わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2011年2月アーカイブ

 

新聞の歌集紹介の欄にて、紹介されていた短歌作品より、

インスピレーションを受け、作ったオブジェです。

 

 

 

P1020712.JPG

みずうみの、青い氷を踏み抜いて

沈んでゆく獣 。

自らの立派な角を誇りつつ・・・

 

・・・といった内容の作品でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

今、調べてみても、正確な三十一文字が分かりませんし、

どなたの作品だったのかも分かりませんが、

 

歌集の題名は、

『けものが沈む』 だったような・・・?

 

 

 

 

 

 

 

P1020710.JPG   

       確実に、死へと向ってゆく時の間・・・

       

       結句の 「角を誇って」 が、

       何かを象徴している様で、

       もののあわれ を感じます。 

  

 

 

 

 

 

 

シルバーのラメ糸で、縄編みをクロスさせたものを、

黒糸のガーター編みで縁取り、強調させました。 

 

 

 

宇部市 際波の 「ギャルリー 小川 」 さんで、素敵な企画展が始まりました!

 

 

「絵と陶 4人展」

 

絵  /  藤川章造 ・文子

陶  /  大井正則 ・ 美智子

 

 

P1020790.JPG

 

 

油絵と陶芸の、しっとりとしたコラボ展です。

 

 

 

 

 

P1020782.JPG

     ギャラリー入り口のオブジェが、

       どっしりと、迎えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

P1020788.JPGこちらから、どうぞ・・・!

 

   建物全体がモダン和風で、

   ナンかええわぁ~

 

P1020786.JPG

 

 

 

油絵も陶も・・・

春を感じる花々が、とても印象的でした。

 

 

それぞれの作品が、光を放ち、共鳴し合って、

不思議な空間を創り出しています。

 

 

 

 

 

 

3月13日(日)まで

AM11:00~PM5:00 月曜日は休館

※作家来館  毎週 土・日

 

是非是非、どうぞ!

 

 

 

AH ! ― 春風楼 Ⅲ ―

 

春風楼のつづきです。

楼内からは、防府市内を望むことが出来ます。

 

 

 

 

P1020773.JPG 

こちらは南側で、防府市街地です。

 昔と比べて、随分とビルが建ちました。

 

 

 

 

 

P1020772.JPG

 

こちらは西側、防府平野が拡がります。

 

 

名前のとおり、春の心地よい風を感じつつ・・・

眺望を楽しむことが出来ます。

 

 

 

 

 

防府天満宮に起こしの際は、

是非この「春風楼」へもお寄り下さい。

 

 

 

AH ! ― 春風楼 Ⅱ ―

 

春風楼のつづきです。

昔は春風楼と言わずに、"つうやどう"(通家堂?)と呼んでいました。

 

 

 

 

P1020774.JPGこの建物・・・本来は、

五重の塔の建設を予定していたそうです。

 

 

床下の木組みは当初、塔の一層軒下に

使用するはずだったとか・・・

 

P1020766.JPG

 

 

楼内の壁面には、スゴイ迫力のレリーフがあります。

 

P1020767.JPG

 

 

木彫か漆喰かわかりませんが、荒波と龍をモチーフにした作品です。

静寂な時間の中に、渦巻くような激しさのある、

不思議空間・・・春風楼。

 

 

 

 

つづく 

 

 

AH ! ― 春風楼 Ⅰ―

 

今日はとても暖かな一日でした。

運動不足を解消?の為、天満宮の裏階段から春風楼へ・・・

 

 

 

 

P1020761.JPG 母の実家が、すぐ近くなので、

 この辺りは、庭?みたいなモノ・・・

 

 

途中にはお稲荷さんもあります。

 

P1020762.JPG

 

 

 

ハ~ハ~ (息切れ) あと少し・・・

 

P1020763.JPG

 

 

P1020764.JPG

 

 

階段を上りきると、春風楼があります。

昔はここで、よく遊んだものです。(しみじみ・・・)

 

 

 

 

つづく

 

 

 

時々、衣状の形態から離れて、

自由なカタチのものを作りたくなります。

 

 

 

 

P1020718.JPG

大・中・小 ・・・

それぞれカタチは異なります。 

 

 

P1020717.JPG 

 

 

 

 

 さて、何に見えるでしょうか・・・? 

 

 

 

背後(うしろ)よりゆつくりと傘 差し掛けし貴方のやうに白梅咲きぬ     浅田 陽子 

 

 

 

P1020751.JPG

 

 

 

 

「咲きぬ」の「ぬ」は、現在完了を表す助動詞の「ぬ」で、

「しらうめが咲きました」 の意・・・

 

 

☆TankaTanka とは・・・

 

 

AH ! ― twins ―

 

タダモノではない大きさの卵、発見!

一応、ニワトリのたまご・・・

 

 

P1020746.JPG

 

 

 

 

 

やっぱり・・・

 

 

 

 

P1020748.JPG

 

 

 

twins(双子)でした。 ラッキー!

 

 

AH ! ― 紅梅 ―

 

今日は本当に暖かな1日でした。先日の大雪がウソのよう・・・

この陽気で、北庭の紅梅も一気に開花しました。

 

 

 

P1020753.JPG

 

毎年、この樹が一番先に花を咲かせます。

 

 

P1020749.JPG 

 

 

白梅が咲きそろうのは、1週間後くらいかなぁ~

 

 

P1020750.JPG 

 

この赤いポチポチが、ナンとも言えず愛らしい・・・

 

郵便受けには、春のステキなイベントのご案内が2通、届いていました。

 

 

 

 

最近、ゆったりとした気分で編物が出来ない状況です。イライラ・・・

ナンカ編んでないと、落ち着かんわぁ~

 

 

 

P1020743.JPG ・・・ということでとりあえず、

        小物を作る事にしました。 

 

 

これは昔の作品。

 

P1020735.JPG 

 

 

ちょっとした可愛いものを、考えてみます!

 

 

 

 

さみどりの舌根沈下 アボガドの肉完璧に核を覆へり             浅田 陽子

 

 

 

P1020654.JPG 歌会にて、「難解な歌・・・」との評。

 

 果肉にめり込んでいる種を

 咽仏に見立てて詠んだ歌。

 

 医学用語の「舌根沈下」を使って

 表現してみたかったのですが・・・

 失敗やったかなぁ~?

 

  

 

 

歌会では、元ナースをしておられた方、

おひとりだけが、ステキに解釈して下さいました。

 

超マニアックな作品。

 

 

作品集 「 予感 」 vol.14

 

セーター塾掲載作品のつづきです。

この作品でセーター塾を卒業しました。

 

 

 

 

P1020663-1.JPG―お題 「グラデーション 」― 

     作品タイトル 「 予感 」 

         「毛糸だま」 (日本ヴォーグ社)

           1995年10月号掲載作品より  

   

― イメージ ―  

     何かが起こりそうな・・・

     良い事か悪い事 か、分からないけれど、

     確かに何かが起こりそうな・・・

     そんなカンジを表現してみました。

 

 

 

 

 

 

P1020656-1.JPG   コード刺繍の技法は、この作品より習得。

   以後の作品に、よく用いるようになりました。

 

 

P1020661.JPG

 

 

編地の厚みのバランスをとる為の工夫が、色々としてあります。

 

Exhibition作品 「予感」の習作。

習作の割には、完成度の高い作品となりました。

現在はオブジェ作品としても使用しています。

 

 

 

以上でセーター塾掲載作品はおしまいです。

尚、 1993年8月号の「熱帯魚」 1993年12月号の「オーロラ」

1994年4月号の「舞」 は、

現在手元に在りませんので、ご紹介できませんでした。 

 

 

このセーター塾に入塾させて頂けたお陰で、こんにちの私があります。

黒ゆきこ先生と編集部の皆様には、心より感謝しております。

本当にありがとうございました。

 

 

AH ! ― 大雪 ―

 

明け方の雪が次第に強まり・・・

あっという間に一面雪景色です。きゃ~綺麗!

 

 

 周防国分寺金堂 

P1020628.JPG  

 

 

 

周防国分寺仁王門  

P1020632.JPG 

 

 

 

 

 

ウチの北庭の梅の木も、

何かアヤシイ?植物のようです。

P1020637.JPG 

 

P1020635.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは南庭を二階から撮影。

 

P1020642.JPG 

 

 

 

これ以上降ると、松は枝が折れてしまうので、

雪払いをしなくてはいけません。

これが結構タイヘン!

 

 

 

この大雪、昨日でなくてホントよかった・・・ 

 

AH ! ― フェルト展 ―

 

今日から、山口市大内のギャラリー、なごみスタイルさんで、

濱野由美さんのフェルト展が開催されています。

 

 

P1020653-1.JPG店内には色鮮やかなストールやバック、

オシャレな小物がたくさん・・・

 

昨年、綺麗な紫のマフラーを頂いてからの

ファンです 。

 

 

 

 

フェルトは、ニットとはまた違った質感の素敵感あり!

興味のある方は是非是非どうぞ。

 

山口市大内  ギャラリーなごみスタイル

2月11日(金)~22日(火)  10:00~18:00

 

AH ! ― 佐波川 ―

 

今日は午後から所用で山口市徳地へ・・・

 

 

 

P1020621.JPG川沿いを北へ北へと向かうと・・・

徳地の豊かな自然が拡がっていきます。

 

 

P1020623.JPG

 

 

 

 

 

 

     いつも豊富な水を湛えて

     堂々と流れてゆく川・・・

 

 

 

 

佐波川(さばがわ)は、まだまだ冬の表情をしていました。

 

AH ! ― 当り! ―

 

先日の天満宮牛替神事にて、「当り!」・・・と言っても牛ではなく、

末田焼きのカップをGet!

福引き券たった4枚の内の1枚が・・・下2桁と言えども、

当っていました。これはスゴイ確率!

 

 

P1020618.JPG

 

 

 

カップの下のところをご覧ください。

梅の花が一輪・・・意匠として施されています。

AH !天神様らしい!

 

大切に使わせていただきます。感謝!

 

 

んあ~んと大きく欠伸わたくしが裏つ返しになりさうな午後         浅田 陽子

 

 

 

P1020567.JPG  こんなにいいお天気なのに、

  午後からはアトリエにおこもり?デス。

 

 

 

  おっ!カーテンに模様が・・・

 

 

 

 

 

 

無地のレース・カーテンなのに、

ぼかし染めのような、綺麗な柄が浮き上がっています。

穏やかな冬の陽のシワザ・・・  デザインのヒントになりそうです!

 

 

AH ! ― 節分祭 ―

 

今日は節分。

防府天満宮の節分祭が第100回目!というオメデタイ年だそうです。

 

また故あって・・・ただ今、道真様におすがりしたい気分?でもあるので、

午後からお参りに行って来ました。

 

 

 

P1020607-1.JPG    今日は本当に良いお天気、

    ポカポカ・・・

 

    丁度、本殿では、

    豆を撒かれる年男の方々が、

    お祓いを受けておられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、豆まきが行われます。

 

P1020608.JPG

 

 

 

 

そして何と言ってもスゴイのがこの牛替神事。

 

P1020599.JPG 福引のようなものですが、

        

 

   1等賞はナンと牛1頭!

   きゃ~カワイイ仔牛・・・ヨシヨシ・・・

 

P1020600.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも色々な賞品が用意されていて、とってもローカル色ゆたか・・・

ほのぼのしていて、ナンカええわ~

 

 

ふるさとのお祭りが愛おしくなる年齢になりました。

もし牛が当たったら、またご報告いたします!

 

 

 

表裏、裏になりたる掃除機が裏のままにて吾に付き来ぬ          浅田 陽子

 

 

 

 

P1020584.JPG ← けなげなヤツ・・・

 

ゴメンゴメン!

P1020590.JPG

 

 

          言い訳 その1

          急いでいたもので・・・つい引っ張っちゃいました。

 

          言い訳 その2

          ここの段差がイケンのよね~

 

          言い訳 その3

          誰か蹴ったんじゃな~い~?

 

 

 

今日は所用で山口市へ・・・

帰りに、大内御堀にある、お気に入りのギャラリーに立ち寄ってみました。

 

 

 

P1020593.JPGなごみスタイルさん・・・

 

現在は、「ガラスのお雛様展2011」 開催中!

 

P1020592.JPG

 

 

 

全国各地、16名のガラス作家さんたちが

工夫をこらして制作されたお雛様たちが、勢揃い!

 

 

P1020596.JPG

 

 

 

美しいガラスのオブジェとしても楽しめます。

 

 

 

常設展も、ふだん遣いのとてもおしゃれな器などが取り揃えてあり、

まさに心和む空間でした。 宜しかったら是非どうぞ!