わたしがわたくしとして編み続けていられるために|ニット作家 浅田陽子

Y-FATI ― 祝! ―

 

山口県立大学 国際文化学部学部長 兼 同大学院 国際文化学研究科の

水谷由美子教授(Y-FATI 会長)が、この度、

「Collaboration and Co-creation in Clothing Design Utilizing the Regional Resources

Japan×Finland + The World」を、フィンランドにてご上梓されました。

 

 

ここでY-FATI 一同、謹んでお祝を申しあげます。

 

 

 

 

P1140886.JPG  この書籍は、

  水谷教授が山口県立大学で行って来られた、

  「地域資源」を活用する「服飾デザイン」の

  実践的研究に焦点を当て、

  山口県内での共同研究と、

  フィンランドのラップランド大学との

  「国際共同研究」の事例 が記されています。

                 (P20 参照)

 

 

 

 

 

この中には、Y-FATI 関連の記事も数か所、掲載されています。

電子ブックでもご覧いただけますので、興味のある方は是非どうぞ!

 

 

尚、私方、Y-FATI 所長、最後の仕事として、この書籍の

資料整理及び、編集、校正(日本語)等に関わらせて頂きました。

 

貴重な体験をさせて頂きました事に、心から感謝致します。

AH ! ― 覚悟 ―

 

讀賣新聞山口版「絵と戦争」シリーズの2回目に、

「運命受け入れる覚悟」というタイトルで、

平生町出身の画家、久保克彦さんを取り上げた記事がありました。(平成29年8月13日)

 

 

 

P1140881.JPG 久保克彦 (1918年~1944年)

 

  代表作は「図案対象」(東京芸大美術館蔵)

  で、同大学の卒業制作作品。

  卒業後、召集。

  予備士官学校を経て、中国へ出征。

  少尉に昇進後、湖北省で戦死。

  

  

  

   

久保さんは、私の父と少しばかりご縁のある方だった事を思い出し、

早速、父の自分史『 松、風雪に耐えて 』(1988年)の中の、

久保さんの事が書かれていた箇所を読み直してみました。

 

 

そこには・・・、

・中隊は違っていたが、浜田の予備士官学校から一緒だった事。

・出征の時、集合場所の広島まで汽車で一緒だった事。

・汽車の中で、久保さんから饅頭を頂いた事。

・当時の日本ニュースの冒頭の、鷹が出てくるデザインの制作に関わっておられた事。

・ゆっくりとした口調の、物静かな人であった事。

・あっけない最期に、暗く悲しい気持ちで一杯だった事。

 

・・・等、ほんの半ページ程でしたが、久保さんと父との関わりが

書かれていました。

 

 

 

 

 

 

  ※ 『 松、風雪に耐えて 』は、P1140882.JPG

   シベリア抑留の体験を、

   後世に残したい、という思いで、

   父が自費出版したものです。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

2001年に徳山市美術博物館で開催された、戦没画学生の作品展覧会には、

久保さんの追悼の意味も込めて、家族で作品の鑑賞をして参りました。

 

久保さんの作品「図案対象」の前で、長い時間をかけて見ていた父の言葉、

「惜しい事をしたもんじゃ~」 が、ふっと思い出されました。

 

 

ご冥福を心からお祈りいたします。

 

AH ! ― お盆 ―

 

朝早く、お寺さんにお参りして頂き、

今年のわが家のお盆が始まりました。

 

 

 

 

 

P1140870.JPG 盆提灯に灯りを入れると・・・、

 厳かな雰囲気に包まれます。

 

 父が亡くなった朝、わが家の庭に

 桔梗の花がたくさん咲いていたので、

 提灯の絵柄は桔梗を選びました。 

 

 美しい花ですが、悲しい思い出のある

 花でもあります。

 

 

 

 

 

今年は1ヵ月前くらいから、計画的に庭の草取りを行ってきたので、

かなり綺麗にして、ご先祖様方をお迎えする事ができました。

 

 

 

 

 

 

P1140876.JPGこちらは南庭です。

隅の方は今日の日に間に合わず、

草ぼうぼう状態 (-_-)/~~~ 。

(すみませ~ん)

 

このお盆休みの間に、残りの箇所を

綺麗にしていく予定です。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは北庭。P1140874.JPG

1週間前に仕上げたのですが・・・、

既に次の草が生え始めています。(*_*)

 

 

 

※室内の雑巾がけは、

 昨夜頑張りましたよっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

母がかつて行っていたような、常に美しい状態ではありませんが、

愛情込めて管理しています。

 

 

私のアトリエも兼ねているので、少し涼しくなったら、

どうぞお遊びにお越しください。お待ちしています。

 

 

AH ! ― 御霊供膳 ―

 

こちらは、今年のお盆の御霊供膳です。

 

 

P1140873.JPG 本日のメニュー

 

 ・ご飯

 ・豆腐とわかめの味噌汁

 ・南瓜と人参としめじの煮物

 ・胡瓜の胡麻和え

 ・野沢菜と酢大根の漬物

 

 

 

 

 

 

昨夜は夜遅くまで、編物の仕事をしていたので、

今朝の早起きは少々グズグズでしたが・・・、

どうにか間に合って良かったです。(ホッ)

 

 

AH ! ― 虹 ―

 

遅ればせながら・・・、8月5日 夕方の虹です。

この様にすぐ近くで見る虹は、本当に久しぶり。

 

 

 

P1140859.JPG

 

 

 

 

酷暑の夏にしばし、Luckyなひと時でした。

 

 

 

AH ! ― 百日紅満開! ―

 

周防国分寺さんの百日紅が満開となりました。P1140845.JPG

今年は赤、白、咲き揃い、実に見事です!

 

 

 

 

P1140844.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この百日紅は、災いや厄を滑り落とす・・・、

という意味を込めて、植えられたそうです。

 

 

この百日紅を植えられた方々、管理してこられた方々の

様々な思いが結実して、この夏も美しい空間を作り出しています。

 

 

8月下旬まで楽しめそうです。

宜しかったら是非、周防国分寺へお参り下さい。

 

Y-FATI ― お礼 ―

P1090111.JPG

 

Y-FATI からのお知らせとお礼を申しあげます。

 

山口ファッション&テキスタイル研究所、

略して「 Y-FATI (ワイファティ)」の

所長職(事務局)を、H25年の発足以降、

2期4年間、私方、務めて参りましたが、

この度、諸々の事情により、

退任させて頂く事になりました。

 

今思えば、多くの素敵なイベントに

関わらせて頂いたり、

企画運営を担当させて頂いたり・・・、と

大変、充実した4年間でした。 

 

先ずは、ご協力下さいました多くの方々、

応援して下さった、当アトリエのお客様方、友人達に、心からお礼を申し上げます。

 

またY-FATI 発足時、この大役をアサダにお任せ下さいました、

Y-FATI 会長の M 先生にも心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

 

 

 

P1140855.JPG

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ここで、この4年間のY-FATIの、

   主なイベントをご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

2013年

・ Y-FATI (山口ファッション&テキスタイル研究所) (7月) 発足

・ 山口県立大学大学院オープンキャンパス 作品展示 [山口県立大学](9月)参加・運営協力

・ クリスマスエキシビション 2013  [山口県立美術館](12月) 参加・運営協力

 

2014年

・ Y-FATI発足1周年記念講演会 「美の追求と伝達」&作品展  [山口市民会館] (5月)主催 

・ 山口県立大学大学院オープンキャンパス 作品展示 [山口県立大学](9月)参加・運営協力 

・ クリスマスエキシビション 2014  [山口県立美術館]

 「地域の宝もの-徳地手漉き和紙と生活の装い-」展  (12月) 企画・運営・参加・協力 

 

2015年

・「山口TOKUJI WASHI 展2015」 [東京渋谷 CASE Gallery]  (3月) 参加・協力

・ ねんりんピックおいでませ ! 山口2015 F.S[ きららドーム] (10月) 参加・協力

 

2016年

・「水谷ゼミ+の会2016」[ホテル ニュータナカ]  (9月) 企画・運営・参加・協力

・ アグリアート・フェスティバル 2016  ロビー展 [ルネッサ長門] (10月) 参加・協力

 

その他諸々・・・   

 

 

※ Y-FATI発足1周年記念講演会 &作品展(2014年)

 

IMG_0193.jpgIMG_0185.jpg

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

今後は、自身のアトリエの活動に重きを置きつつ、Y-FATI の研究員としても

出来る範囲で、地域貢献のお手伝いをしていけたら、と考えております。

 

今後とも、どうぞ Y-FATI を、宜しくお願い致します。

 

 

AH ! ― 夏の海? ―

 

夏の海?と思うくらいガスのかかった

今日の秋穂荘からの眺めです。

 

母:「水平線が見えんねぇ~」

 

 

 

P1140840.JPG

 

 

 

 

 

色鮮やかなカンナの花が、辛うじて・・・、

夏の気配を醸し出していました。

 

母:「でもここは、いつ来てもいい眺めじゃねぇ~」

 

 

P1140833.JPG

 

 

 

 

今日は朝から、母の定期外来に付き添い、

2件目が午前中の診療に間に合わず、(-_-)/~~~

昼食も兼ねて、午後の診察までの時間を、

ここ秋穂荘で過ごしました。

 

 

カーンと晴れた夏空が恋しいこの頃です。

 

 

AH ! ― パークロード ―

 

仕事で山口市へ・・・、久しぶりのパークロードです。

 

 

 

P1140817.JPG     立ち並ぶ樹木は、

     強烈な夏の陽ざしを遮り、

     涼やかな木陰を作り出していました。

 

 

 

   P1140818.JPG

   

 

 

 

 

現在、「ランス美術館展」が開催中。

少し時間があったので、ちょっと寄ってみる事にしました。

 

 

 

 

★ そういえば、オモシロイCMでこの展覧会が紹介されていたなぁ~。

★ コロ―の絵だ!中学生の頃はコロ―の絵が好きだったなぁ~、シミジミ・・・。

★ すっごーい!藤田嗣治のコーナーがあるぞっ!

 

 

 

思っていた以上にバラエティに富み、ワクワク感たっぷりの展覧会に大満足。

 

また要所要所で、不思議なキャッチコピーが作品の背景として掲げられており、

新しい時代の絵画の見せ方はこんなカンジ・・・?と、色々参考になった展覧会でした。

 

 

 

8月27日まで開催されているので、次回は母と一緒にモウ一度、

訪れてみたいと思いました。

 

つづく

 

        

AH ! ― La Plume Bleue ―

 

そう言えば、朝から何も食べてなかった!と気づき、

美術館内のカフェレストランで、かなり遅いランチ?を頂く事に・・・。

 

 

 

※こちらの画像は、お店の方から許可を頂き、

撮影&掲載させて頂いています。

 

P1140823.JPG  ここは、「La Plume Bleue 」さんです。

  お洒落なロゴが、お店の至る所に配置され、

  とてもハイセンスな空間を演出していました。

 

  ※「La Plume Bleue」(ラ プリュム ブルー)とは、

  フランス語で「青い羽根」だそうです。

  

  このお店では、県美の森を楽しみつつ、

  美味しいランチやお茶を楽しむ事ができ、   

  女子には大人気のお洒落スポットです。

  

 

 

 

 

 

 

 

本日のメニューは、キノコのキッシュと野菜サラダ。

こってり&さっぱりの、味のバランスもよく考えられていました。

 

 

 

P1140822.JPG

 

 

 

 

 

朝から仕事を頑張った自分への褒美として、

展覧会&ランチを満喫した、猛暑の午後の2時間半でした。 

 

   

  

月別 アーカイブ