

 何か身に付けるものを

 予定しています。

 

 綺麗な糸をゲットしたので、

 これを使います。 ワクワク・・・

 

 

 

 

 

 

イベントの詳細や、作品の制作過程等は、また、このブログにてご紹介いたします。

宜しかったら、引き続きどうぞご覧下さいませ。

 

 

 

 

切られたる髪フロアーに散らばりぬ わが身めぐりの風の形に          浅田 陽子

 

 

 

 

 

 

P1030051.JPG今日は久しぶりに美容室へ・・・

 

   ここのお店は、

   高校時代からのお付き合いです。

  

   これからも宜しくお願いします!

   

 

 

 

 

P1030052.JPG   素敵な看板・・・!

   

   地色のダークグレーと、文字のエメラルドグリーンが

   白いロゴを引き立てていて、とてもキレイです。

 

 

 

 

 

向かいに、私の母校(高校)があります。

 

P1030057.JPG

 

 

この建物の一番手前側に美術室と部室がありました。(なつかし~)

あらから30年・・・色々な事がありました。(しみじみ)

 

 

これまでに出合った、多くの方々に感謝します。

 

 

AH ! ― 関門海峡 ―

 

ここは本州から見た、関門海峡です。

対岸は北九州市。本当に、すぐソコ・・・!

 

 

 

P1030042.JPG   

 

 

 

 

 

P1030043.JPG数年前にこの辺りで、

NHKの BS 短歌大会が、行われました。

 

この場所に来ると、その時に詠まれた、

歌人 東 直子さんの次の歌が思い出されます。

 

 

 

 

芯あかき鉄はしずかにひえおらん陸の小指のふれあう街に              東 直子

 

 

                    

                    ※ TV を見ながらメモしたので、

                      表記にマチガイがあるかもしれません。ごめんなさい。

 

 

 

 

鉄の街として繁栄していた、北九州を詠まれた作品・・・ここの地形を

「陸の小指のふれあう街」 として捉えられた所が、実にやさしく印象的でした。 

 

 

AH ! ― 唐戸市場 ―

 

ここは、下関市の唐戸市場です。

 

 

 

P1030040.JPG 

 

P1030045.JPG

 

 

 

P1030046.JPG週末ということもあって、たくさんの人で

賑わっていました。

 

 

 

P1030047.JPG 

 

 

 

さらに今日は初めて、回転寿司を体験。

次々と登場してくる?お寿司にワクワク・・・

楽しくて感動!おいしくてまた感動!

 

 

 

 

遅ればせながら・・・この回転寿司文化は、タイシタモンダ!と思いました。

お誘い下さり、本当にありがとうございました。

 

 

ここは山口市の、一の坂川です。

 

 

 

 

P1030038.JPGつい数日前までは、

川沿いを埋め尽くす桜と、

それを愛でる人々で、それはモウ、

賑やかなものでした。

 

今はまたもとの、

静かな時間を楽しむ事ができます。

 

 

 

毎年、この時季になると、

歌人、俵万智の次の歌が思い出されます。

 

 

 

さくらさくらさくら咲き初め咲き終りなにもなかったような公園             俵 万智

歌集 『かぜのてのひら』より

 

 

 

 

 

 

上句の「さ」音の繰り返しが、実に印象的。

何か・・・耳元でささやかれているような、不思議な調べです。

 

 

 

 

AH ! ― ラ・セーヌ ―

 

昨年秋にお世話になった、「ギャラリー  ラ・セーヌ」 さんより

素敵な作品展のご案内を頂き、早速行って来ました!

 

 

 

 

P1030034.JPG 「大谷 宏」個展

17日(日)~24日(日)

 

 

   油彩にて、 知的なイメージの女性が

   描かれた作品が20点あまり・・・

   静かな中にも緊張感のある、心地よい

   空間となっていました。

 

 

 

 

 

さらに、ギャラリーのBGMにて偶然流れてきたクラシックギターの音色が、

作品のイメージと重なり、実に魅力的な非日常を体感することが出来ました。

感謝!

 

宜しかったら、是非是非どうぞ・・・!

 

 

 

 

今日はゼミの皆さんと、山口市徳地へ行ってきました。

先ずは、私の研究テーマである徳地和紙をゲット・・・

 

 

P1030029.JPGナンカ、エエカンジ・・・

 

かつて徳地和紙は、

関西第一・・・と言われるほどの

生産量を誇っていました。

 

現在では、無形文化財として

素晴らしい技術が、

受け継がれています。

 

 

 

 

 

 

これをどのように、ニットとコラボさせていくのか、ワクワク・・・

 

 

 

 

 

 

      P1030025.JPG今日はこの他に、

      徳地の素敵なスポットを

      何箇所か回りました。

 

 

P1030027.JPG

 

 

 

 

色々と計画してくださったK さん、T さん・・・

本当にありがとうございました。とても充実した1日でした。

 

 

今日は久しぶりに終日、

アトリエにこもって制作を楽しみました。

 

 

 

コースターの続きです。

 

P1030020.JPG  縄編み部分を本体に綴じ付け、

  周囲は、ガーター編みを2段編み、 

  バック細編みで、全体を整えます。

 

 

 

 

 

 

P1030021.JPG 

   縄編み部分のくぼんだ所に、

   ライトベージュの糸で編んだ

   玉編みを埋め込みます。

 

   

   葉っぱに溜まった朝露のイメージです。

 

 

 

 

これから、糸の始末をして、裏地を付けたら完成です。

ワクワク・・・

 

 

 

4月29日(金)に、「第16回 中原中也生誕祭」 が行われます。

こちらが、ご案内のパンフレットです。

 

 

 

P1030007.JPG

 

「空の下の朗読会」・・など

興味深いイベントが、たくさん予定されています。

 

 

 

 

 

P1020996.JPG 一番のオススメは、穂村 弘による 「記念講演」!

 

 現代的な切り口と、クールな語りで、

 今、最も注目されている歌人 穂村 弘。

 

 彼が、ここ山口の地で、

 詩歌について、如何に論じて行くのか・・・?

 とても楽しみです。

 

 

 

 

 

 

P1030008.JPG

 

私の愛読書・・・

穂村 弘 著 「短歌の友人」 (河出書房新社)

 

 

 

興味のある方は、是非是非どうぞ!

 

 

 

 

ここは、山口市湯田温泉にある、中原中也記念館です。

 

 

 

 

P1020998.JPG   中也の遺稿や遺品が

   素敵に展示されています。

 

 

 

 

 

P1020997.JPG

 

 

 

 

 

聴覚的にも、少々工夫がなされていて、

中也の詩の世界に

すぅ~っと入っていける空間となっています。

 

 

 

 

 

 

P1030004.JPG

 

 

中也の作品の中で・・・

今日は「湖上」を思い浮かべました。

 

 

ここは、山口県立大学 学食のテラスです。

新緑の中、しばし、午後のひと時を楽しみます。

 

 

P1020994.JPG

 

 

 

 

30年ぶりの学生生活・・・慣れない事ばかりですが、

様々な方々が、快くサポートしてくださり、感激の毎日です。

 

教務課の方々、大学院研究室の皆さん・・・

本当にありがとうございます。

 

 

 

夕方のゼミにて・・・美しい日本語による、

美しいプレゼンテーションを、初めてお聴きしました。 感動!

 

若葉風が吹き抜けて行ったような、清々しい10分間でした。

 

 

 

ゆつくりと手首返して剥されつ 栄螺(さざえ)の臓腑とわたくしの嘘     淺田 陽子

 

 

 

P1020971.JPG 剥されつの 「つ」は完了をあらわす助動詞。

 

 「剥された!」のニュアンスで

 使用していますが・・・

 文法的にはマチガイです。

 

 

 

 

 

私は、イメージや調べを優先して、作歌しているので、

受験生の皆さんは、まねしないでくださいね。

 

 

 

★Tanka Tanka とは・・・

 

 

AH ! ― お花見 ―

 

今日はゲスト(母の友人)をお招きしてのお花見です。

私はおもてなし係・・・ワクワク・ドキドキ 。

 

 

 

 

P1020985.JPG先ずは、国分寺参道の桜の下で、

お茶と和菓子をどうぞ・・・

 

国分寺さんの縁台を、ちょっと

お借りしました。

(アリガトウゴザイマス)

 

 

 

 

 

 

P1020988.JPG P1020989.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AH!満開・・・

もみじの新芽も出始めていてキレイ。

 

 

 

 

 

P1020983.JPG

 

 

お弁当は二階のアトリエで召し上がって頂きました。

 多々良山の山桜も、またいいわねぇ~・・・

 

 

 

 

私は居間で仕事です。 ここからの眺めもまた好し!

 

 

P1020992.JPG

 

 

温かい春の一日。

久しぶりの再会に、母も楽しそうでよかった・・・

Fさん、お越し下さり本当にありがとうございました。

 

 

 

今日はゼミの皆さんと、

萩市にある画期的!な工場の見学に行ってきました。

 

 

P1020974.JPG 春雨の中の、

 桜を楽しみつつ萩市へ・・・

 

 

TAKE Create Hagi 株式会社(工場)          

 

P1020979.JPG 

 

 

 

 

 

    

     北欧のデザインと萩の素材(竹)を、

     コラボさせた家具で、

P1020975.JPG     今、全国的に話題となっている会社です。

 

     使用されているのは、萩の孟宗竹だけ・・・

     厳選された素材です。

 

 

 

 

 

こちらは、ここのブランドのひとつ magaru のパンフレットです。

 萩市、江向にあるのショールームにて頂きました。

 

とてもオシャレ・・・

 

P1020981.JPG     

 

 

http://www.tch-corp.com/

 

 HPもとても素敵ですので、興味のある方は是非ご覧下さい。

尚、商品は現在、楽天で購入できます。

 

 

AH ! ― 夜桜 ―

 

防府市、妙見神社です。

昨夜は、ここの夜桜を楽しみました。 しかも酒宴・・・!

 

      

P1020968.JPG 七部咲きくらいだったでしょうか?

  

 夜空を埋め尽くす花々は、

 どこまでも白く、実に幻想的でした。

 

 

 

P1020969-1.JPG 

 

 

 

 

    風が強く、肌寒い夜でしたが、

    とても温かい時間が流れていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誘い下さった皆様に心より感謝いたします。

本当に、ありがとうございました。

 

 

AH ! ― 一の坂川の桜 ―

 

ここは、一の坂川・・・山口市の桜の名所です。

 

 

 

P1020960.JPG

 

 

 

 

毎年、ここの桜を楽しみにしていました。

今年は、大学の帰りなので、ひとり見物です。

 

 

 

P1020963.JPGP1020959.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細く流れてゆく川の水が、空の色を映しています。

何だか、空の青色が溶けだして、流れているようでした。

 

 

AH ! ― 入学式 ―

 

今日は、山口県立大学の入学式でした。

 

 

厳かな時間の中で・・・

改めて今、学ばさせて頂ける事に深く感謝しました。

 

 

P1020952.JPG←左が、大講堂(桜圃会館) です。

    

 

 

↓ 構内は桜 が見ごろでした。

 

P1020958.JPG

 

 

 

 

 

「山口県立大学学生歌」 の歌詞の中で特に

 

「三、真実のかたちは見えないけれど 闇の中にひかりが ふり注ぐ時代・・・・・・」

 

のフレーズが心に響きました。

 

 

 

 

大学院の授業は11日からです。

30年ぶりの学生生活が始まります!

 

 

 

 

コースター6枚分の、各パーツが編みあがりました。

編む事が久しぶりなので、指が思うように動かず・・・往生しました。

 

 

 

P1020944.JPG  黄色の段染め糸を使用しています。

 

  色の出方が、ビミョウに変化して、

  編んでいて楽しい!

 

  縄編み部分はシルク使用で

  光沢があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

1目×1段 のかのこ編みは、この糸のオモシロさを引き立ててくれます。

 

P1020949.JPG

 

 

 

これからパーツをくっ付けて、

縁を編んでいきます。 ワクワク・・・

 

AH ! ― ひと日は泉 ―

 

今日から 4月です。

このところの暖かさで、国分寺 参道の桜が一気に咲き始めました。

 

 

 

 

P1020939.JPG

 

 

 

 

穏やかに流れてゆく時間の中で・・・

 

今も、悲しみと絶望の底で、

懸命に生きている仲間たちの事を思います。

 

 

 

P1020942.JPG

 

 

 

 

 

 

命とは何か・・・と自問していると、

歌人、上田三四二(みよじ)の次の歌が思い出されました。

 

 

 

死はそこに抗ひがたく立つゆゑに生きてゐる一日(ひとひ)一日はいづみ   

                                             上田三四二  

歌集 『湧井』より

 

 

 

P1020937.JPG 

 

 

泉のように湧いてくる、ひと日ひと日に感謝しつつ、

新しい生活が始まります。