わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

2010年10月アーカイブ

AH ! ― パークロード ―

 

ここは山口市のパークロード・・・

11月にお世話になる ラ・セーヌ さんのすぐ近くにあります。

 

 

 

P1010694.JPG P1010683.JPG

 

 

P1010696.JPG P1010698.JPG

 

新緑と紅葉の頃になると毎年ここへ来て、季節の移ろいを楽しみます。

 

 

 

 

P1010691-1.JPG   隣接した山口県立美術館では、

   丁度今、「吉村芳生展」 開催中。

             (12月12日まで)  

 

 

   昨年、萩の美術館で企画された

   お茶室のインスタレーションからの

   ファンです。

 

 

 

 

 

今日は時間がなくて拝見できず・・・とても残念!

ニット展が終ってからのお・た・の・し・み・にとっておきます。

 

 

 

 

山口市にオイシイお蕎麦やさんができた!・・・と聞いて、

早速、行ってきました。

 

江戸前手打ち蕎麦 「上善庵 」 さんです。

 

P1010679.JPG 

      ナンかエエカンジね~

             と言いつつ中へ・・・

 

P1010676.JPG 

 

 

 

 

店内もすっきりと、落ち着いた空間です。

 

P1010673.JPG

※お店の方のご好意で、撮影許可をいただいています。

 

 

 

 

P1010677.JPG    今日は、綺麗なお庭を愛でながら、

    天麩羅とせいろを頂きました。

 

    AH ! お蕎麦の風味がタマリマセン!

         幸せ・・・

 

P1010674.JPG

 

          ↑

             完食状態・・・

 

 

「こういうものは、食べる前に写すものです。」 と一緒に行った友人からご指摘。

ごもっとも・・・

次回は美しい蕎麦のお姿?をご紹介します。

 

蕎麦好きの方は是非 ど・う・ぞ!

 

 

今回のワークショップでは、各地より編物好きな方々がおいで下さり、私自身も

とても素敵な時間を過ごさせていただきました。

 

皆様、遠いところを、本当にありがとうございました!

 

 

 

P1010644-1.JPG  「アトリエ」・・・という

  オシャレな雰囲気の建物ではありませんが、

  心を込めて、準備させていただきました。

 

P1010647.JPG

 

 

 

 

 

           おばあちゃんが、Welcome!の気持ちを込めて、

           梅干壷?に活けてくれた秋の草花・・・   →

 

 

 

 

 

 

皆様には、記念にコースターを制作していただきました。

1個はその日の内に仕上げていただき、2個目は宿題でした。

 

P1010663.JPG   

   中には、「できました~!」と

   写真を送ってくださった方も・・・

         (うれしい~)

  

← これは私の見本です。

 

 

 

 

 

 

こちらは昼食・・・

お願いした仕出し屋さんも、1品1品丁寧に作って下さいました。 感謝!

 

 

P1010656.JPG 

一期一会・・・

 多くの方々との素敵な出合いが、これからの活動のエネルギーになります。

本当に皆様、ありがとうございました! 

 

 

 

 

 

今日は、このホームページの Exhibition ページについて、少々ご説明を・・・ 

 

 

 

 

 

007b-2.jpg時々、画像は最初の5枚だけだと

思っておられる方がいらっしゃいます。

 

矢印 (3つのまる)をクリックされると、

次の5枚が・・・そしてまた次の画像が・・・

と、合わせて15枚の画像が収められていますので、

どうぞ、お試しください。

 

 

 

 

 

 

012b.jpgこのExhibitionページ作品は、

過去の自信作 6点で構成されています。

 

デザインや見せ方等・・・

防府カラーさんやデジタルスカイさんに

色々と無理難題を言って、仕上げて頂いた

こだわりのページですので、

1人でも多くの方々にご覧いただけましたら、

とてもうれしいです。         

 

※右の作品 「炎 (ほむら)たつまで」 は、

11月のアートニット展にて展示いたします。

 

 

 

 

★アートニット展の詳細はこちらから・・・ 

  

AH ! ― 秋茄子 ―

 

      ウチの畑の茄子・・・

 

P1010616.JPG     夏の間は、暑さと水不足で、

     ほとんど収穫できませんでしたが、

     最近になって、次々と生り始めました。

 

P1010631.JPG

 

 

茎まできれいな紫色・・・

正式な色名は、「茄子紺」 「エッグプラント(eggplant)」

 

 

私は、こどもの頃からこの色が大好きで、

周りの大人からは、「ばあ様みたいな子だ!」と言われていました。 

トホホ・・・             

 

 

 

プルオーバー「河霧」に使用した段染め糸を遣って、現在、マフラー「雫」を制作中・・・

 

 

P1010636.JPG編み幅によって、段染め糸の

柄の出方が随分と違ってきます。

 

 

作品「河霧」の部分

P1010253.JPG

 

 

150センチの幅のモノを延々と編み続け・・・

シルクの糸でポチポチと玉を編んでくっ付けて・・・

しずくポタポタマフラー、グレー系の完成です。

 

P1010640-2.JPG

 

 

  きゃ~カワイイ!と自画自賛?しつつ、

  今日からベージュ系に取り掛かりました。

 

 

 

P1010638.JPG

 

 

  こちらもとっても、た・の・し・み・・・

 

 

 

 

 

 

 

★アートニット展の詳細はこちらから・・・

 

 

 

カマキリの入つてさうなかき揚げだ、ここらのみどりが怪しいカンジ       浅田 陽子

 

 

 

P1010498.JPG   この夏に出遭った

   あのカメラ目線の大カマキリは、

   どうしている?

    

 

P1010465.JPG 

 

 

 

一応ウチの、このかき揚げのみどり色のところは、ミツバとピーマンのはずです。 

 

★TankaTankaとは・・・

  

 

AH ! ― 絵本原画展 ―

 

現在、防府市 アスピラートでは、防府市出身の絵本作家、田頭よしたかさんと、

長門市在住のイラストレーター、尾崎眞吾さんの 「絵本原画展」が開催されています。

 

 

 

P1010609.JPG

   会場では、絵本を手に取りながら原画を鑑賞でき、

   なかなか興味深い展覧会となっています。

 

 

   原画ならではの、

   柔らかい質感や、リズミカルな筆跡などから、

   作家さんの息遣いが伝わってきて・・・素敵!

 

 

   こども達の、キラキラとした瞳を想像しながら、

   鑑賞してゆく展示空間は、とてもやさしくて、

   しあわせに満ち溢れていました。

 

 

 

 

さらに、関連グッズの販売も充実・・・

 ちなみに私は、田頭さんの絵本「ちいさい かわの うた」 (ひさかたチャイルド出版)と

 尾崎さんのポストカードをいただきました。

 

★この24日(日)までですので、お近くの方は是非、ど・う・ぞ・・・!

 

 

 セーター塾掲載作品のつづきです。

 

 

 

P1010325.JPG ―お題 「京都 」― 

     作品タイトル 「 漫ろ歩き 」 

         「毛糸だま」 (日本ヴォーグ社)

              1994年2月号掲載作品より 

     

 

   ― イメージ ―  

      打ち水のなされた石畳、

      磨き込まれた格子戸・・・

      

      人々の温もりを感じつつ歩いた、

      京都の路地裏をイメージしてみました。

 

 

 

 

 

 

P1010327.JPG  ギザギザに編んだガーター編みと

  渋い格子柄を組み合わせて、

  三年坂辺りを表現しています。

(ここで転ぶとタイヘン!だそうです。)

 

 

P1010329.JPG 

 

 

 

 

   

 

 

くねくねしたラインはコード刺繍です。 漫ろ?なカンジのお遊び・・・

 

 

 

 

P1010323.JPG 

 

 毎年、この季節になると、京都が恋しくなります。

 

今から30年ちかくも昔の事ですが、

あの多感な時期に、京都に住まわせてもらって

本当によかった・・・

 

両親に感謝です。 

 

 

 グリーンモールの1本と、グレー系1本の完成・・・それぞれが1点モノです!

 

 

P1010596.JPG

 

 

★グリーンの方は・・・

   エキゾチックな色調になるように、

   段染め糸の好みの部分を、特別にチョイスして仕上げています。

 

 

P1010600.JPG

      ★グレーの方は・・・

         少しハードな質感を出すように、

         ラメ糸を添えて、メタリックなカンジに

         仕上げています。

 

P1010598.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらは、11月のアートニット展にて販売作品として展示いたしますので、

宜しかったらどうぞご高覧くださいませ。 

 

 

★アートニット展の詳細はこちらから・・・  

 

 

水底に瀬音すずしき径ありて辿れば父のちちはは住めり             浅田 陽子

 

 

 

 

P1010220.JPG この歌は、Exhibition作品 「たまきはる」の

 イメージ短歌・・・

 ここは、この歌を作った場所です。

 

 

P1010228.JPG 

 

 

 

 

 

  水の「気」と木霊の混ざり合うこの場所には、

  いつもゆるやかな時間が流れています。

 

 

 

 

P1010222.JPG

 

 

 

 

それは、 いつか私たちが水に還ってゆく時の時間ように・・・ 

 

 

 

今回のアートニット展DMに、作品 「たまきはる(魂極る)」を使用したのには、わたくしの

ある思い入れ?というか、強いこだわり?のようなモノがあります。

 

 

 

08たまきはる.jpg   

   ここのExhibitionページをご覧いただいた方は、

   お気づきかと思いますが、

   この作品のイメージ短歌は、

 

 

 

水底に瀬音すずしき径ありて

             辿れば父のちちはは住めり

浅田陽子

 

 

 

 

 

 

P1010455.JPG

今回の会場、「ギャラリー ラ・セーヌ」さんは、

一の坂川沿いに在り、

まさに、瀬音の心地よいところ・・・

水の気配に満ち満ちたところ・・・なのです。

 

 

 

 

 

 

 

今年のアートニット展では、人間の源である「水」をメインテーマに、

展開してゆきたいと思っています。

 

 

 

★アートニット展の詳細はこちらから・・・ 

 

 

 

 

今回のアートニット展、DM作品について、ご質問がありました。

 

   Q. 作品タイトルの 「たまきはる(魂極る)」 ・・・ってナンですか?

 

 

P1010577.JPG 

     A. 「たまきはる」とは、「命」「世」「うち」「吾」・・・のような言葉にかかる枕詞です。

       この作品は「命」・・・もっと具体的に言えば、「極めて浄化された魂」

       のようなモノをイメージしているので、この言葉を用いました。

 

 

 

 

※「たまきはる」 この言葉は・・・

   意味も、音のひびきも綺麗で、以前個展タイトルとしても遣いましたが、

   玉木ハル(たまきはる)さん?というヒトの個展だと思われた方がいらっしゃいました。

   世の中、いろいろとオモシロイ事が多いです。

 

 

 

P1010579.JPG

★今回のDM制作も、

  有限会社 防府カラーさんにお願いしました。

  こちらは、2回目の個展から、

  ずっとお世話になっています。

 

 

 

 

Exhibitionページのイメージ画像にてご覧頂けます。―

 

 

 

これらのDM のお陰で、実に多くの方々との素敵な出逢いがありました。

 心から感謝しています。

 

 

 

 

 

P1010560-1.JPGここは、防府市アスピラート。

空間をゆったりと遣い、要所要所に

曲線を美しく取り入れた設計が、

私は好きです。

  

 

今日のお楽しみは、ピアノリサイタル。

プログラムを見て、急きょ決めました!

 

 

 

 

 

AH ! 

バッハ:ゴールドベルグ変奏曲BWB.988

ショパン:ピアノ協奏曲1番ホ短調 作品11(ピアノソロ) 

 

どちらも私の大好きな曲・・・

P1010561-1.JPG

 

 

 ピアニスト、パーヴェル・ネルセシアンの演奏は、

木漏れ日のようにやさしく、また、壮大な歴史小説のようにドラマチックで、力強く・・・

 

さらに、彼の選んだピアノは、何か不思議な音色を発し、

今までに感じた事のない、独特な世界が拡がってゆきました。

 

 

 たましい浮遊の2 時間に感謝!! 

 

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ※今日のピアノの不思議な音色とは? (うまく説明できないのですが・・・)

   音の粒子のひとつひとつが、ピュアな何かに包(くる)まれてているような、

   聴く側の内部と響き合うのではなく、聞き手の躰そのものに染み込んでゆくカンジ。 

 

TankaTanka 「老猿」 vol.34

 

光雲の「老猿」めきて威嚇せり 太き猫には太き声して              浅田 陽子

 

 

 

 

P1010411.JPG   光雲とは彫刻家、高村光雲。

   詩人、高村光太郎のパパ・・・

   「老猿」は彼の代表作。

          (東京国立博物館所蔵)

   

    気付けば、わたくし・・・

   次第に じい様化?してゆくようです。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

― News ― 

08たまきはる.jpg 
 
       Atelier imagination
       淺田陽子アートニット展
 
       2010年11月19日(金)~23日(火)
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

10月、11月は何かと忙しいので、キチンとしたウエアーモノは出来ません。

今、制作中のマフラーは・・・

 

 

P1010554.JPG   今年の夏に購入した

   個性的な3種類の糸を使用。

 

   どれもこれも、タダモノではない糸たち・・・

 

   うまい具合に折り合い?をつけながら、

   エキゾチックなマフラーに仕上げます。

   うまいこと、いくかなぁ~・・・ドキドキ

 

 

 

ここは山口市の、一の坂川。

 

 

P1010457.JPG川沿いを北へ歩いて行き、 

鴻東橋(こうとうばし)を渡った所に・・・

 

P1010460.JPG

 

 

 

 

 

カフェ&ギャラリー 「ラ・セーヌ」 さんがあります。

四季折々の自然と、静かに聴こえて来る瀬音が、実に心地よいロケーション・・・

すぐ近くには、パークロードや県立美術館もあります。

 

P1010451.JPG 

P1010449.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          今年のアトリエ・イマジネーションのアートニット展は、

          どうぞ、山口の秋と共にお楽しみください。お待ちしています。

 

 

 

 ★アートニット展の詳細はこちらから・・・ 

 

 

スゴイ枝振り!・・・と回り込んで見ている内に、

気が付いたら、ここのギャラリーの玄関前に立っていました。

 

 

今から20年以上も前のことです。

 

 

P1010501.JPG  

P1010503.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1010504.JPG

 

 

 

 

 

 

ギャラリー ラ・セーヌ

 

P1010505.JPG

 

 

 

 

 今でも、圧倒的なパワーで出迎えてくれる松の老樹・・・

 今回、こちらのギャラリーにて、アートニット展をさせて頂けることに

大きな喜びを感じています。

 

 

「 2010秋  ラ・セーヌ Ⅱ 」 へつづく・・・

 

 

 

★アートニット展の詳細はこちらから・・・

 

 

 

ワークショップの時に制作予定のコースター(裏地付き)です。

見本で作っていたら、思わず10枚になっていました。

 

 

P1010543.JPGキットも人数分、準備OK !

(これが結構タイヘンでした。)

 

P1010546-1.JPG ※ワークショップでは、

  おひとり2枚分のキットをご準備しています。

    (1枚はその日の内に仕上がる様に・・・)

 

 

 

 

 

同じものをたくさん、飽きずに作るコツは・・・段染めの糸を使う事。

1枚1枚皆、違った表情を見せてくれるので、ワクワクしながら制作出来ます。

 

 

 

使い方も イロイロ・・・

 

P1010530.JPGP1010528.JPG P1010531.JPG

 

 

 

 

 

★ これらは、11月のアートニット展で、販売作品として展示いたします。

宜しかったらどうぞ・・・!

 

 

AH ! ― CLOUD FOREST ―

 

ナミナミのカタチをした屋根が、印象的なこの建物は・・・山口情報芸術センター

非日常の空間を提供してくれる、不思議な場所です。

 

 

 

P1010509.JPGいつも、魅力的なインスタレーションを

企画して下さり、実にアリガタイ!!

 

空想、幻想、妄想、大好きな私には、

この世からの逃げ場所?のような 

と・こ・ろ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は、「CLOUD FOREST」 開催中!P1010513.JPG

 

P1010515.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CLOUD FOREST : 雲霧林

   霧のオブジェで有名な中谷芙二子と

   アーティストの高谷史郎のインスタレーションがコラボした、新作プロジェクト・・・

 

 

 

 

 人工霧で満たされた中庭に、しばらく身を置いていると、

歌人・近藤芳美の下記の代表作が想い出されました。

 

 

 

たちまちに君の姿を霧とざし或る楽章をわれは思ひき      近藤芳美 

 

 

 

 

  ああ~なんて甘やかで、切ない歌・・・と、P1010526.JPG

  心も現実もびしょ濡れ状態?になりながら

  霧深い森の中へ、ワープ・・・

 

 

 

 

 

         

 

      まだの方は、是非ご体感を・・・

10月17日(日)まで