わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

 

いつもお世話になっている、山口市鋳銭司の画廊 「  as it is  」 の

10周年記念企画 「 SM 展 」 に行って来ました。

 

 

 

P1150731.JPG   最終日のこの日は、

   あいにくの雨、

   しかも強風注意報発令中。

 

 

   画廊へと続く茂みを下ると、

   薄暗いテラス (物置?)  に吊るされた

   裸電球の強烈な灯かりが、

   来る者を迎えてくれます。

 

   いかにも  as  (アズ) らしいと苦笑・・・。

 

  

 

 

 

画廊の入口正面は、オーナーの作品。

こちらも激しい赤が印象的。

 

 

 

 

P1150733-001.JPG

 

 

 

 

 

今回は地元の作家さんと、東京・横浜方面の作家さん、

総勢15名の方々の作品 が展示されていました。

 

 

 

※ 画廊玄関前のスロープ ↓ 

強風で常に落ち葉が舞う中、次々と来客アリ!

 

 

P1150737.JPG

 

 

 

 

決して広くはない画廊空間に展示された作品群 は、

作家さん毎に数点の SM サイズ作品で構成されており・・・、

 

各々の個性が互いに殺し?あう事なく、またヘンに共鳴もしておらず、

誠に良いバランスで、見事に収まっていました。

( さずがやなぁ~、べんきょうになるわぁ~ )

 

 

2011年に初めてこの画廊にお邪魔させて頂いて以来、

オーナーをはじめ、ここに集われるアーティストの方々には

公私ともに、大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

 

10周年 おめでとうございます! 

画廊  「 as it is 」  の益々のご繁栄と、

メンバーの方々の益々のご活躍を、心からお祈り致します。

 

 

 

※尚、 画像は、オーナーの許可を得て掲載させて頂いています。

AH ! ― 中也×YICA ―

 

昨日は仕事の打ち合わせで、山口市へ・・・。

P1150715.JPG

 

丁度、現在開催されている、

中原中也記念館の企画展がオモシロイ!

という話題で盛り上がったので、

帰路、早速、鑑賞して来ました。

 

 

 

P1150717.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企画展Ⅱ (コラボレーション企画 後期)

中原中也記念館 × YICA (山口現代芸術研究所)

 

山口盆地考 2018

・・・・・・ 吹き来る風が・・・・・・

 

 

P1150725.JPG

 

※ フライヤー部分より

 

 

 

中原中也の代表作 「帰郷」 をテーマに、19名のアーティスト達がそれぞれ、

斬新かつ個性的な捉え方で、様々な作品を発表しておられます。

 

特に、この記念館の様々な空間(気配)を取り込み展示された

下記の作品が印象的でした。

 

《白い慟哭》 藤木律子

《F/F/S 水の記憶》 中野良壽

《増幅された植物》 白川美幸

《アリシヒ・ノ・ウタ》 澤登恭子 

 

 

 

この週末は、中也の作品をまたゆっくりと読み直したい・・・、と思いました。

 

※ この日曜日(4月15日)までの開催です。

まだご覧になられてない方は、どうぞお急ぎください!

 

 

 

 

うすぺらな使ひ古しは新品にくつつけられて石鹸太る

浅田陽子

 

 

 

 

P1150710.JPG    大昔、若い頃に詠んだ歌です。

 

    読み方によっては、

    世代交代の歌ともとられる様で・・・、  

 

    もしも、そうであれば、

    上句の表現がまことに失礼!

 

 

 

 

 

 

様々な解釈を想定してから、歌会で発表すべきであった、と

深く深く後悔した記憶があります。

 

 

新年度が始まったこの時期に思い出す、苦い苦い作品です。  

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

※ 「くつつけられて」 について・・・。

 

私の短歌作品は、 旧仮名遣いで詠んでいるので、

促音の 「っ」 は 「つ」 と表記されます。

 

 従って、現代表記の 「くっつけられて」 (付着させられて) は、

「くつつけられて」 となります。

 

AH ! ― 春の庭 ―

 

わが家の今年の春の花壇です。

 

 

P1150689.JPG 手前は 、富貴草(ふっきそう)別名、吉祥草。

 茶事の時に用いる花として、大昔、母が植えたもの。

 

 奥が、擬宝珠(ぎぼうし)の葉。

 斑入りの葉なので、それ自体とても美しいです。

 

 下はフリージア。数年前に植えたものが

 野生化?してしまい、至る所に群生しています。

 

 

P1150672.JPG

 

 

 

P1150702.JPG今年はチューリップを二種類植えてみました!

 

      白い花は、花びらに黄緑色が混ざり、

      とてもシンプルで私好み。

 

      赤い花は、「色と形が素敵!」と、

      母が気に入ってくれています。

 

 

 

      

P1150705.JPG

 

 

 

 

    こちらは、西洋ツツジ。数年前に、

    頂きものの鉢植えを地植えしてみたのですが、

    今年やっと花が付きました! lucky!

 

 

P1150707-002.JPG

 

 

 

 

 

シックな茶花から、色鮮やかなチューリップ、等々・・・、

統一感の全くない庭ですが、家族で愛でつつ、今年の春を楽しんでいます。

 

 

 

 

   素敵な絵画展のお知らせです。

 

 

 

P1150671.JPG 守山 幸伸 展

  ラブ ゼネレーション

 

 日時:

  4月4日(水)~8日(日)

  10:00~18:00

   (最終日 17:00まで)

 

 場所:

  宇部市文化会館

 

 

 

 

 

 

少女? or  少年?の、あの刺すような視線・・・、

作品の背景に流れている静謐な時間・・・、

画面の不思議な質感から放たれる、不思議な「気」・・・、

 

 

 

独特の世界観で観るものを魅了してきた画家、

守山幸伸さんの展覧会です。

 

会場全体がどのような空間に仕上げられているのか?今から

とても楽しみにしています。ご案内をありがとうございました。

 

 

 

AH ! ― 桜ⅲ ―

 

悲しい桜です。

 

待宵の月を過って、今年の桜が散り始めた頃、

私の恩師であり、またかつての上司でもあった

S 先生がお亡くなりになられました。

 

 

 

P1150660-001.JPG

 

 

 

 

 

皆に心配をかけさせない様に・・・、とご自身の病気の事は

誰にも告げず、この数年を過ごしてこられたそうです。

 

美しい生涯に相応しい、美しい旅立ちでした。

色々とありがとうございました。

 

S 先生のご冥福を心からお祈り致します。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

ねがはくは花のもとにて春死なむその如月の望月のころ

                         西行法師   『新古今集』  雑下

 

 

AH ! ― 桜ⅱ ―

 

P1150628.JPG外出したついでに、山口市へ・・・。

ここは母の好きな、一の坂川の桜並木です。

 

Amazing!

 

 

 

P1150648.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は母用の車椅子を持参したので、川沿いをゆっくりと散策しながら、

様々な桜の景を楽しむ事ができました。 So happy

 

 

 

P1150641.JPG

 

 

P1150633.JPG

 

 

 

 

 

柔らかな春の日差しと、絶え間なく聞こえてくる瀬音が

とても印象的だった、今年の母との花見でした。

 

 

穏やかな一日に心から感謝しました。

 

 

AH ! ― 桜ⅰ ―

 

トラブル発生の為、P1150618.JPG

この週末はバタバタ・・・。

人任せにしていた事を猛省。

 

従って、今年は

花見どころではないのですが・・・、

しばし、周防国分寺さんの

桜を拝見。

 

 

 

 

 

P1150619.JPG今日の夕陽に照らされた桜は、

ひと花ごとの輪郭が際立ち、

怒りの表情にも見え、

 

今の私の心持が

反映されているのかなぁ~

とも、思えました。

 

 

 

 

 

 

P1150625.JPGしかし、樹下から見る桜は、

いつものように

ほわほわ、ふわふわ・・・。

 

私のトゲトゲした心が幾分、

柔らかくなった様な

そんなひと時でした。

 

 

 

 

 

母 :「そんなに頑張らんでもええんよ~」

 

時折り発する母の言葉も、

ほわほわ、ふわふわしていて、さくらみたいでした。

 

 

 

所用で山口県山陽小野田市へ・・・。P1150596.JPG

今日の晴天に誘われ、美しい海を見ながら

ランチする事にしました。

 

ここは、きららビーチ焼野沿いにある、

「ソル・ポニエンテ」( Sol Poniente )。

スペイン料理が味わえる 「レストラン」 と、

スペイン風の気軽な雰囲気を楽しめる

「 バル 」 を併設したお店です。

 

 

 

 

 「 ソル・ポニエンテ 」とは、スペイン語で 「 夕陽 」という意、だそうで、

「 日本の夕陽百選 」 にも選ばれた、この場所ならではの命名と納得。

 

また、建物の設計はナント!あの隈研吾氏と言うから・・・ビックリ!

( ヤッパリ、風景の収め方が美しいなぁ~。)

 

 

※ 向かって左側が「 BAR 」右側が 「RESTAURANT」

 

 

P1150594.JPG

 

 

 

今日はこの美しい景を臨みつつ、

スペイン料理のランチコースを堪能しました。

「  ごちそうさまでした! 」 

 

 

 

そして、食後は春の浜を少し散策・・・。

 

 

P1150601.JPG

 

 

 

P1150605.JPG

 

 

 

 

陽光に輝く海原の、それはそれは美しい事!

やはり自然の美に勝るものはないなぁ~、などと思いつつ、

潮風かおる、静かな時間を楽しみました。

 

お誘いとご案内をして下さった方々へ、心からお礼を申しあげます。

 

AH ! ― 梅見の会 ―

 

昨夜からの激しい風に、花が皆散ってしまうのでは・・・、

と案じていた、今日の 「 梅見の会 」 ですが、

辛うじて花は残ってくれました。感謝!

 

 

 

P1150592.JPG  散ってしまった花びらも

  粉雪の様にとても美しかったので、

  地面を掃き清めず、

  このままの風情を

  楽しんでいただく事に・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の会は、この春旅立たれる若い方々とのお別れの会です。

 

 

 

P1150591.JPG

 

 

 

 

新年度の予定や、ご自身の夢を熱く語られる、若いお二人の

キラキラした眼差しがとても清々しく印象的だった、

今年の 「 梅見の会 」 でした。

 

 

どうぞお体に気を付けて、美しくご活躍下さいね!

山口の地から・・・応援しています。

 

 

月別 アーカイブ